最新記事

米大統領選

テッド・クルーズに「5人の不倫相手」はトランプの罠?

Donald Trump: 'I had Abusolutely Nothing to Do' With National Enquirer Story About Ted Cruz

共和党の大統領候補指名を争うトランプとクルーズの妻や性スキャンダルをめぐる中傷合戦が泥沼化

2016年3月28日(月)17時44分
テイラー・ウォフォード

災難 トランプとの中傷合戦に巻き込まれていくクルーズ Mark Kauzlarich-REUTERS

 米大統領選の共和党候補指名争いでトップを走るドナルド・トランプは先週末、同じく共和党から出馬しているテッド・クルーズが5人の相手と不倫をしたというタブロイド紙の報道の真偽は「まったく知らない」「私は何も関係ない」と語った。

 クルーズは、このわいせつな記事をトランプとその「手下たち」の仕業とし、もしトランプが共和党の大統領候補になっても支持しないと匂わせた。

「こんな記事はクズ以外の何物でもない」と、クルーズはフェイスブックに投稿し、さらにこのスキャンダルの裏で糸を引いているのはトランプだということを匂わせた。トランプは「ナショナル・インクワイアラーに友人がいて、政界にも手下がいる」と、クルーズは言う。「しかも手段を選ばない」

【参考記事】性スキャンダルはオバマの「生みの親」

 クルーズは、記事は「完全なでっち上げ」で、彼と妻のハイディ、そして2人の娘に対する侮辱だと非難。「ドナルド・トランプの恥ずべき態度は大統領職にふさわしくない」と訴えた。

 クルーズにとってインクワイアラーの記事は我慢の限界で、トランプとの付き合いはこれきりかもしれないと言う。「私には、妻や子供を傷つける人間を支持する趣味はない」と、NBCの取材に答えた。トランプが共和党候補になったら支持するべきだという圧力もあるのだが。

 クルーズとトランプとの間の中傷合戦はここへきて激しさを増している。先週火曜にはトランプがクルーズに「お前の妻の秘密をばらすぞ」と言った。クルーズ支持の政治資金管理団体スーパーPACが、トランプの妻メラニアが以前撮ったヌード広告を暴露したことへの報復だ(この団体はクルーズとは直接関係はない)。クルーズはトランプには「品がない」と反撃。するとトランプは、顔をしかめて醜いハイディと美しくセクシーなメラニアの顔写真を並べたツイートを投稿した。

【参考記事】トランプ「お前の妻の秘密をばらす」とクルーズを脅迫

不倫記事の黒幕はトランプ?

 クルーズの不倫記事を書かせたのはトランプ陣営ではないか、という憶測もある。ニューヨーク誌のライター、ガブリエル・シャーマンによると、トランプとナショナル・インクワイアラーのデービッド・ペッカーCEOは懇意の仲。また、トランプ陣営が共和党のライバルについてネガティブな記事を書かせたのはこれが初めてではないという。

ニュース速報

ワールド

焦点:米国で専門職ビザの差し戻し急増、外国人採用に

ワールド

メルケル独首相、4選確実でも連立協議は難航へ

ビジネス

安倍首相が臨時国会冒頭での衆院解散を伝達─臨時役員

ワールド

クルド独立問う住民投票始まる、国際社会の圧力に屈せ

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 4

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 5

    新型アップルウオッチは、ポストiPhoneの大本命

  • 6

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    北朝鮮、水爆実験強行なら分水嶺 トランプ政権は深…

  • 9

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 10

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 7

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 8

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 9

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 10

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月