最新記事

アメリカ

対テロ戦争

無人機攻撃「成人男性」なら戦闘員と見なす?

Victims Remain Without Legal Recourse

ブッシュ前大統領の8倍も無人機攻撃の回数を増やしたオバマは、民間人の犠牲には無関心なままだ

2014年2月5日(水)13時02分
ケビン・ダグラス・グラント

 オバマ大統領1期目の就任直後の09年1月、初の無人機攻撃で少なくとも9人のパキスタン市民が殺害された。調査報道協会(本拠ロンドン)が先週発表した報告では、それから5年間に世界で行われた無人機作戦で2400人が死亡。うち少なくとも273人は民間人だ。

「パキスタンやイエメン、ソマリアで、オバマ政権は5年間に390回以上の無人機攻撃を実施した。ブッシュ前政権の8倍だ」と報告にはある。

 ブッシュ政権とオバマ政権初期には、無人機の主な標的はパキスタンのイスラム武装勢力だった。11年初めに、アルカイダ系テロ組織が活動を活発化させるイエメンに作戦は広がった。ケリー米国務長官は昨年8月、パキスタンでの無人機攻撃を早急に終わらせると約束した。

 標的を定めた無人機攻撃が合法かどうかは非常に曖昧だ。国家主権、戦争規則、国際条約や国内法がいろいろと絡んでくる。アメリカの無人機作戦の合法性を判断しようとする機関や組織もまだ現れていない。それでも米自由人権協会(ACLU)など国内の団体が、無人機作戦に関わった米当局者を相手に訴訟を起こす動きがある。

 攻撃前に標的が特定されているケースもあるが、CIAはパキスタンやイエメン、ソマリアなどで「連座」方式を採用している、とかつてオバマの対テロ政策顧問を務めたマイケル・ボイルは言う。兵士になり得る男性はすべてアメリカの敵と見なす、つまり作戦の犠牲者が成人男性なら「戦闘員」として処理される。これでは罪のない人が殺されてもどうにもできない。

 イギリスでは先週、米無人機攻撃で父親を殺害されたパキスタン人男性が、作戦に関与したとして英諜報機関を訴えた裁判があった。しかし外国の行動を裁くのは難しいという理由で、原告の訴えは退けられた。

 男性を支援する人権団体リプリーブのカット・クレイグは、この結果を強く非難する。「同盟国アメリカと一緒なら、イギリス政府は殺人を犯しても許されるようだ」

From GlobalPost.com特約

[2014年2月 4日号掲載]

最新ニュース

ワールド

カーター元米大統領が訪朝に意欲、トランプ政権は消極的=NYT

2017.10.23

ワールド

アルゼンチン議会選、与党が勝利 前大統領への支持広がらず

2017.10.23

ビジネス

衆院選後の株高は業績期待、市場は日米の中銀人事などに関心

2017.10.23

ワールド

日米首脳が電話会談、北朝鮮への圧力で一致 衆院選結果に祝意も

2017.10.23

新着

北朝鮮

「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危機感

2017.10.05
日本人が知らないマインドフルネス

セックスに悩む女性たちをマインドフルネスが救う?

2017.10.05
朝鮮半島

「北朝鮮への軍事攻撃、成功するかどうか不明」露プーチン大統領

2017.10.05
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2017.10.24号(10/17発売)

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017.10.24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

中国 共産党支配が崩壊しない理由
■GDP 中国経済の「復活」にIMFがお墨付き
Q&A 根拠なき礼賛と悲観のツケ
出版 中国崩壊本の崩壊カウントダウン
■インタビュー 「『崩壊』とは言ってない」代表的著者の反論
分析 中国の未来をCIA流に予測する
デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース