最新記事

話題作

『ハリポタ』作家の新作は陳腐なメロドラマ?

J.K. Rowling's 'The Casual Vacancy' Gets Mixed Reviews

先週発売されたJ・K・ローリングの大人向け小説にはセックスや暴力が満載。「魔法」を失った失敗作と酷評する声も

2012年10月1日(月)16時33分
ジェニファー・マットソン

『ハリー・ポッター』シリーズを生んだ小説家J・K・ローリングは先週、待望の新作『ザ・カジュアル・ベイカンシー(原題:The Casual Vacancy)』を世に送り出した。世界的な大ブームを巻き起こしたパリポタ・シリーズとは違って、初の大人向け作品となるこの新作は、まったくの未知数と言っていい。

 今のところ、メディアや読者の評価は分かれている。「冒険心がない」「希望がない」といった酷評から、「素晴らしい」と絶賛するものまで、さまざまな声が入り乱れている。

「大人の世界がどういうものか熟知した読者向け」だと、CNNは評した。「作者は田舎町における駆け引きや見栄、社会の不平等といった題材を掘り下げる。さらにセックスや虐待、湯水のようにあふれる暴言のおまけ付きだ」

 今回の作品の舞台は、パグフォードというイギリスの架空の田舎町。ある教区会のメンバーの突然の死をきっかけに、政治的かつ人間的な転落劇が繰り広げられる。

 ニューヨーク・タイムズ紙の文芸評論家カクタニ・ミチコは、「昔ながらのドロドロしたメロドラマのようだ」と厳しい評価を下した。「この小説には(パリポタ・シリーズのような)魔法の世界は登場しない。私たちはあの世界から、これ以上は無理というほど遠くへ追いやられてしまったようだ」

 作品中には墓場でのセックスシーンや、使用済みコンドームについてのグロテスクな描写、衝撃的な家庭内暴力シーンもあるという。「残念ながら、彼女が描いた現実世界はこれ見よがしなほど陳腐で、悲しくなるほど月並みだった。この作品には期待を裏切られただけではない。はっきり言って、つまらない」

『ハリポタ』続編の可能性は

 当のローリングはBBCに対して、「この物語は突然ひらめいた。理屈抜きに何かを始めたくなることってあるでしょ。そういう衝動に近かった」と語っている。これまでの作品とはまったく違うので、ファンは気に入らないかもしれないとも釘を刺した。

 ハリポタ・シリーズの続編はあり得るのかというお決まりの質問に対しては、「胸に手を当てて誓う。死ぬほど書きたいって気持ちにならない限り、続編は絶対にあり得ない」と答えた。「あのシリーズの中には、あと1年費やす必要があると分かっていながら出したものもある。急いで書かなければならなくて、厳しい仕事だった。あのシリーズの『ディレクターズ・カット版』ならあり得るかもね。まだ分からないけど」

From GlobalPost.com特約

ニュース速報

ビジネス

EU、予算見直し議論へ 英離脱で財源縮小

ビジネス

BMW、「3シリーズ」の電気自動車版でテスラに対抗

ビジネス

NYタイムズ、料理レシピサイトを有料化

ワールド

米国務省、イスラム圏6カ国のビザ希望者に対する指針

MAGAZINE

特集:安心なエアラインの選び方

2017-7・ 4号(6/27発売)

アメリカの航空会社で続発する乗客トラブル。トラブルを避け、快適な空の旅を楽しむ「新基準」とは

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    アメリカで「最も憎まれる男」の所業とは?

  • 2

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 3

    トランプが特別検察官ムラーを恐れる理由

  • 4

    米国はシリアでイスラーム国に代わる新たな「厄介者…

  • 5

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 6

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 7

    地方学生が抱える奨学金ローンの破綻リスク

  • 8

    ベネズエラ、警察ヘリが最高裁と内務省を攻撃 大統…

  • 9

    シリア東部はアサドとイランのものにすればいいーー米…

  • 10

    東京都議選の候補者が、政策を訴えるビラを配れない…

  • 1

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」の証言

  • 2

    海自の護衛艦いずも 南シナ海でレーダーに中国軍とおぼしき機影

  • 3

    人類滅亡に備える人類バックアップ計画

  • 4

    世界最恐と化す北朝鮮のハッカー

  • 5

    中国シェア自転車「悪名高きマナー問題」が消えた理由

  • 6

    ドイツでタイ国王がBB弾で「狙撃」、これがタイなら.…

  • 7

    ダイアナ元妃は、結婚前から嫉妬に苦しんでいた

  • 8

    シリアで米軍機を撃墜すると脅すロシアの本気度

  • 9

    ロンドン高層住宅の火災、火元は米ワールプールの冷…

  • 10

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島…

  • 1

    国交断絶、小国カタールがここまで目の敵にされる真の理由

  • 2

    人相激変のタイガー・ウッズが釈明 いったい何があったのか

  • 3

    アジアに迫るISISの魔手 フィリピン・ミンダナオ島の衝撃

  • 4

    大丈夫かトランプ 大統領の精神状態を疑う声が噴出 

  • 5

    米学生は拷問されたのか? 脱北女性「拷問刑務所」…

  • 6

    佐藤琢磨選手のインディ500優勝は大変な快挙

  • 7

    就任5カ月、トランプは馬鹿過ぎて大統領は無理

  • 8

    ロンドン高層住宅火災で明らかに イギリスが抱える…

  • 9

    アイシャを覚えていますか? 金正男暗殺実行犯のイン…

  • 10

    ISIS戦闘員を虐殺する「死の天使」

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年6月
  • 2017年5月
  • 2017年4月
  • 2017年3月
  • 2017年2月
  • 2017年1月