最新記事

中間選挙

ティーパーティーのアブナイ外交政策

Down the Rabbit Hole of Tea Party Foreign Policy

アメリカ中間選挙の行方を左右する急進保守派の頭の中は、国内と神様のことでいっぱい

2010年11月2日(火)18時59分
モルト・ローゼンブルーム

 ヨーロッパを本拠とする記者の私にとって、アメリカの草の根保守連合ティーパーティーの外交政策を説明するのは簡単なこと。「政策なんてない」だ。アメリカの東海岸から西海岸、さらに中部も何カ所か回った末の結論だ。

 ティーパーティーの世界観とは? 不思議の国のアリスがウサギの穴に落ち、いかれ帽子屋とのお茶会に出て、「首をちょん切れ!」と叫ぶ気まぐれな女王に出会うようなものだ。

 ここテキサス州選出の共和党保守派のロン・ポール下院議員は、米外交専門誌フォーリン・ポリシーで1つの外交方針をぶち上げた。イラクとアフガニスタンでの戦争を終わらせることが、ティーパーティーに繁栄をもたらすというものだ。

 ポールいわく「諸外国との交流は民間レベルに任せ、政府は介入しないという伝統的なアメリカの外交政策に立ち戻る。それが我々の道徳面・財政面での健全さを取り戻す唯一の手段だ」

 これはティーパーティーの基本的信条と一致する。彼らの主張とは、政府は国民の生活に口出しすべきでない、財政支出を減らしてこれ以上増税するなというもの。だが外交政策となると、ティーパーティーの意見は一枚岩ではない。

 ティーパーティーの広告塔、サラ・ペイリン前アラスカ州知事は、ジョージ・W・ブッシュ前米大統領の攻撃的な外交政策を支持し、軍事予算の削減に反対する。彼女は、口うるさい外国人には物事の道理を分からせてやるべきだと主張する。

 ほかのティーパーティー指導者たちといえば、分かりやすい言葉を並べ立てるのに終始している。彼らを支持する一般大衆はどうせ小難しい話は嫌いだからだ。

地球環境破壊も神の思し召し

 ニューヨーク・タイムズは「曖昧なティーパーティーの外交政策」という10月21日付け記事の中で、ティーパーティーの主要グループ「フリーダムワークス」を率いるディック・アーミー元下院議員(共和党)に、ティーパーティーに外交政策はあるのかと尋ねている。アーミーの答えは、「ないだろうな」だった。

 テキサス州では「ティー(お茶)」が、地ビールのローンスターと同じくらい大人気。それを考えたら、「曖昧」などといって済ませている場合ではない。私は今回、テキサス大学でジャーナリズムを教える3人の教授とランチをしたが、外交経験が豊富な彼らにティーパーティーは世界をどう見ているのかと聞くと、3人とも鼻で笑ってみせた。

 選挙前にはアメリカ中がそうなるが、テキサスでも国境より外の問題に考えをめぐらせる人はほとんどいない。考えるとしても、自分の州のちょっと先くらいだ。テキサスのライブハウスで、あるミュージシャンは「ベイカーズフィールド(カリフォルニア州の都市)」という曲を熱唱した後、こうジョークを飛ばした。「テキサス州法に定められているんだ。カリフォルニアの曲を歌ったら、次の2曲はテキサスのものでないといけないってね」。そこで彼が歌ったのは「アビリーン(テキサス州の都市)」だった。

 しかし米国内でも国外でも、アメリカの今後を懸念する人は多い――世界中の様々な問題をよそに、アメリカは自国の問題にしか関心を示さなくなるのではないか。パレスチナやパキスタンの紛争、世界経済の構造変化、さらに温暖化などの環境問題はティーパーティーの優先事項とはかけ離れている。ティーパーティーにとって、こうした問題を否定することは「信念」と言ってもいい。

ニュース速報

ビジネス

日産全6工場で国内向け出荷停止、国の指摘後も無資格

ビジネス

米失業保険申請が44年ぶりの低水準、労働市場回復示

ビジネス

焦点:日銀社債オペ、神鋼債買入の見方広がる 投資家

ビジネス

三井生命、オープン外債1000億円以上増加=17年

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 5

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    iPhoneはなぜ割れるのか?<iPhone 10周年>

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 7

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 8

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月