最新記事

シリア

アサド政権の「樽爆弾」が自国民を虐殺する

Amnesty Says Syria Is Defying Ban on Barrel Bombs, Still Using Them in Aleppo

シリア和平協議再開に合わせて国際社会にアムネスティが突き付けた「戦争犯罪」報告書

2015年5月15日(金)15時29分
ルーシー・ウェストコット

無差別兵器 アレッポ市内の墓地に残された樽爆弾の不発弾を見詰める男性 Mahmoud Hebbo-REUTERS

 1年以上前に国連が使用を禁止したにもかかわらず、シリアのアサド政権は北西部の都市アレッポの住民に対し、悪名高いナパーム弾にもなぞらえられる「樽爆弾」による攻撃を続けている──国際人権団体アムネスティ・インターナショナルが最新の報告書で指摘した。

 樽爆弾とは、石油の樽のような燃料容器やガスボンベに金属片、燃料、爆薬などを詰めた爆弾であり、ヘリコプターで上空から落とされる。住宅や病院、学校、市場、礼拝所が爆撃され、住民の命が奪われていると、アムネスティは警鐘を鳴らした。

「アレッポの民間人は想像を絶する残虐行為を受けている。シリア政府の行為は人道に対する罪に当たるケースもある」

 報告書によれば、昨年1月から今年3月の間に、アレッポでは樽爆弾攻撃により少なくとも民間人3124人と戦闘員35人が殺された。昨年2月の国連安保理決議で禁止された樽爆弾の使用は、シリア政府による違反行為であるとアムネスティは非難する。

 アムネスティは詳細な調査結果をアサド政権に突き付けたが、回答は得られなかったという。

 樽爆弾はアレッポの住民が直面する人道危機の一側面にすぎない。報告書によると、彼らは国内の反体制派からも無差別攻撃を受けているという。使用される武器の中には「地獄砲」と呼ばれるガスボンベを付けた手製のロケット砲弾もある。

 さらに住民は拉致される恐怖にも怯えている上に、水や食料、医薬品は大幅に不足しており、これ以上ない劣悪な状況に置かれている。「民間人の生活が標的にされてきた」と、報告書の主著者ニコレット・ボーランドは言う。

対シリア武器禁輸を期待

 アサド大統領は、国民に対する樽爆弾の使用を否定してきた。2月には英BBCの取材に対し、政府が民間人に無差別の樽爆弾攻撃をしたなどというのは「欧米で繰り返される幼稚な説」だと一蹴。「われわれは樽爆弾なんて持っていない」とまで言ってのけた。

ニュース速報

ワールド

焦点:北朝鮮、ICBM実戦化には新たな核実験必要か

ワールド

アングル:「トランプおろし」はあるか、大統領失職の

ワールド

焦点:トランプ氏の「口撃」、弾劾審議で孤立無援招く

ワールド

米国務長官が人種差別非難、「傷の修復必要」

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 3

    韓国・文大統領「日韓の障害は日本政府の変化。日本側の勇気ある姿勢必要」

  • 4

    セウォル号、接待禁止に台風直撃 韓国社会の問題が…

  • 5

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 6

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 7

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 8

    雇用が回復しても賃金が上がらない理由

  • 9

    朴大統領の人事介入から口裂け女まで 検閲だらけの…

  • 10

    反日による日本人欠場でゲーム大会中止に

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 3

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 4

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 7

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 8

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 9

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 10

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 6

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 7

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 8

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 9

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 10

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月