最新記事

中国

歴史を反省せずに50年、習近平の文化大革命が始まった

2016年5月19日(木)15時27分
楊海英(本誌コラムニスト)

文革時代の教科書に描かれた紅衛兵 PUBLIC DOMAIN

<権力集中、人権抑圧、裏切り者探しを推進する習近平の政治手法は、毛沢東の文革に似ている。身辺に紛れるフルシチョフのような修正主義者を狩ることを目的に始まり、日中戦争や国共内戦をしのぐ惨禍をもたらした過ちが再び繰り返されるのか>

 ちょうど50年前の66年に、中国共産党の中央政治局拡大会議は「中国共産党中央委員会通知」を全土に向けて公開した。この公文書は配布された5月16日にちなんで「五一六通知」と呼ばれる。毛沢東の権力闘争、文化大革命(文革)の発動が正式に宣言された歴史的文書だ。

 この通知に「われわれの身辺に眠る、フルシチョフのような人物を警戒しなければならない」との有名な一節がある。欧米と平和共存を図ったソ連のフルシチョフ政権は、社会主義の道から外れた修正主義の象徴。「党と政府、軍隊と文化領域に潜り込んだブルジョアの代表らを一掃しよう」と呼び掛け、文革の号砲は打ち上げられた。

【参考記事】毛沢東の衣鉢を受け継いだ習近平を待つ「未来」

 誰が「毛の身辺に眠るフルシチョフ」か、疑心暗鬼の政争が繰り広げられた。やがてそれは国家主席の劉少奇や鄧小平らを指していると明らかになり、彼らは失脚。10年余りにわたる動乱の果てに1億人が迫害され、犠牲者の総数は500万~1000万人に達したと政府でさえ渋々認めている。日中戦争や国共内戦をしのぐ惨禍が、「帝国主義と封建主義の圧政から人民を解放した偉大な中国共産党」と「全国人民が敬愛する偉大な領袖・毛沢東」によってもたらされた。

眠れるフルシチョフ再び

 その後、共産党はそれなりに毛の負の遺産を清算した。81年の第11期六中総会で「歴史決議」を採択し、公的に文革を否定した。以来、この決議は文革のような政治運動の再発を阻止する記念碑的な役割を果たしてきた。

 しかし中国の体制は文革に復帰しつつあるようだ。13年1月、総書記に就任して間もない習近平(シー・チンピン)は決議の見直しを正式に求めた。毛時代と文革期を全面的に否定してはならない、と演説で指示したのだ。

 今年4月には広東省東部の汕頭で文革批判を行う博物館が閉館に追い込まれた。この博物館は文革で被害を受けた元副市長の発案と寄付で04年に開館。「文革は毛の夫人、江青ら四人組の謀略で発動された」という、従来の官制史観に則して設置されたが、もはや存続は許されなかった。館内の展示はすべて「愛国主義」に沿って改編され、高齢の元副市長も軟禁された。

【参考記事】毛語録から新華僑まで 中国が張り巡らす謀略の糸

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

全市場へのブロックチェーン導入には課題=英中銀副総

ワールド

ウクライナ、EUにロシア産原油の海上保険禁止を呼び

ビジネス

米経済「軟着陸可能」、物価への向かい風は存在=財務

ビジネス

11月0.75%・12月0.5%利上げ想定=アトラ

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    血管年齢が13歳も若返る!? 循環器内科医が40代半ばから毎日食べている「ある食材」

  • 4

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 5

    「習近平」トレンド入り、自宅軟禁やクーデターの噂で

  • 6

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 7

    ロシアエリートがプーチン暗殺を計画──ウクライナ情報

  • 8

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 9

    ドイツを襲うロシアの天然ガス供給中止 広がる企業…

  • 10

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 6

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    プーチン病気説の決定打?どう見ても怪しい動画

  • 9

    見えてきたウクライナの「勝利」...ロシア撤退で起き…

  • 10

    カメラが捉えたプーチン「屈辱の50秒」...トルコ大統…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「もうひとつ」の理由とは?

  • 3

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王子の「反応」を捉えた動画が話題に

  • 4

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住…

  • 5

    ロシア人観光客、防空システムS-400の位置をうっかり…

  • 6

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン…

  • 7

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 8

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 9

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 10

    【追跡写真】飛行経路で「中指を突き立てる」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中

STORIES ARCHIVE

  • 2022年9月
  • 2022年8月
  • 2022年7月
  • 2022年6月
  • 2022年5月
  • 2022年4月