最新記事

米空軍

さらば栄光のトップガン

Attack of the Drones

空爆の主役を無人機に奪われ、誇り高き戦闘機乗りの文化に幕を閉じるときがやってきた

2009年12月15日(火)14時48分
フレッド・カプラン(オンラインマガジン「スレート」コラムニスト)

 アメリカ空軍は創設以来60年余りの歴史を通じて、華麗な軍隊であることをいつも誇りにしてきた。戦闘機を操るパイロットは「トップガン」と呼ばれ、大空を支配し、(少なくとも映画の中では)白いスカーフを巻いて、女の子たちの胸をときめかせた。

 今、そのすべてが変わろうとしている。空軍の使命、気風、アイデンティティーをめぐる熾烈な戦いに、トップガンたちが敗れつつある。この夏、ステルス戦闘機F22ラプター(F22)に関してワシントンでヒートアップした論争はその1つの表れだ。

 一見すると、このF22論争はよくある予算上の綱引きに見えなくもない。空軍は、F22を新たに20機導入するための予算40億ドルを要求。空軍としてはその後もF22を増やしていって、20年までに既存のものと合わせて全部で387機を所有したい意向だった。

 この予算要求にロバート・ゲーツ国防長官がノーを突き付けた。バラク・オバマ大統領も、F22の購入予算を1機分でも含んでいれば、議会が予算案を可決しても拒否権を行使すると表明した。これにて一巻の終わり。F22の命脈は絶たれてしまった。

 F22の死は、1つの戦闘機の命運以上の意味を持っていた。F22開発計画が始まったのは冷戦の真っ盛りだった81年。アメリカが、当時の共産主義超大国のソ連とにらみ合っていた時代だ。最先端のテクノロジーを備えたF22に期待された役割は、ソ連の最新鋭の戦闘機を撃墜し、空中戦に勝って制空権を握ることだった。

 しかしこのF22が初めて実戦配備されたのは、冷戦がとっくに終わった後の05年末。当初の計画から大幅に遅れ、開発費も当初予算を超過していた。

「空軍を殺すに等しい」打ち切り

 現実には、F22より性能の低いF15戦闘機やF18戦闘機に太刀打ちできる空軍力を持つ国さえ世界のどこにもない。そこで、赤字をこれ以上増やしたくない議会や国防総省内の一部の文官は、F22導入の打ち切りに動いた。

 これに対して、F22推進派は猛反撃を開始した。最新鋭の戦闘機を殺すのは、空軍を殺すに等しいというのがその発想だった。

 F22推進派の戦いは、時代の流れに逆行していた。1947〜82年に空軍参謀総長(空軍の武官トップ)を務めた10人はすべて、爆撃機もしくは戦闘機パイロットの出身。82〜08年に空軍参謀総長を務めた9人は、全員が戦闘機パイロット出身者だった。

 08年、ゲーツ国防長官が当時のジョージ・W・ブッシュ大統領に次期参謀総長として推薦したノートン・シュワーツは、まったく違うタイプの軍人だった。シュワーツは、爆撃機にも戦闘機にも搭乗した経験がない。操縦していたのはC130。図体の大きい輸送機である。

 C130の役割は、基地などの拠点から兵士や武器、食料などの補給物資を前線に空輸すること。陸軍や海兵隊や特殊部隊が迅速に展開するためには空軍による空輸活動が欠かせないが、華がある任務とはとうてい言えない。空軍上層部は、戦闘機による空中戦や爆撃機による空爆に比べて、空輸を重視してこなかった。

 しかし時代は変わった。イラクとアフガニスタンの戦争は、F22の開発段階で念頭に置かれていた戦いとはまるで性格が違う(実際、どちらの戦場にもF22は投入されていない)。爆撃すべき戦略拠点はほとんどなく、空中で追跡・撃墜すべき敵機もない。

 それに代わる空軍の主たる役割は、アメリカや同盟国の地上部隊を支援すること。具体的には空輸を行うことと、地上部隊が敵を発見・攻撃する手助けをすることだ。

ニュース速報

ワールド

北朝鮮局長「核保有は死活問題」、米国と協議計画せず

ワールド

焦点:中国の「バブル世代」、苦労知らずの若者が抱く

ワールド

アングル:中国バブル世代、若者が語る「夢と現実」

ビジネス

FRBトップにパウエル・テイラー両氏、トランプ氏が

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過激度

  • 2

    「新時代の中国」は世界の人権を踏みにじる

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    トランプの強気が招く偶発的核戦争

  • 5

    性的欲望をかきたてるものは人によってこんなに違う

  • 6

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 7

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と…

  • 8

    北朝鮮、オーストラリア議会などに書簡「米国からの…

  • 9

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 10

    ケリー首席補佐官が初会見で語った、北朝鮮とトランプ

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 7

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 8

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    生理の血は青くない──業界のタブーを破った英CMの過…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月
  • 2017年7月
  • 2017年6月
  • 2017年5月