最新記事

米大統領選

テッド・クルーズに「5人の不倫相手」はトランプの罠?

Donald Trump: 'I had Abusolutely Nothing to Do' With National Enquirer Story About Ted Cruz

共和党の大統領候補指名を争うトランプとクルーズの妻や性スキャンダルをめぐる中傷合戦が泥沼化

2016年3月28日(月)17時44分
テイラー・ウォフォード

災難 トランプとの中傷合戦に巻き込まれていくクルーズ Mark Kauzlarich-REUTERS

 米大統領選の共和党候補指名争いでトップを走るドナルド・トランプは先週末、同じく共和党から出馬しているテッド・クルーズが5人の相手と不倫をしたというタブロイド紙の報道の真偽は「まったく知らない」「私は何も関係ない」と語った。

 クルーズは、このわいせつな記事をトランプとその「手下たち」の仕業とし、もしトランプが共和党の大統領候補になっても支持しないと匂わせた。

「こんな記事はクズ以外の何物でもない」と、クルーズはフェイスブックに投稿し、さらにこのスキャンダルの裏で糸を引いているのはトランプだということを匂わせた。トランプは「ナショナル・インクワイアラーに友人がいて、政界にも手下がいる」と、クルーズは言う。「しかも手段を選ばない」

【参考記事】性スキャンダルはオバマの「生みの親」

 クルーズは、記事は「完全なでっち上げ」で、彼と妻のハイディ、そして2人の娘に対する侮辱だと非難。「ドナルド・トランプの恥ずべき態度は大統領職にふさわしくない」と訴えた。

 クルーズにとってインクワイアラーの記事は我慢の限界で、トランプとの付き合いはこれきりかもしれないと言う。「私には、妻や子供を傷つける人間を支持する趣味はない」と、NBCの取材に答えた。トランプが共和党候補になったら支持するべきだという圧力もあるのだが。

 クルーズとトランプとの間の中傷合戦はここへきて激しさを増している。先週火曜にはトランプがクルーズに「お前の妻の秘密をばらすぞ」と言った。クルーズ支持の政治資金管理団体スーパーPACが、トランプの妻メラニアが以前撮ったヌード広告を暴露したことへの報復だ(この団体はクルーズとは直接関係はない)。クルーズはトランプには「品がない」と反撃。するとトランプは、顔をしかめて醜いハイディと美しくセクシーなメラニアの顔写真を並べたツイートを投稿した。

【参考記事】トランプ「お前の妻の秘密をばらす」とクルーズを脅迫

不倫記事の黒幕はトランプ?

 クルーズの不倫記事を書かせたのはトランプ陣営ではないか、という憶測もある。ニューヨーク誌のライター、ガブリエル・シャーマンによると、トランプとナショナル・インクワイアラーのデービッド・ペッカーCEOは懇意の仲。また、トランプ陣営が共和党のライバルについてネガティブな記事を書かせたのはこれが初めてではないという。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮大使、米韓軍事演習続く限り交渉しないと言明

ビジネス

焦点:中国金融機関の外資規制緩和、早期活用は厳しい

ワールド

特別リポート:サウジ「王室分裂」の裏側、汚職口実に

ビジネス

中国人民銀、穏健で中立的な金融政策を維持へ=四半期

MAGAZINE

特集:ビットコイン 可能性と危険性

2017-11・21号(11/14発売)

高騰を続け、今や1000種類以上に増えた仮想通貨 未来を変え得る新技術のリスクとメリットを真剣に考える

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    女性が怯えて生きるインドのおぞましい現実

  • 9

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 10

    絶滅したマンモスがクローンでよみがえる

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 3

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 4

    「セックスしている子もいるけど私はしたくない」 …

  • 5

    サンフランシスコ「従軍慰安婦像」への大阪市対応は…

  • 6

    飛び級を許さない日本の悪しき年齢主義

  • 7

    体臭とセックスアピールの意外な関係

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    日中首脳会談、習近平はなぜ笑顔だったのか

  • 10

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮の電磁パルス攻撃で「アメリカ国民90%死亡」――専門家が警告

  • 3

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 4

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 5

    人はロボットともセックスしたい──報告書

  • 6

    北朝鮮経済の「心臓」を病んだ金正恩─電力不足で節約…

  • 7

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 8

    国民審査を受ける裁判官はどんな人物か(判断材料ま…

  • 9

    トランプは宣戦布告もせず北朝鮮を攻撃しかねない

  • 10

    北朝鮮危機「アメリカには安倍晋三が必要だ」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月