最新記事
ファッション

キム・カーダシアン、コルセット姿で「完璧を超えた」ボディを披露...「非現実的な美」を推奨するなと批判も

Kim Kardashian corset photo slammed

2024年3月2日(土)19時57分
ソフィー・ロイド
キム・カーダシアン

@kimkardashian-Instagram

<お騒がせセレブのキム・カーダシアンが、メリハリのありすぎるボディラインをさらに強調するコルセット姿の写真を公開>

米セレブで実業家のキム・カーダシアンが、インスタグラムに投稿した写真をめぐって「ひどいロールモデル」だと批判されている。胸元が大きく開いたコルセットだけを着用した自身の姿を写したものだが、豊かなバストやヒップに比べてウエストが極端なほど細いプロポーションを強調しているとして、反感を買ってしまったようだ。

■【写真】カーダシアン、胸元あらわな「コルセット」姿の写真...非現実的な身体のラインで「肋骨抜いた?」

2月27日に彼女が3億6400万人のフォロワーに向けて公開したのは、フランスの高級ブランド「ミュグレー」のクリーム色のコルセットを身に着けた写真。彼女は細いウエストや幅広のヒップ、形のいいバストなど、ミュグレーの香水の瓶やランウェイのデザインにみられる象徴的なシェイプを披露し、髪はシンプルにアップにし、メイクはナチュラルにまとめた。

一部のソーシャルメディアユーザーはこの写真が気に入らなかったらしく、カーダシアンが非現実的な美の基準を促進していると非難した。

アナ・リズ・ブリトーは「これは気持ち悪い」とコメント。デボラ・マクレロンは「肋骨を2本以上取り除くとこんな風に見える。若い女性が見るのにふさわしい画像ではない」と書き込んだ。

キンバリー・ウォーカーは「内臓の位置がおかしい。人体の構造を無視している」と述べ、ハーロウ・ガーデンズは「女性の不健康なプロポーションを促進している」と批判した。

カーダシアンを「永遠の女王」と絶賛するファンも

ジーン・ローズは「不健康で不自然」だとコメントし、ヘマ・ジェイン・カティアルはカーダシアンを「ねじれたシリコン人形」になぞらえた。グレタ・セデノ・ディベキテは、「彼女は自分の娘にもこんな体形がいいと思わせたいのだろうか」と問いかけた。

本誌はこの件についてカーダシアンにメールでコメントを求めたが、返答はなかった。

一方でカーダシアンのコルセット姿を高く評価するユーザーもおり、ナタリー・ジューン・ハルクロは「夢中」と一言コメント。セネダ・グレカは「素晴らしい!」と書き込み、ダニーク・ダニエル・マリアは「圧巻」とそれに同意。@thomasorlinaは「永遠の女王」とコメントした。

キムの妹であるクロエ・カーダシアンも「すごく素敵」とコメントし、姉のコルセット姿を称賛した。

なおカーダシアンは以前、ボディポジティブとインクルーシブを掲げていながら、自身のランジェリーブランド「SKIMS」でコルセットやウエストトレーナーを販売し、非難を浴びたことがある。

コルセットの複雑な歴史は1400年代にまで遡り、初期のコルセットは鯨のひげ(歯の代わりの役割を果たすもの)などの硬い素材でつくられていた。

ファッショントレンドの変化に合わせて変化を遂げてきたものの、コルセットは女性の体を形作り細く見せるようにデザインされており、消化の問題や内臓の圧迫、尿失禁などの健康問題と関連づけられてきた。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

バイデン政権、27.7万人の学費ローン74億ドルを

ワールド

焦点:ナスカのミイラが「宇宙人」に、止まらぬ古代遺

ワールド

政治の信頼回復と先送りできない課題以外考えず=解散

ビジネス

USスチール株主総会、日鉄による買収計画を承認 9
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
特集:オッペンハイマー アメリカと原爆
2024年4月16日号(4/ 9発売)

アカデミー作品賞映画がアメリカに突き付けた、埋もれた記憶と核兵器のリアル

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 3

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...当局が撮影していた、犬の「尋常ではない」様子

  • 4

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 5

    『オッペンハイマー』:被爆者イメージと向き合えな…

  • 6

    アインシュタインはオッペンハイマーを「愚か者」と…

  • 7

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 8

    「もしカップメンだけで生活したら...」生物学者と料…

  • 9

    温泉じゃなく銭湯! 外国人も魅了する銭湯という日本…

  • 10

    猫がニシキヘビに「食べられかけている」悪夢の光景.…

  • 1

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 2

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入、強烈な爆発で「木端微塵」に...ウクライナが映像公開

  • 3

    NASAが月面を横切るUFOのような写真を公開、その正体は

  • 4

    NewJeans、ILLIT、LE SSERAFIM...... K-POPガールズグ…

  • 5

    ドイツ空軍ユーロファイター、緊迫のバルト海でロシ…

  • 6

    ドネツク州でロシアが過去最大の「戦車攻撃」を実施…

  • 7

    米スポーツライターが断言「大谷翔平は被害者。疑問…

  • 8

    金価格、今年2倍超に高騰か──スイスの著名ストラテジ…

  • 9

    ロシアの隣りの強権国家までがロシア離れ、「ウクラ…

  • 10

    犬に覚せい剤を打って捨てた飼い主に怒りが広がる...…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 3

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の瞬間映像をウクライナ軍が公開...ドネツク州で激戦続く

  • 4

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 5

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 6

    野原に逃げ出す兵士たち、「鉄くず」と化す装甲車...…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    巨匠コンビによる「戦争観が古すぎる」ドラマ『マス…

  • 9

    ケイティ・ペリーの「尻がまる見え」ドレスに批判殺…

  • 10

    『オッペンハイマー』日本配給を見送った老舗大手の…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中