最新記事

アフガニスタン戦略

増派決断の遅れはオバマの命取りに

アフガニスタンへの増派要請に二の足を踏むオバマ。このままではブッシュがイラクで犯した失敗を繰り返すことになりかねない

2009年10月9日(金)17時11分
ホリー・ベイリー(ホワイトハウス担当)

悪化する戦況 アフガニスタン東部ロガール州の基地からパトロールへ向かう米軍兵士 Nikola Solic-Reuters

 アフガニスタン駐留米軍のスタンリー・マクリスタル司令官が増派を求める戦況報告書をホワイトハウスに提出したのが8月。そのとき政府高官たちの頭に浮かんだのは、バラク・オバマ大統領が増派を決断するまでにどれくらいの時間がかかるかだった。

「数週間」とロバート・ギブス報道官は報道陣に語った。決定の「緊急性や切迫さがあるわけではない」とギブスは言う。以来ホワイトハウスは、オバマにはマクリスタルの報告書を吟味し、オプションを考える時間が必要だと繰り返してきた。

 それから1ケ月、オバマは今も考え込んでいる。10月7日には3回目のアフガニスタン戦略協議(全5回)がホワイトハウスの緊急司令室で開催された。ジョー・バイデン副大統領、ロバート・ゲーツ国防長官、ヒラリー・クリントン国務長官らが出席し、クリスタル司令官もビデオ経由で参加した。

 政府は相変わらず、決定にはさらに「数週間」かかるとしている。だが実際に大統領に残されている時間はどれくらいあるのか。

 先週末、ジェームズ・ジョーンズ大統領補佐官(国家安全保障問題担当)はCNNテレビに対し、時間は大統領に味方していると明言した。「アフガニスタンに失敗の危険が差し迫っているわけではない」とジョーンズは語っている。

 ジョーンズの言葉は正しいかもしれない。だが米議会や市民からは、ホワイトハウスに真剣な取り組みを求める圧力が高まっている。この状況は、約3年前にジョージ・W・ブッシュ前大統領が対イラク戦争の見直しを検討していたときと酷似している。

増える犠牲と高まる反戦ムード

 戦争での犠牲者が増えるにつれ、国民の不安は増す。現地の情勢が悪化する中で戦略の見直しが行われている点も、イラク戦争と同じだ。

 今年8月の駐留米軍の犠牲者は、8年前にアフガニスタン戦争が始まって以来最多となった。9月に入っても、テレビのニュースは悪化するアフガニスタン情勢でもちきりだった。全国的なメディアだけがアフガニスタン問題に関心を寄せているわけではない。地方紙は犠牲となった兵士の写真を1面に飾り続けている。

 10月4日にはジョーンズ報道官が討論番組に出演しているさなか、コロラド州フォート・カーソン陸軍基地から派兵された8人の兵士が、アフガニスタン東部で不意打ち攻撃によって命を落とした。コロラド・スプリングス・ガゼット紙によれば、同基地にとってベトナム戦争以来最悪の犠牲だという。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

仏総選挙、極右勝利なら金融危機も 財務相が警告

ビジネス

中国新規銀行融資、4月は9500億元に増加 予想を

ビジネス

三菱UFJ銀と系列2証券に処分勧告、違法に情報共有

ビジネス

ECB、指標が予想通りなら利下げ継続可能=ラトビア
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 4

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 8

    ジブリの魔法はロンドンでも健在、舞台版『千と千尋…

  • 9

    「これが野生だ...」ワニがサメを捕食...カメラがと…

  • 10

    長距離ドローンがロシア奥深くに「退避」していたSU-…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 7

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 8

    カラスは「数を声に出して数えられる」ことが明らか…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「回避」してロシア黒海艦隊に突撃する緊迫の瞬間

  • 4

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中