犬は人の表情を読んでいる──あなたが愛犬に愛されているかは「目」でわかる

FOR THE LOVE OF DOG

2023年5月25日(木)14時55分
アダム・ピョーレ(ジャーナリスト)

INSIDE STUDIO/GETTY IMAGES

<「鼻は利くが頭の悪い動物」という大いなる誤解。最新の研究が明らかにした、犬の隠された知力と感情。あなたは愛犬に愛されてますか?>

あなたの愛犬が、いま何を考えているか。それを正確に知るのは、たぶん無理だ。でも米エモリー大学の神経科学者グレゴリー・バーンズは、どうしてもその答えが知りたくてたまらない。

なぜか。愛犬ニュートンに先立たれたからだ。薄茶色の小型犬で、すごく人懐っこい性格だったが、20歳ちょっと(人間の年齢にすれば97歳)で旅立った。

喪失感は深く、いったい自分とニュートンの関係は何だったのかと考えさせられた。自分が心からニュートンを愛していたのは間違いない。でもニュートンはどうか。同じように自分を、愛してくれていただろうか?

以来、バーンズは100匹以上の犬の脳を画像診断で調べ上げた。そして2冊の本を出し、今や急速に発展しつつある「犬の認知科学」という研究分野のパイオニアとなった。

アメリカだけでも、犬の認知力に関する研究所はエール大学とデューク大学、アリゾナ大学、ポーツマス大学、バーナード大学、フロリダ大学にある。もちろん諸外国の研究機関にも専門部署がある。

広義の動物行動科学全般を見渡しても注目度の高い分野の1つと言える。国際的な共同研究計画「メニードッグズ・プロジェクト」は先頃第1次共同研究を完了し、その成果は年内にも発表される予定だ。

で、何が分かってきたか。まず、世の愛犬家がずっとひそかに信じていた事実が確認され、科学者が犬を見る目が変わった。犬は単なる「鼻は利くけれど頭の悪い動物」ではなく、人間の理想的な協力者や友達になり得る賢い動物だった。

彼らは長い年月をかけて脳神経を鍛え、抽象的な概念や複雑な社会力学を理解でき、人と協力できる動物へと進化していた。だから人の感情をかなり正確に読み取り、一定の言葉を理解し、合図を送ることもできる。

230530p18NW_SGK_02.jpg

古代ギリシャのレリーフに登場する犬 ZZVET/GETTY IMAGES

これが犬の科学の最前線。そこでは、バーンズを含む世界中の愛犬家が最も知りたい謎の解明も進んでいる。「おまえ、本当に私を愛してるかい?」という究極の問いだ。

動物の研究を行う科学者たちはこれまで、犬の認知能力をばかにする傾向にあった。その一因が、飼い慣らされたことで犬の知能は低下したという誤った認識だ。

【44%オフ 16600円】GXTRACE ゲーミングチェア【Amazon タイムセール】

(※画像をクリックしてアマゾンで詳細を見る)

ペット

極端に怖がりな犬、原因の「ビビリ脳」とその改善方法とは?

THE CANINE ANXIETY CIRCUIT

2023年5月24日(水)12時50分
メリッサ・スターリング(シドニー大学博士研究員)
犬

脳画像を解析すれば犬の「心」が見えてくる BERNADETT SZABOーREUTERS

<愛犬が興奮し無駄吠えするのは、恐怖体験で脳の「不安回路」が強化されたから>

本文を読む
ペット

攻撃性や吠え癖、犬の問題行動は飼い主のQOLに影響大...良好な関係を築くには? 3つの研究結果

YOUR DOG’S HOLD ON YOU

2023年5月23日(火)12時40分
レナータ・ローマ(カナダ・ブロック大学「子供・若者プログラム」の研究者)
犬と飼い主

犬との暮らしが幸せかどうかは、吠え癖などの望ましくない行動が生むストレスや飼い主本人の性格に左右される ELENA NICHIZHENOVA/SHUTTERSTOCK

