最新記事

韓国

保守化する「反北朝鮮」世代

The Post-Sunshine Generation

ポスト太陽政策時代に育った若年層に広がる新手のナショナリズムが南北間の緊張を激化させる

2016年1月29日(金)17時50分
スティーブン・デニー(韓国政治学者)

北は「他国」 北朝鮮からの挑発に備え応戦の構えをとる韓国軍兵士(2015年8月) Kim Hong-Ji-REUTERS

 先頃、北朝鮮が実施したという「水爆実験」は「些細な出来事」──韓国の若者の間では、そう受け流す向きが多い。もちろん兵役中の青年をはじめ、自分たちの身に関わる事件と受け止めた者もいる。とはいえ実験の衝撃度は、朝鮮半島の内より外でのほうがはるかに大きかったというのが実情だ。

 北朝鮮の今回の挑発行為は目新しいものではなく、差し迫った問題とも言えない。だが、若者層が示した曖昧な態度や無関心の背後には、北朝鮮に対して強硬姿勢で臨むべきだという意識の高まりがうかがえる。

 韓国の20代は、直前の世代(30~40代)とは大きく異なる政治環境の中で大人になっている。彼らを取り巻く環境とは、どんなものか。ごく単純に言えば、それを形作っているのは「太陽政策」後の政治と10年に起きた武力挑発事件だ。

【参考記事】なぜ今「ヘル朝鮮」現象か

 それらの出来事に影響された若年層は今、「韓国人」としての帰属意識を強め、北朝鮮に対してより強硬な姿勢を見せる「新保守層」となって南北関係を悪化させている。

 98~08年まで実施された韓国の対北朝鮮融和策「太陽政策」の大きな特徴は、外交・経済関係の深化によって、南北関係および北朝鮮の国内事情の改善を目指した点にある。具体策には、北朝鮮に対する事実上、無条件の物質的援助も含まれていた。

 太陽政策を打ち出した金大中(キム・デジュン)大統領(当時)は、南北間の緊張緩和を進めたとして00年にノーベル平和賞を受賞。融和政策は、金の後継者である盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領にも受け継がれた。

 太陽政策の成否に関しては議論の余地があるものの、韓国政府の報告書は、北朝鮮に大きな変化をもたらすことに失敗したと結論付けている。韓国による人道支援物資が、北朝鮮内で本当に必要とする人に届かなかったと批判する声もある。

 一方、金と盧の両政権で顧問を務めた政治学者の文正仁(ムン・ジョンイン)ら擁護派は当時の米政権が北朝鮮を敵視し、安全保障状況を悪化させたことが政策の失敗につながったと主張する。成果もあるのは確かだが、太陽政策の遺産については、せいぜいでも「はっきりしない」としか言えない。

 太陽政策後、南北関係強化に対する支持は減った。そうした動向を決定付け、より敵対的な政策を後押ししたのが、10年に起きた2つの事件だ。

 その年の3月、韓国海軍哨戒艦「天安」が朝鮮半島西方の黄海上で沈没した。複数国から成る軍と民間の合同調査団は当初の推測どおり、北朝鮮による魚雷の攻撃が原因との調査結果を発表した(同調査団の結論に対しては今も異論がある)。

ニュース速報

ワールド

タイ中銀、政策金利を1.50%に据え置き バーツ高

ビジネス

ECB総裁、ジャクソンホールで政策の手掛かり示さず

ワールド

ECBの資産購入策終了は経済回復次第─エストニア中

ビジネス

ドンキホーテHD、銀行業は当然視野に入っている=大

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 2

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出がバレてきた

  • 3

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック・デス」とは何者か

  • 4

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 5

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 6

    北朝鮮の金正恩、軍からグアム攻撃計画受ける 決定…

  • 7

    韓国・文大統領「日韓の障害は日本政府の変化。日本…

  • 8

    もはや常識? 日本の就活に「インターン」がもたらす…

  • 9

    ロシアの極超音速ミサイル「ジルコン」で欧米のミサ…

  • 10

    「意識高い系」スタートアップの幼稚で気持ち悪い実態

  • 1

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広島・高知通過を予告

  • 2

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 3

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出がバレてきた

  • 4

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 5

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を…

  • 6

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 7

    中国が北朝鮮沖で軍事演習、米朝を威嚇

  • 8

    トランプ「軍事解決の準備完全」、北朝鮮「核戦争の…

  • 9

    海外旅行格差から見える日本社会の深い分断

  • 10

    核攻撃を生き残る方法(実際にはほとんど不可能)

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 5

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 8

    対北朝鮮「戦争」までのタイムテーブル 時間ととも…

  • 9

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 10

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月