最新記事

アメリカ

対テロ戦争

無人機攻撃「成人男性」なら戦闘員と見なす?

Victims Remain Without Legal Recourse

ブッシュ前大統領の8倍も無人機攻撃の回数を増やしたオバマは、民間人の犠牲には無関心なままだ

2014年2月5日(水)13時02分
ケビン・ダグラス・グラント

 オバマ大統領1期目の就任直後の09年1月、初の無人機攻撃で少なくとも9人のパキスタン市民が殺害された。調査報道協会(本拠ロンドン)が先週発表した報告では、それから5年間に世界で行われた無人機作戦で2400人が死亡。うち少なくとも273人は民間人だ。

「パキスタンやイエメン、ソマリアで、オバマ政権は5年間に390回以上の無人機攻撃を実施した。ブッシュ前政権の8倍だ」と報告にはある。

 ブッシュ政権とオバマ政権初期には、無人機の主な標的はパキスタンのイスラム武装勢力だった。11年初めに、アルカイダ系テロ組織が活動を活発化させるイエメンに作戦は広がった。ケリー米国務長官は昨年8月、パキスタンでの無人機攻撃を早急に終わらせると約束した。

 標的を定めた無人機攻撃が合法かどうかは非常に曖昧だ。国家主権、戦争規則、国際条約や国内法がいろいろと絡んでくる。アメリカの無人機作戦の合法性を判断しようとする機関や組織もまだ現れていない。それでも米自由人権協会(ACLU)など国内の団体が、無人機作戦に関わった米当局者を相手に訴訟を起こす動きがある。

 攻撃前に標的が特定されているケースもあるが、CIAはパキスタンやイエメン、ソマリアなどで「連座」方式を採用している、とかつてオバマの対テロ政策顧問を務めたマイケル・ボイルは言う。兵士になり得る男性はすべてアメリカの敵と見なす、つまり作戦の犠牲者が成人男性なら「戦闘員」として処理される。これでは罪のない人が殺されてもどうにもできない。

 イギリスでは先週、米無人機攻撃で父親を殺害されたパキスタン人男性が、作戦に関与したとして英諜報機関を訴えた裁判があった。しかし外国の行動を裁くのは難しいという理由で、原告の訴えは退けられた。

 男性を支援する人権団体リプリーブのカット・クレイグは、この結果を強く非難する。「同盟国アメリカと一緒なら、イギリス政府は殺人を犯しても許されるようだ」

From GlobalPost.com特約

[2014年2月 4日号掲載]

最新ニュース

ワールド

米大統領選のTV討論会、過去最高の1億人が視聴か

2016.09.23

ワールド

北朝鮮の国連加盟資格、見直すべき=韓国外相

2016.09.23

ビジネス

デンマーク海運大手マースク、競合勢買収に意欲=会長

2016.09.23

ワールド

英国のEU離脱交渉、2年かからない可能性=ジョンソン外相

2016.09.23

新着

少数民族

ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

2016.09.23

EUの新著作権法がもたらす「閉じたインターネット」

2016.09.23

安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

2016.09.23
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2016.9.27号(9/21発売)

特集:プーチンの世界戦略

2016.9.27号(9/21発売)

シリア内戦からアメリカ大統領選まで世界を翻弄する「最強の独裁者」の世界観

指導者 世界を攪乱するプーチンの地政学
中東 ロシアが埋める弱腰オバマの空白
欧州 ウクライナをめぐる「長い戦争」
アジア 南シナ海を襲う中ロ同盟
米ロ関係 トランプに擦り寄るプーチンの思惑
デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:プーチンの世界戦略

2016-9・27号(9/21発売)

シリア内戦からアメリカ大統領選まで世界を翻弄する「最強の独裁者」の世界観

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    【動画】ISISに蹂躙された魂がさまよう町シンジャール

  2. 2

    数学の「できない子」を強制的に生み出す日本の教育

  3. 3

    ISIS処刑部隊「ビートルズ」最後の1人、特定される

  4. 4

    もし第3次世界大戦が起こったら

  5. 5

    米軍は5年前、女性兵だけの特殊部隊をアフガンに投入していた

  6. 6

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  7. 7

    北朝鮮の「同性愛」事情、その知られざる実態を体験者が告白

  8. 8

    未婚男性の「不幸」感が突出して高い日本社会

  9. 9

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  10. 10

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

    巨匠の才能にひれ伏し、疑惑をなかったことにする…

  1. 1

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  2. 2

    AI時代到来「それでも仕事はなくならない」...んなわけねーだろ

    「AIやロボットが人間の仕事を奪うようになる」とい…

  3. 3

    若者がクルマを買わなくなった原因は、ライフスタイルの変化より断然「お金」

    〔ここに注目〕クルマの価格と若者の所得 若…

  4. 4

    「現代のパトロン」クラウド・ファンディングの落とし穴

    アメリカではすっかり定着した感のあるクラウド…

  5. 5

    「日本は5年で破綻」藤巻健史氏の警告に対しての「解」はあるのか?

    6月14日に米ブルームバーグが配信した藤巻健…

  6. 6

    共和党と民主党どこが違う

    米大統領選挙は共和党、民主党いずれも党大会を…

  7. 7

    ヨーロッパの「ロマ差別問題」に鈍感なアメリカ

    ここ数日、ギリシャのロマ居住区で先週の水曜日…

  8. 8

    中国の「反日暴動」がアメリカでほとんど報道されない理由とは?

    先週末から今週はじめにかけて、中国の各地では…

  9. 9

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  10. 10

    1000件以上黙殺されていた神父による児童への性的虐待

    アカデミー賞で作品賞と脚本賞に輝いたトム・マッカ…

  1. 1

    バングラデシュで襲撃の武装集団鎮圧、外国人ら20人殺害

    バングラデシュの首都ダッカで1日夜、レストラ…

  2. 2

    米国株は4日続伸、好調な米製造業統計が買い材料

    米国株式市場は小幅高となり、4日続伸して取引…

  3. 3

    英国EU離脱で市場は大荒れ、キャメロン首相「辞任の意向」

    英国で23日に行われた欧州連合(EU)離脱の…

  4. 4

    テスラ車死亡事故、自動運転中にDVD鑑賞の可能性

    米電気自動車(EV)メーカー、テスラ・モータ…

  5. 5

    2017年の米FOMCは8回開催 FRB、議長会見は四半期ごと4回

    米連邦準備理事会(FRB)は、2017年の連…

  6. 6

    訂正:三菱UFJ、日立キャピタル出資に減損リスク 英EU離脱で

    日立キャピタルへの出資を決めている三菱UFJ…

  7. 7

    企業の不正を調査・空売り、米グラウカスが日本株投資へ 7月めど

    上場企業の不正を調査・発見し、空売りをする米…

  8. 8

    スコットランド独立・新通貨導入、基本シナリオに=JPモルガン

    米投資銀行、JPモルガンは29日、スコットラ…

  9. 9

    年末のポンド/ドル見通し、1.20ドルに引き下げ=HSBC

    英HSBCは、第3・四半期末と2016年末の…

  10. 10

    中国東部で竜巻、78人死亡し500人負傷

    中国の東部江蘇省で23日午後、竜巻が発生、豪…

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら
コラム&ブログ一覧へ

STORIES ARCHIVE-U.S. Affairs

  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月