最新記事

話題作

『ハリポタ』作家の新作は陳腐なメロドラマ?

J.K. Rowling's 'The Casual Vacancy' Gets Mixed Reviews

先週発売されたJ・K・ローリングの大人向け小説にはセックスや暴力が満載。「魔法」を失った失敗作と酷評する声も

2012年10月1日(月)16時33分
ジェニファー・マットソン

『ハリー・ポッター』シリーズを生んだ小説家J・K・ローリングは先週、待望の新作『ザ・カジュアル・ベイカンシー(原題:The Casual Vacancy)』を世に送り出した。世界的な大ブームを巻き起こしたパリポタ・シリーズとは違って、初の大人向け作品となるこの新作は、まったくの未知数と言っていい。

 今のところ、メディアや読者の評価は分かれている。「冒険心がない」「希望がない」といった酷評から、「素晴らしい」と絶賛するものまで、さまざまな声が入り乱れている。

「大人の世界がどういうものか熟知した読者向け」だと、CNNは評した。「作者は田舎町における駆け引きや見栄、社会の不平等といった題材を掘り下げる。さらにセックスや虐待、湯水のようにあふれる暴言のおまけ付きだ」

 今回の作品の舞台は、パグフォードというイギリスの架空の田舎町。ある教区会のメンバーの突然の死をきっかけに、政治的かつ人間的な転落劇が繰り広げられる。

 ニューヨーク・タイムズ紙の文芸評論家カクタニ・ミチコは、「昔ながらのドロドロしたメロドラマのようだ」と厳しい評価を下した。「この小説には(パリポタ・シリーズのような)魔法の世界は登場しない。私たちはあの世界から、これ以上は無理というほど遠くへ追いやられてしまったようだ」

 作品中には墓場でのセックスシーンや、使用済みコンドームについてのグロテスクな描写、衝撃的な家庭内暴力シーンもあるという。「残念ながら、彼女が描いた現実世界はこれ見よがしなほど陳腐で、悲しくなるほど月並みだった。この作品には期待を裏切られただけではない。はっきり言って、つまらない」

『ハリポタ』続編の可能性は

 当のローリングはBBCに対して、「この物語は突然ひらめいた。理屈抜きに何かを始めたくなることってあるでしょ。そういう衝動に近かった」と語っている。これまでの作品とはまったく違うので、ファンは気に入らないかもしれないとも釘を刺した。

 ハリポタ・シリーズの続編はあり得るのかというお決まりの質問に対しては、「胸に手を当てて誓う。死ぬほど書きたいって気持ちにならない限り、続編は絶対にあり得ない」と答えた。「あのシリーズの中には、あと1年費やす必要があると分かっていながら出したものもある。急いで書かなければならなくて、厳しい仕事だった。あのシリーズの『ディレクターズ・カット版』ならあり得るかもね。まだ分からないけど」

From GlobalPost.com特約

ニュース速報

ワールド

焦点:北朝鮮、ICBM実戦化には新たな核実験必要か

ワールド

アングル:「トランプおろし」はあるか、大統領失職の

ワールド

焦点:トランプ氏の「口撃」、弾劾審議で孤立無援招く

ワールド

米国務長官が人種差別非難、「傷の修復必要」

MAGAZINE

特集:2050 日本の未来予想図

2017-8・15号(8/ 8発売)

国民の40%が65歳以上の高齢者になる2050年のニッポン。迫り来る「人口大減少」はこの国の姿をどう変える?

※次号8/29号は8/22(火)発売となります。

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非難された3つの理由

  • 2

    北朝鮮軍「処刑幹部」連行の生々しい場面

  • 3

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観光客

  • 4

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 5

    韓国・文大統領「日韓の障害は日本政府の変化。日本…

  • 6

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 7

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 8

    垂れ耳猫のスコフォがこの世から消える!? 動物愛…

  • 9

    トランプに「職務遂行能力なし」、歴代米大統領で初…

  • 10

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 1

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショック死

  • 2

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コントロール法

  • 3

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしまった

  • 4

    軍入隊希望が殺到? 金正恩「核の脅し」の過剰演出…

  • 5

    「ゴースト」「ドイツの椅子」......ISISが好んだ7種…

  • 6

    バルセロナで車暴走テロ、はねられて「宙に舞う」観…

  • 7

    北の譲歩は中国の中朝軍事同盟に関する威嚇が原因

  • 8

    英グラビアモデルを誘拐した闇の犯罪集団「ブラック…

  • 9

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 10

    「ディーゼル神話」崩壊、ドイツがEVへ急転換、一方…

  • 1

    マライア・キャリー、激太り120キロでも気にしない!?

  • 2

    トランプに「英語を話さない」と言われた昭恵夫人、米でヒーローに

  • 3

    日本の先進国陥落は間近、人口減少を前に成功体験を捨てよ

  • 4

    北朝鮮、グアム攻撃計画8月中旬までに策定 島根・広…

  • 5

    イルカの赤ちゃん、興奮した人間たちの自撮りでショ…

  • 6

    エリザベス女王91歳の式典 主役の座を奪ったのはあ…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    自分に「三人称」で語りかけるだけ! 効果的な感情コ…

  • 9

    アメックスから見た、日本人がクレジットカードを使…

  • 10

    米朝舌戦の結末に対して、中国がカードを握ってしま…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月