最新記事

テクノロジー

コンコルドを超える超音速機は本当に実現する?

The Next Concorde

2016年12月24日(土)11時00分
メアリーアン・ラッソン

COURTESY BOOM

<ニューヨーク~ロンドンを超音速のマッハ2.2で飛び、約3時間15分で結ぶ構想の「夢の旅客機」XB‐1は、リチャード・ブランソンの肝煎り>(写真:これで米英間の日帰り出張も可能になるかも)

 航空から自動車レース、宇宙旅行まで、多彩な産業に参入し既成概念を打ち破ってきた英ヴァージングループの創業者リチャード・ブランソン。そんな彼がいま力を入れている新プロジェクトが超音速旅客機だ。

 先日には新しい機体の試作機「XB−1」が公開された。開発を手掛けるのは、ボーイングやスペースX、NASAで経験を積んだベテラン勢が立ち上げたブーム・テクノロジー(コロラド州)。コンコルド全盛時代を復活させるべく、ヴァージン・ギャラクティックの航空宇宙製造部門スペースシップカンパニーが開発を支援している。

 公開された試作機は、実際に造られる商業モデルの3分の1のサイズ。テスト飛行を行い、ニューヨーク~ロンドン間を約3時間15分で飛ぶ民間航空機を目指す。通常の民間機は時速980キロ未満と亜音速(音速以下)で飛ぶが、XB−1はその2.6倍の超音速、マッハ2.2(時速2335キロ)で飛ぶ。

 試作機には乗員2人とエンジニアしか乗れないが、商業モデルは乗客55人と乗員6人を収容できる大きさになる予定。来年後半にはテスト飛行をスタートし、23年までに商業運航を始めるのが目標だ。

【参考記事】ドローンで空を舞う世界初のサンタクロースが話題

 しかし、高コストが招く高い料金設定がネックになる恐れはある。ブーム社とブランソンは、大西洋を横断する便で往復5000ドルが妥当だと考えているようだが、一般の消費者は旅費をできる限り安く抑えたいと考えるもの。普通の航空機よりずっと速く目的地に着けるなら、高くても構わないというのは、プライベートジェットを所有するような大企業ぐらいだろう。

 そのため現実には、最大12人程度を運ぶ小型のプライベートジェットの形で利用される可能性も高い。

 だがブームのブレイク・ショールCEOは、料金を一般旅客機のビジネスクラス程度に抑えられると確信している。軽い新材料の導入や効率的なエンジン技術で、燃費が大幅に改善されたことも大きい。

「誰だって無料のシャンパンより、半分の時間で目的地に着くことを望むはずだ」と、彼は英ガーディアン紙に語った。「いずれ超音速機は、死ぬ前に一度乗ってみたいというような憧れの乗り物ではなくなるだろう」

[2016年12月20日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

アングル:ジャクソンホール、欧米中銀トップのメッセ

ビジネス

ドンキホーテHD、ユニー株式の40%を取得 GMS

ビジネス

米ディズニー、「スター・ウォーズ」キャラ捕獲イベン

ビジネス

欧州航空当局、A350のシステム更新を指示 油圧系

MAGAZINE

特集:プーチンの新帝国

2017-8・29号(8/22発売)

内向きのトランプを尻目に中東、欧州そして北極へと「新帝国」拡大を目指すプーチン露大統領の野心と本心

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為が危ない流行?

  • 3

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 4

    コンゴ「武器としての性暴力」と闘う医師に学ぶこと

  • 5

    タンザニアで迫害されるアルビノの命の歌

  • 6

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 7

    米財務長官の美人妻、高級ブランド自慢で中間層を敵…

  • 8

    「普通の国」日本の戦争できない未来

  • 9

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 10

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 3

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種の拷問

  • 4

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 5

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 6

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 7

    シャチがホホジロザメを餌にし始めた

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 10

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 4

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 7

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 8

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 9

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

  • 10

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月