最新記事

米大統領選

テッド・クルーズに「5人の不倫相手」はトランプの罠?

Donald Trump: 'I had Abusolutely Nothing to Do' With National Enquirer Story About Ted Cruz

共和党の大統領候補指名を争うトランプとクルーズの妻や性スキャンダルをめぐる中傷合戦が泥沼化

2016年3月28日(月)17時44分
テイラー・ウォフォード

災難 トランプとの中傷合戦に巻き込まれていくクルーズ Mark Kauzlarich-REUTERS

 米大統領選の共和党候補指名争いでトップを走るドナルド・トランプは先週末、同じく共和党から出馬しているテッド・クルーズが5人の相手と不倫をしたというタブロイド紙の報道の真偽は「まったく知らない」「私は何も関係ない」と語った。

 クルーズは、このわいせつな記事をトランプとその「手下たち」の仕業とし、もしトランプが共和党の大統領候補になっても支持しないと匂わせた。

「こんな記事はクズ以外の何物でもない」と、クルーズはフェイスブックに投稿し、さらにこのスキャンダルの裏で糸を引いているのはトランプだということを匂わせた。トランプは「ナショナル・インクワイアラーに友人がいて、政界にも手下がいる」と、クルーズは言う。「しかも手段を選ばない」

【参考記事】性スキャンダルはオバマの「生みの親」

 クルーズは、記事は「完全なでっち上げ」で、彼と妻のハイディ、そして2人の娘に対する侮辱だと非難。「ドナルド・トランプの恥ずべき態度は大統領職にふさわしくない」と訴えた。

 クルーズにとってインクワイアラーの記事は我慢の限界で、トランプとの付き合いはこれきりかもしれないと言う。「私には、妻や子供を傷つける人間を支持する趣味はない」と、NBCの取材に答えた。トランプが共和党候補になったら支持するべきだという圧力もあるのだが。

 クルーズとトランプとの間の中傷合戦はここへきて激しさを増している。先週火曜にはトランプがクルーズに「お前の妻の秘密をばらすぞ」と言った。クルーズ支持の政治資金管理団体スーパーPACが、トランプの妻メラニアが以前撮ったヌード広告を暴露したことへの報復だ(この団体はクルーズとは直接関係はない)。クルーズはトランプには「品がない」と反撃。するとトランプは、顔をしかめて醜いハイディと美しくセクシーなメラニアの顔写真を並べたツイートを投稿した。

【参考記事】トランプ「お前の妻の秘密をばらす」とクルーズを脅迫

不倫記事の黒幕はトランプ?

 クルーズの不倫記事を書かせたのはトランプ陣営ではないか、という憶測もある。ニューヨーク誌のライター、ガブリエル・シャーマンによると、トランプとナショナル・インクワイアラーのデービッド・ペッカーCEOは懇意の仲。また、トランプ陣営が共和党のライバルについてネガティブな記事を書かせたのはこれが初めてではないという。

ニュース速報

ワールド

ウィキリークス、クリントン氏選挙活動絡みの「重大」

ワールド

アフガンの大学襲撃、犯人2人を射殺 12人が死亡・

ビジネス

正午のドルは100円半ばでイベント待ち、実需の買い

ワールド

コロンビア政府と左翼ゲリラ、半世紀にわたる内戦終結

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 2

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 3

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 4

    イタリア中部M6.2の地震で少なくとも6人死亡、建物損壊で住民が下敷きに

  • 5

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 6

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 7

    自衛隊、安保法制に基づく駆け付け警護など「集団的自衛権」の訓練開始

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    氷河を堰き止めている棚氷が崩壊の危機

  • 10

    実情と乖離した日本の「共産主義礼賛」中国研究の破綻

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 6

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 7

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 8

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 9

    希望のない最小の島国ナウルの全人口をオーストラリアに移住させる計画はなぜ頓挫したか

  • 10

    中国を捨てて、いざ「イスラム国」へ

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
Newsweek特別試写会2016初秋「ハドソン川の奇跡
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月