最新記事

アップル

直前予想!新型アップルウォッチはこう進化する

Apple Watch 2: Everything We Know

2016年9月7日(水)18時37分
アンソニー・カスバートソン

アップルウォッチは進化し続けると、アップルのクックCEOは言った Stephen Lam-REUTERS

<日本時間の今夜、サンフランシスコで「iPhone7」とともに発表されるはずの「アップルウォッチ2」。現行モデルも人気がないし期待する人は少ないが、そこをアップルはどう修正してくるのか。本誌が知りえた情報を全公開する>

 アップルは間もなく新しいアップルウォッチを発売する。だがユーザーはいまいち盛り上がりに欠けている。米広告技術会社のフルーエントが今年初めに実施した調査でも、2015年に発売されたアップルウォッチを「成功」と見ている人は半数以下だった。

 しかも調査の対象となった2500人の成人のうち、実際にアップルウォッチを持っていたのはわずか8%。米調査会社IDCも7月、アップルウォッチの4~6月期の出荷台数が前年同期比で55%減だったと発表した。

【参考記事】アップルウォッチに見るイノベーション力

 アップルウォッチ2(仮称)はこの劣勢を跳ね返し、新たなユーザーを引き付けることができるのか。アップルのティム・クックCEOが「進化し続ける」と太鼓判を押す最新のアップルウォッチについて、これまで本誌が突き止めた情報を一挙紹介する。

念願の防水機能

 アップル製品には防水機能がないことが、ユーザーの間では不満の種だった。顧客の要望を受けてライバルのサムソンやソニーが早々と防水機能を装備したのに対し、アップルはずっと対応を拒んできた。

 現行のアップルウォッチの国際的な防水規格はIPX7で、ごくわずかな水しか防げない。腕に付けたままシャワーを浴びるのはよくても、プールなどで泳ぐことはできないレベルだ。

【参考記事】偽アップルウオッチが占う中国での本物人気

 もし噂が本当なら、2016年はアップルがついにユーザーの念願を叶える記念すべき年になる。近日発売のiPhone7(仮称)とアップルウォッチ2にはいずれも、防水機能が備わるはずだ。

 著名なアップル専門アナリストのミンチ・クオや、アップル関連の情報を発信するブログ「MacRumors」、アップル情報に詳しい米IT系オンラインメディア「アップルインサイダー」など数々の有力な情報源が、アップルウォッチ2にはシャワーを浴びられる以上の防水性が備わり、バロメーター機能も新たに搭載されると予測している。

ランニングに便利なGPS機能を搭載

 現行のアップルウォッチにGPSが搭載されていないのも、多くのユーザーには不満だった。iPhoneとつなげばGPS機能を使うことはできるが、ランニングなどの運動中にiPhoneを持ち歩くのはかさばるし面倒だ。

 GPS機能がないアップルウォッチが、ウエアラブル業界で先行する米フィットビットのフィットネス用高機能腕時計「フィットビット・サージ」などに対抗するのは不可能だ。

【参考記事】必要ないけど欲しくなるアップルウオッチ

 だが米ブルームバーグは8月に公表した報告書のなかで、アップルウォッチ2にGPSが搭載される可能性を示した。GPSが人工衛星からの電波を直接受信すれば、ランニングやウォーキングの距離をより正確に測定できるようになり、健康管理や運動の記録を管理するアプリの情報も改善されるという。

ニュース速報

ワールド

米インフラ計画で詰めの協議、トランプ氏が一般教書演

ビジネス

今年と来年、それぞれ3─4回の利上げ想定=米クリー

ワールド

TPP首席交渉官会合、カナダに現実的対応期待=茂木

ワールド

原油先物は下落、米生産が回復

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 2

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホーキング博士

  • 3

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせた理由

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 6

    H&M人種差別問題の過熱で幼いモデルが引っ越しに追い…

  • 7

    ナゾの天体「オウムアムア」の正体 これまでに分か…

  • 8

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    北朝鮮にらみ米空軍の戦略爆撃機3種がグアムに集結

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    今の日本で子を持つことは「ぜいたく」なのか?

  • 5

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 1

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 2

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 3

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 4

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 10

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月