最新記事

ビジネス

Airbnbを締め上げるNY新法は誰のため?

NY Rental Wars

2017年1月5日(木)10時50分
ヘンリー・グラバー

ER Photographer/iStockphoto

<短期の宿泊者を募るホストを規制するニューヨーク州法の効果は微妙で、一般市民の不満を呼ぶだけ>(写真:民泊で小銭を稼ぎたい市民を罰するのは賢明なのか)

 ニューヨーク州が民泊仲介サイト、Airbnb(エアビーアンドビー)との戦いに参戦した。10月に新しい州法を成立させ、州集合住宅法に違反してAirbnb上で宿泊者を募ったホスト(貸主)に罰金を科すとしたのだ。

 Airbnbは直ちに連邦裁判所に異議を申し立てた。新法は、「(同社に)直接甚大な負担を課し、回復不能な損害を与える」というのが理由だ。同州内のホストは4万6000人、ニューヨーク市の市場は同社にとって最大の10億ドルに達する。

 新しい州法は、違法とされる貸し出しの定義を広げているわけではない。ニューヨーク州では11年から、総戸数3戸以上の集合住宅では居住者不在の状態で部屋を短期間(30日未満)貸し出すことが原則禁じられている。しかし、この州法は十分に守られていないのが現実だ。

【参考記事】東京五輪まであと4年、「民泊」ルールはどうする?

 今回の新法では、実効性を高めるために、規定に違反する広告を掲載した者に罰金を科すことにした。罰金額は1回目が1000ドル、3回目以降が7500ドル。居住中のアパート内の空き部屋に民泊客を泊めることは、今後も禁じられない。

 新法推進派によれば、ニューヨーク市で違法な短期貸しが横行する結果、賃貸住宅の供給が減り、家賃相場の高騰を招いているという。そこで、市民を困らせる短期貸しを取り締まろうというわけだ(Airbnbはこれに反論している。最近も、ニューヨーク市のホストが部屋を貸す日数は、中央値で年間44夜にすぎないとの発表をした)。

 短期貸しの規制強化は、旅行などで不在中に民泊で小銭を稼ぎたい一般市民の不満を呼ぶ可能性もある。ニューヨーク州が業者を取り締まりつつ、一般市民が民泊で少額の収入を得る道を残したければ、業者と一般市民を区別すればいい。これはAirbnbの主張でもある。

得をするのは高級ホテル

 具体的には、民泊で貸せる日数に年間の上限を設け、それを超過した場合に罰金を科せば済むことだ。しかし州法は、居住者不在でのアパートの短期貸しを原則としてすべて禁じる内容になっている。

ニュース速報

ビジネス

独VW、17年のグル―プ販売台数は4.3%増 トヨ

ビジネス

インタビュー:単独で買収できないM&A案件、難易度

ビジネス

M&A、ビジネスに適合・リターン見込めるなら積極的

ビジネス

トヨタ「自社基準満たす」と最終確認、神鋼製品使った

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 米カリフォルニアで

  • 2

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20年で肉声公開へ

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 5

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 6

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 7

    金正恩が背負う金王朝の異常性

  • 8

    金正恩は「いいやつ」「小柄で太めなのにバスケが上…

  • 9

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 10

    「肥だめ」よりひどい?メーガン・マークルに対する…

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 3

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に北を空爆せよ」

  • 4

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 5

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 8

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 9

    今の日本で子を持つことは「ぜいたく」なのか?

  • 10

    「無理なハゲ治療」 ついに明かされたトランプヘア…

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 3

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 10

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月