<犬を飼うことには、人間の心身両面の健康に複数のメリットがある。だが犬との関係は複雑で、葛藤が生まれることもある>

本文を読む
事件

「ヘビは好きじゃないけどこれはひどい...」ニシキヘビをムチ同然に振り回して人を襲う男

2023年5月22日(月)21時35分
川口陽
ニシキヘビ

(写真はイメージです) Krisda Ponchaipulltawee-shutterstock

<「武器」として利用されたヘビはその後......>

本文を読む
事件

【動画】深夜の路上でニシキヘビを「ムチ」同然に使い、人を襲う男

2023年5月22日(月)19時45分
ニシキヘビ

(写真はイメージです) Spiridonov Oleg-shutterstock

<カナダ・トロントの路上でペットのニシキヘビを振り回して人を攻撃する男の映像が波紋を呼んでいる>

本文を読む
自然

シャチの群れが母子クジラを襲撃...子供を必死で守る母の姿に「胸が締め付けられる」

Watch Mother Whale Desperately Trying to Save Calf From Brutal Orca Attack

2023年5月21日(日)08時00分
アリストス・ジョージャウ
野生のシャチ

写真はイメージです Michel VIARD/Shutterstock

<オレゴン州の写真家が撮影した映像には、連携して子クジラを攻撃する9頭以上のシャチと、敵から子供を引き離そうとする母クジラの姿が>

本文を読む

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米貿易赤字、4月は23%増の746億ドル 約8年ぶ

ワールド

ロシア・南ア大統領が電話会談、ウクライナ巡り議論

ビジネス

ECB金利、ピーク達成後は当面同水準維持=アイルラ

ワールド

ペンス前副大統領、米大統領選出馬を正式表明 トラン

MAGAZINE

特集:最新予測 米大統領選

2023年6月13日号(6/ 6発売)

トランプ、デサンティス、ペンス......名乗りを上げる共和党候補。超高齢の現職バイデンは2024年に勝てるのか

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    「中で何かが動いてる」と母 耳の穴からまさかの生き物が這い出てくる瞬間

  • 2

    性行為の欧州選手権が開催決定...ライブ配信も予定...ネット震撼

  • 3

    ワグネルは撤収と見せかけてクーデーターの機会を狙っている──元ロシア軍情報部門将校 

  • 4

    自社株買いでストップ高!「日本株」の評価が変わり…

  • 5

    元米駆逐艦長が「心臓が止まるかと」思ったほど危機…

  • 6

    メーガン妃が「絶対に誰にも見られたくなかった写真…

  • 7

    「ダライ・ラマは小児性愛者」 中国が流した「偽情報…

  • 8

    プーチンは体の病気ではなく心の病気?──元警護官が…

  • 9

    マーサ・スチュワート、水着姿で表紙を飾ったことを…

  • 10

    ワグネルに代わってカディロフツィがロシアの主力に…

  • 1

    ロシアの「竜の歯」、ウクライナ「反転攻勢」を阻止できず...チャレンジャー2戦車があっさり突破する映像を公開

  • 2

    「中で何かが動いてる」と母 耳の穴からまさかの生き物が這い出てくる瞬間

  • 3

    「日本ネット企業の雄」だった楽天は、なぜここまで追い込まれた? 迫る「決断の日」

  • 4

    米軍、日本企業にTNT火薬の調達を打診 ウクライナ向…

  • 5

    「ダライ・ラマは小児性愛者」 中国が流した「偽情報…

  • 6

    敗訴ヘンリー王子、巨額「裁判費用」の悪夢...最大20…

  • 7

    【ヨルダン王室】世界がうっとり、ラジワ皇太子妃の…

  • 8

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎ…

  • 9

    どんぶりを余裕で覆う14本足の巨大甲殻類、台北のラ…

  • 10

    ウクライナ側からの越境攻撃を撃退「装甲車4台破壊、戦…

  • 1

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 2

    世界がくぎづけとなった、アン王女の麗人ぶり

  • 3

    カミラ妃の王冠から特大ダイヤが外されたことに、「触れてほしくない」理由とは?

  • 4

    「ぼったくり」「家族を連れていけない」わずか1年半…

  • 5

    F-16がロシアをビビらせる2つの理由──元英空軍司令官

  • 6

    築130年の住宅に引っ越したTikToker夫婦、3つの「隠…

  • 7

    歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、…

  • 8

    「飼い主が許せない」「撮影せずに助けるべき...」巨…

  • 9

    預け荷物からヘビ22匹と1匹の...旅客、到着先の空港…

  • 10

    キャサリン妃が戴冠式で義理の母に捧げた「ささやか…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中