最新記事

ピープル

アンジェリーナ・ジョリー「ブラッドと私はずっと家族」

Angelina Jolie Says She and Brad Pitt 'Will Always Be a Family'

2017年2月21日(火)16時35分
トゥファイエル・アーメド

子供も生まれ、事実婚状態だった2011年のジョリー(左)とピット Carlo Allegri-REUTERS

<最新監督作の舞台でもあるカンボジアで、ピットとの離婚について初めて語る>

女優で映画監督のアンジェリーナ・ジョリーが俳優ブラッド・ピットとの「困難な」別れについて初めて口を開いて言った。「私たちはずっと家族」

昨年の離婚について、BBCのインタビューで胸の内を語った。

ジョリーは昨年9月、「埋めがたい溝」を理由に離婚を申請した。フランスからアメリカに帰る自家用ジェットの中でピットが息子のマドックス(15)に暴力をふるったと噂された直後のことだ。

より強い家族に

「とても難しい時期だった」と、ジョリーは語る。「私たちは家族だし、これからも家族だ。今この時を乗り越えて、より強い家族になりたいと思う」

「こういう状況に陥る人は少なくない。私の家族も困難な状況を乗り越えてきた。いちばん大事なのは私の子供たち、私たちの子供たち、そして出口を見つけることだ」

ジョリーのインタビューと監督作品『ファースト・ゼイ・キルド・マイ・ファーザー』の予告編

ジョリーとピットには6人の子供がいる。3人は養子で、3人は実の子だ。マドックスはカンボジアからの養子で、他にベトナム人のパックス、エチオピア人のザハラがいる。あとの3人は、ブラッドとの間に生まれたシャイロに、ノックスとビビアンの双子だ。

【参考記事】ジョリー&ピット離婚劇、子供たちの不安は続く

ジョリーは、監督最新作『ファースト・ゼイ・キルド・マイ・ファーザー(最初に父が殺された)』のロケ地カンボジアにいた。

カンボジアは気づきだった

映画は、1970年代後半のカンボジア人大虐殺で知られるポル・ポト政権下で児童兵として訓練されたロウン・ウンの手記が原作。先週末プレミア上映が行われ、今年中にはネットフリックスで配信される予定だ。

【参考記事】「オバマ受賞」に憤る人ベスト6

ジョリーが初めてこの国を訪ねたのは、2000年の映画『トゥームレイダー』の撮影時。カンボジアの文化と恋に落ち、マドックスを養子にした。

【参考記事】アンジーの迫力全開『マレフィセント』

「この国にきて、この国の人たちに恋をして、歴史を学び、学べば学ぶほど、自分がいかに世界のことを知らないか思い知った」と、彼女は言う。「この国が私の目を覚まさせてくれた。感謝している。とてもお返しできないほどの恩を感じている」

ニュース速報

ワールド

焦点:北朝鮮、ICBM実戦化には新たな核実験必要か

ワールド

アングル:「トランプおろし」はあるか、大統領失職の

ワールド

焦点:トランプ氏の「口撃」、弾劾審議で孤立無援招く

ワールド

米国務長官が人種差別非難、「傷の修復必要」

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 3

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観光客

  • 4

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    失踪中のドイツ人少女 ISISメンバーとしてイラクで…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 3

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 4

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 7

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 8

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 9

    トランプ「軍事解決の準備完全」、北朝鮮「核戦争の…

  • 10

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 5

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 8

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 9

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 10

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月