最新記事

EU首脳会議

キャメロン最大の抵抗勢力は与党内のEU離脱派

Why More MPs Could Turn Against David Cameron on Brexit

イギリスが求める改革案がEU首脳会議で受け入れられなければ、「ブレグジット」が差し迫った危機になる

2016年2月19日(金)14時26分
ジョシュ・ロウ

共闘関係 イギリス残留で利害が一致するキャメロン(左)とメルケル独首相 Yves Herman-REUTERS

 現在開催中のEU首脳会議で、イギリスのEU残留に向けた改革案が協議されている。もしキャメロン英首相が英議会の承認を得て持参した改革案から少しでも不利になる譲歩をした場合には、国内の多くの与党議員がEU離脱(ブレグジット)推進派に回ることになりそうだ。

「(改革案は)とても控えめな要望だが、もしそれすらも達成されないとしたら、多くの議員が、離脱が妥当と判断するだろう」と、キャメロン率いる与党・保守党のグラハム・ブレイディ下院議員は話している。ブレイディは、イギリスのEU残留条件に関する改革草案をまとめた下院委員会の委員長も務めている。

【参考記事】イギリス離脱を止められるか、EU「譲歩」案の中身

 ブレイディによると、保守党の330人の下院議員のうち約100人が自他共に認めるEU離脱派で、ブレイディもその一人。さらに下院議員の過半数が「EU懐疑派」と考えられるという。キャメロンはEU残留派と見られているが、公式には離脱の選択肢も除外していない。

損をするのはイギリスで働くEU移民

 EU首脳会議の開催前、キャメロンはすでに英メディアから容赦なく叩かれている改革案がさらに骨抜きにならないよう、欧州各国と折衝しなければならなかった。改革案は最終的に、参加28カ国の首脳の合意を得なければならない。

 ハンガリー、スロバキア、ポーランド、チェコといった東欧諸国は、移民への税額控除や児童手当を4年間制限するなどのイギリスの提案に懸念を示している。自国の出稼ぎ移民がたくさんイギリスで働いているからだ。

ニュース速報

ビジネス

訂正:三菱重、輸出向け武器の共同開発を検討 米企業

ビジネス

低金利、長期にわたる見込み=米シカゴ地区連銀総裁

ビジネス

FRBのインフレ・雇用目標、比較的早期に達成へ=米

ビジネス

幾分早めの利上げ、次の景気悪化の深刻さを緩和=ボス

MAGAZINE

特集:トランプの黒歴史

2016-9・ 6号(8/30発売)

アメリカ大統領選を揺さぶり続けるトランプ──。「不動産王」が語りたがらないビジネスの汚点とは

人気ランキング

  • 1

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 2

    住民に催涙弾、敵前逃亡、レイプ傍観──国連の失態相次ぐ南スーダン

  • 3

    女性の半数が「夫は外、妻は家庭」と思っているのに、一億総活躍をどう実現するのか

  • 4

    キルギスの中国大使館に自動車が突入し爆発、自爆テロか

  • 5

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 6

    中国、安倍首相のアフリカ訪問を警戒――日本を常任理事国入りさせてはならない!

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    インドネシアが南シナ海に巨大魚市場──対中強硬策の一環、モデルは築地市場

  • 9

    「キンドル読み放題」の隠れた(けれども大きな)メリット

  • 10

    三菱自工8車種、国交省調査で燃費カタログ値以下 販売一時自粛へ

  • 1

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 4

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 7

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 8

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 9

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 10

    ハードウェアも電力も使わずに動く、完全にソフトな「タコ型ロボット」

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月