最新記事

米大統領選

悩める共和党の見えない自画像

トランプの暴走で混乱と迷走を続ける共和党は、アイデンティティーの危機にさらされている

2016年1月8日(金)16時51分
ウィリアム・ドブソン(本誌コラムニスト)

クリントンに勝てる候補? 共和党主流派はトランプの党候補指名獲得を阻止したいと考えているが、お気に入りのジェブ・ブッシュは振るわず、若く弁舌爽やかな「救世主」マルコ・ルビオ(写真)もトランプとの首位争いに持ち込むだけの勢いを得るのは難しい Mike Blake-REUTERS

 何が駄目だったのか――12年の米大統領選で惨敗を喫した共和党は、その答えを探した。民主党候補のオバマ大統領が、共和党候補に大差をつけて再選を決めた理由は? 次期大統領選で共和党が勝利する方策は?

 党の長老たちの依頼で作成された報告書(敗北を分析する内容から「検死解剖」とあだ名された)は、遠慮のない批判を展開した。いわく、共和党は「恐怖感を与える」「偏狭」で「時代遅れ」な「頭が固い高齢男性」の政党になっている、と。

 共和党が復活するためには、女性や若者、少数派の支持を獲得することが不可欠だと、報告書は指摘した。彼らこそ、新たに台頭した有権者層であり、08年大統領選でオバマに予想外の勝利をもたらし、12年の再選を支えた人々だからだ。

 だが報告書に意味はなかった。4年近くたった今、大統領選の本格的な幕開けとなるアイオワ州党員集会を2月1日に控えるなか、共和党は自ら描いたあるべき将来像を忘れ去り、正反対の方向へ突き進んでいるらしい。

 共和党候補を目指す者たちの一部は、移民を犯罪者呼ばわりし、対メキシコ国境に壁を建設せよと訴える。さらに、イスラム教徒などの少数派に対する差別的な政策を信奉し、難民に「宗教テスト」を行えという憲法に反する主張をしている。共和党がまさに獲得すべき有権者層、なかでも急拡大するヒスパニック層の離反を願っているかのような態度だ。

 11月の大統領選までに、確実に起こると言えることが2つある。

 まず、民主党候補はヒラリー・クリントン前国務長官に決定する。よほど意外な展開がない限り、何者もクリントンの候補指名を阻めないはずだ。

 一方、主流派と反主流派が激突する共和党では、その戦いに生き残れた人物が大統領選候補になる。ただ、両派は互いを攻撃し合い党が徹底的に分裂するかもしれない。そうなれば、本選でクリントンに勝つ見込みはゼロになると党指導部は憂慮する。

 この懸念は正しい。事実、共和党の有力候補者らの言動は既に党の評判を大きく傷つけている。

 そもそも、支持率トップの候補者の追い落としを画策する時点で問題がある。指導部や寄付者など、共和党内の多くの人々は今や大っぴらに、不動産王ドナルド・トランプをいかに選挙戦から追い出すか、論じ合っている。トランプが共和党有権者の間で、支持率首位を維持しているにもかかわらずだ。

 15年12月には、共和党幹部が秘密会合を開催。予備選で候補者が決定せず、7月の共和党全国大会での投票にもつれ込んだ場合、トランプが指名獲得に必要な投票数を手にする事態を防ぐ方法について話し合った。

救世主は若きルビオに?

 主要政党の内部でこんな混乱が繰り広げられるのは、民主党が候補者指名でもめにもめた52年の大統領選以来だ。そこから分かる事実とは? 共和党はトランプを大統領選候補に指名するくらいなら、非民主主義的な手段でほかの候補者を選ぶほうがましだと考えている。

ニュース速報

ワールド

独立宣言は撤回せず カタルーニャ州、中央政府の要求

ビジネス

英利上げへの賛成準備できず=ラムスデン中銀新副総裁

ビジネス

英中銀、「成長とインフレ」のトレードオフに依然直面

ビジネス

中国共産党大会、大幅な経済改革につながらない見通し

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 2

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したこともない」

  • 3

    北朝鮮「国連加盟国、米の軍事行動に参加しない限り核で攻撃せず」

  • 4

    北朝鮮危機、ニクソン訪中に匹敵する米中合意の可能性

  • 5

    年内にも発売されるセックスロボット、英研究者が禁…

  • 6

    オーストリアで「世界最年少」首相誕生へ 31歳が唱…

  • 7

    トランプ「ユネスコ脱退」、習近平「高笑い」

  • 8

    早わかり衆院選 主な争点別の各党の選挙公約

  • 9

    トランプに代わってクリントンが大統領になる道はま…

  • 10

    ネズミ被害に悩むワシントンDC、ストリート仕込みの…

  • 1

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    自転車大国オランダ、信号機を消してみたら起きたこ…

  • 5

    通勤時間というムダをなくせば、ニッポンの生産性は…

  • 6

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 7

    北朝鮮の送電網を破壊する、韓国「ブラックアウト爆…

  • 8

    カズオ・イシグロの「信頼できない語り手」とは

  • 9

    北朝鮮の金正恩が愛する実妹ヨジョン 党中枢部入り…

  • 10

    北朝鮮がフィッシング攻撃、米電力会社が標的に

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    カンボジアで飼育されている巨大変異ブタ、安全なの…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月