最新記事

アメリカ

対テロ戦争

無人機攻撃「成人男性」なら戦闘員と見なす?

Victims Remain Without Legal Recourse

ブッシュ前大統領の8倍も無人機攻撃の回数を増やしたオバマは、民間人の犠牲には無関心なままだ

2014年2月5日(水)13時02分
ケビン・ダグラス・グラント

 オバマ大統領1期目の就任直後の09年1月、初の無人機攻撃で少なくとも9人のパキスタン市民が殺害された。調査報道協会(本拠ロンドン)が先週発表した報告では、それから5年間に世界で行われた無人機作戦で2400人が死亡。うち少なくとも273人は民間人だ。

「パキスタンやイエメン、ソマリアで、オバマ政権は5年間に390回以上の無人機攻撃を実施した。ブッシュ前政権の8倍だ」と報告にはある。

 ブッシュ政権とオバマ政権初期には、無人機の主な標的はパキスタンのイスラム武装勢力だった。11年初めに、アルカイダ系テロ組織が活動を活発化させるイエメンに作戦は広がった。ケリー米国務長官は昨年8月、パキスタンでの無人機攻撃を早急に終わらせると約束した。

 標的を定めた無人機攻撃が合法かどうかは非常に曖昧だ。国家主権、戦争規則、国際条約や国内法がいろいろと絡んでくる。アメリカの無人機作戦の合法性を判断しようとする機関や組織もまだ現れていない。それでも米自由人権協会(ACLU)など国内の団体が、無人機作戦に関わった米当局者を相手に訴訟を起こす動きがある。

 攻撃前に標的が特定されているケースもあるが、CIAはパキスタンやイエメン、ソマリアなどで「連座」方式を採用している、とかつてオバマの対テロ政策顧問を務めたマイケル・ボイルは言う。兵士になり得る男性はすべてアメリカの敵と見なす、つまり作戦の犠牲者が成人男性なら「戦闘員」として処理される。これでは罪のない人が殺されてもどうにもできない。

 イギリスでは先週、米無人機攻撃で父親を殺害されたパキスタン人男性が、作戦に関与したとして英諜報機関を訴えた裁判があった。しかし外国の行動を裁くのは難しいという理由で、原告の訴えは退けられた。

 男性を支援する人権団体リプリーブのカット・クレイグは、この結果を強く非難する。「同盟国アメリカと一緒なら、イギリス政府は殺人を犯しても許されるようだ」

From GlobalPost.com特約

[2014年2月 4日号掲載]

最新ニュース

ビジネス

預金準備率の優遇継続へ、審査結果に応じ27日から調整=中国人民銀

2017.02.21

ワールド

ASEAN外相、南シナ海の動向を懸念=フィリピン

2017.02.21

ワールド

特別リポート:売られる花嫁、ロヒンギャの少女を取り巻く現実

2017.02.21

ビジネス

米インフラは空港・発電所など老朽化、融資考えられる=JBIC総裁

2017.02.21

新着

核戦争

地球規模の破壊力示したトランプ──1人の人間が終末時計を進めたのは初めて

2017.01.27
中国

「中国がネット検閲回避のVPNを全面禁止」は誤報です

2017.01.27
アメリカ政治

トランプ政権が国務省高官を「一掃」 イスラム移民排除への布石か

2017.01.27
ページトップへ

本誌紹介 最新号

2017.2.28号(2/21発売)

特集:北朝鮮 暗殺の地政学

2017.2.28号(2/21発売)

異国の地マレーシアで殺害された金正男──。その死の背景には北朝鮮をめぐる地政学の変化があった

北朝鮮 異国の地で暗殺された「没落貴族」金正男
中朝関係 独裁者を放置した中国の罪
核問題 米朝対決の勝利なきシナリオ
ミサイル 着実に進化する金正恩の核攻撃力
■チャート 北朝鮮のミサイルは射程を伸ばし続ける
マレーシア 対北コネクション、その功罪と今後
デジタル雑誌を購入
最新号の目次を見る
本誌紹介一覧へ

Recommended

MAGAZINE

特集:北朝鮮 暗殺の地政学

2017-2・28号(2/21発売)

異国の地マレーシアで殺害された金正男──。その死の背景には北朝鮮をめぐる地政学の変化があった

  • 最新号の目次
  • 予約購読お申し込み
  • デジタル版

ニューストピックス

人気ランキング (ジャンル別)

  • 最新記事
  • コラム&ブログ
  • 最新ニュース
  1. 1

    もし第3次世界大戦が起こったら

  2. 2

    ハーバードが絶賛する「日本」を私たちはまだ知らない

  3. 3

    ISIS処刑部隊「ビートルズ」最後の1人、特定される

  4. 4

    北朝鮮の「同性愛」事情、その知られざる実態を体験者が告白

  5. 5

    「国家崩壊」寸前、ベネズエラ国民を苦しめる社会主義の失敗

  6. 6

    なぜ北朝鮮は意地になってミサイル発射を繰り返すのか

  7. 7

    サイコパスには犯罪者だけでなく成功者もいる

    サイコパスはすべてが殺人鬼ではない。なかには、…

  8. 8

    米軍は5年前、女性兵だけの特殊部隊をアフガンに投入していた

  9. 9

    【年表】イギリスがEUを離脱するまで(1952-2016)

