最新記事

話題作

『ハリポタ』作家の新作は陳腐なメロドラマ?

J.K. Rowling's 'The Casual Vacancy' Gets Mixed Reviews

先週発売されたJ・K・ローリングの大人向け小説にはセックスや暴力が満載。「魔法」を失った失敗作と酷評する声も

2012年10月1日(月)16時33分
ジェニファー・マットソン

『ハリー・ポッター』シリーズを生んだ小説家J・K・ローリングは先週、待望の新作『ザ・カジュアル・ベイカンシー(原題:The Casual Vacancy)』を世に送り出した。世界的な大ブームを巻き起こしたパリポタ・シリーズとは違って、初の大人向け作品となるこの新作は、まったくの未知数と言っていい。

 今のところ、メディアや読者の評価は分かれている。「冒険心がない」「希望がない」といった酷評から、「素晴らしい」と絶賛するものまで、さまざまな声が入り乱れている。

「大人の世界がどういうものか熟知した読者向け」だと、CNNは評した。「作者は田舎町における駆け引きや見栄、社会の不平等といった題材を掘り下げる。さらにセックスや虐待、湯水のようにあふれる暴言のおまけ付きだ」

 今回の作品の舞台は、パグフォードというイギリスの架空の田舎町。ある教区会のメンバーの突然の死をきっかけに、政治的かつ人間的な転落劇が繰り広げられる。

 ニューヨーク・タイムズ紙の文芸評論家カクタニ・ミチコは、「昔ながらのドロドロしたメロドラマのようだ」と厳しい評価を下した。「この小説には(パリポタ・シリーズのような)魔法の世界は登場しない。私たちはあの世界から、これ以上は無理というほど遠くへ追いやられてしまったようだ」

 作品中には墓場でのセックスシーンや、使用済みコンドームについてのグロテスクな描写、衝撃的な家庭内暴力シーンもあるという。「残念ながら、彼女が描いた現実世界はこれ見よがしなほど陳腐で、悲しくなるほど月並みだった。この作品には期待を裏切られただけではない。はっきり言って、つまらない」

『ハリポタ』続編の可能性は

 当のローリングはBBCに対して、「この物語は突然ひらめいた。理屈抜きに何かを始めたくなることってあるでしょ。そういう衝動に近かった」と語っている。これまでの作品とはまったく違うので、ファンは気に入らないかもしれないとも釘を刺した。

 ハリポタ・シリーズの続編はあり得るのかというお決まりの質問に対しては、「胸に手を当てて誓う。死ぬほど書きたいって気持ちにならない限り、続編は絶対にあり得ない」と答えた。「あのシリーズの中には、あと1年費やす必要があると分かっていながら出したものもある。急いで書かなければならなくて、厳しい仕事だった。あのシリーズの『ディレクターズ・カット版』ならあり得るかもね。まだ分からないけど」

From GlobalPost.com特約

ニュース速報

ワールド

EU首脳、ブレグジット交渉「第2段階」入りを正式承

ビジネス

焦点:中国自動車メーカー、ついに夢の欧米市場進出か

ビジネス

米共和党、税制改革法案・最終案の概要発表 法人税2

ビジネス

米主要株価3指数が最高値更新、税制改革実現への期待

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 2

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 3

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か 超能力伝説でイメージ作りも

  • 4

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 5

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 6

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 7

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日…

  • 8

    算数が得意な富裕層の子どもと、家庭科が得意な低所…

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    プーチンの本音は「五輪禁止」に感謝?

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を甘く見た」ツケ

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 6

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 7

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    北朝鮮「兵士亡命」が戦争の引き金を引く可能性

  • 5

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 6

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 7

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 10

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月