  10. 10

    企業という「神」に選ばれなかった「下流中年」の現実

  1. 1

    金正恩にビンタを張られた習近平

    このビンタはいったい誰の顔に向かって放たれたのだ…

  2. 2

    尖閣問題で大騒ぎする中国人の「本音」は

    今週のコラムニスト:李小牧 〔10月10日号…

  3. 3

    嫌韓デモの現場で見た日本の底力

    今週のコラムニスト:レジス・アルノー 〔7月…

  4. 4

    レイプ写真を綿々とシェアするデジタル・ネイティブ世代の闇

    ここ最近、読んでいるだけで、腹の底から怒りと…

  5. 5

    パックンが斬る、トランプ現象の行方【後編、パックン亡命のシナリオ】

    <【前編】はこちら> トランプ人気は否めない。…

  6. 6

    「日本は5年で破綻」藤巻健史氏の警告に対しての「解」はあるのか?

    6月14日に米ブルームバーグが配信した藤巻健…

  7. 7

    共和党と民主党どこが違う

    米大統領選挙は共和党、民主党いずれも党大会を…

  8. 8

    売国奴と罵られる「激辛トウガラシ」の苦難

    1枚の漫画は、時に長文のコラムより雄弁に政治の本…

  9. 9

    中国政府はなぜ人権派を根こそぎにするのか

    中国の人権派弁護士、浦志強(プー・チーチアン)氏…

  10. 10

    「フジ子・ヘミング現象」の何が問題なのか?

    ピアニストのフジ子・ヘミング女史のリサイタル…

  1. 1

    英国EU離脱で市場は大荒れ、キャメロン首相「辞任の意向」

    英国で23日に行われた欧州連合(EU)離脱の…

  2. 2

    年末のポンド/ドル見通し、1.20ドルに引き下げ=HSBC

    英HSBCは、第3・四半期末と2016年末の…

  3. 3

    アングル:英EU離脱への対応、出遅れ目立つ米企業 

    英国の欧州連合(EU)離脱のリスクは1年以上…

  4. 4

    英EU離脱で英語がEU公用語から外れる可能性=欧州議会幹部

    欧州議会の幹部は27日、英国が欧州連合(EU…

  5. 5

    焦点:中国保険大手にタイタニック級リスク、高収益狙いで

    中国の保険大手によるハイリスク・ハイリターン…

  6. 6

    2017年の米FOMCは8回開催 FRB、議長会見は四半期ごと4回

    米連邦準備理事会(FRB)は、2017年の連…

  7. 7

    米国防長官「南シナ海に万里の長城」発言、歴史を誤解と中国反発

    米国のカーター国防長官が、中国は南シナ海に「…

  8. 8

    バングラ事件、邦人7人含む20人死亡 安倍首相「痛恨の極み」 

    バングラデシュの首都ダッカで1日夜、レストラ…

  9. 9

    英国の航空旅客数減少か、ブレグジットで=IATA

    国際航空運送協会(IATA)は24日、英国の…

  10. 10

    トルコ空港自爆攻撃、実行犯はロシア・ウズベク・キルギス出身

    トルコ最大都市イスタンブールのアタチュルク空…

日本再発見 「日本の新しいモノづくり」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら
コラム&ブログ一覧へ

STORIES ARCHIVE-U.S. Affairs

  • 2015年10月
  • 2015年9月
  • 2015年8月
  • 2015年7月
  • 2015年6月
  • 2015年5月
  • 2015年4月
  • 2015年3月
  • 2015年2月
  • 2015年1月
  • 2014年12月
  • 2014年11月
  • 2014年10月
  • 2014年9月
  • 2014年8月
  • 2014年7月
  • 2014年6月
  • 2014年5月
  • 2014年4月
  • 2014年3月
  • 2014年2月
  • 2014年1月
  • 2013年12月
  • 2013年11月
  • 2013年10月
  • 2013年9月
  • 2013年8月
  • 2013年7月
  • 2013年6月
  • 2013年5月
  • 2013年4月
  • 2013年3月
  • 2013年2月
  • 2013年1月
  • 2012年12月
  • 2012年11月
  • 2012年10月
  • 2012年9月
  • 2012年8月
  • 2012年7月
  • 2012年6月
  • 2012年5月
  • 2012年4月
  • 2012年3月
  • 2012年2月
  • 2012年1月
  • 2011年12月
  • 2011年11月
  • 2011年10月
  • 2011年9月
  • 2011年8月
  • 2011年7月
  • 2011年6月
  • 2011年5月
  • 2011年4月
  • 2011年3月
  • 2011年2月
  • 2011年1月
  • 2010年12月
  • 2010年11月
  • 2010年10月
  • 2010年9月
  • 2010年8月
  • 2010年7月
  • 2010年6月
  • 2010年5月
  • 2010年4月
  • 2010年3月
  • 2010年2月
  • 2010年1月
  • 2009年12月
  • 2009年11月
  • 2009年10月
  • 2009年9月
  • 2009年8月
  • 2009年7月
  • 2009年6月
  • 2009年5月
  • 2009年4月