最新記事

ドキュメンタリー

マイケル・ムーアの豊かな国探し

Michael Moore Goes To Europe

新作ドキュメンタリーでヨーロッパに乗り込んだ社会派監督の哀れ

2016年1月27日(水)14時36分
ニナ・バーリー

タブー知らず アメリカの社会保障制度を批判するマイケル・ムーア監督 Rob Kim-GETTY IMAGES

 マイケル・ムーア監督の新作『次はどこを侵略しようか(Where to Invade Next)』(日本公開は未定)は、ムーアが米軍幹部から相談を受けたという想定で始まる。

「マイケル、私たちは途方に暮れている」と、ムーアは軍人の声をまねて言う。「最後に勝利したビッグな戦争、すなわち第二次大戦以来、アメリカは連敗を喫している」

 そこでムーアは答える。「俺に任せてくれ」

 こうしてムーアは、空母に乗り込み旅に出る。広大な甲板でアメリカ国旗をはためかせ、「USA!」と威勢のいい声を上げながら。目指すは「俺が名前をちゃんと発音できる白人の国」からなるヨーロッパだ。ただし欲しいのは石油ではなく、社会を機能させるアイデアだ。

 まず向かったのはイタリア。「誰もが、いまセックスをしたばかりみたいに見える」国だ。ムーアはそこでセクシーな中流カップル(男性は警官で女性はデパートのバイヤー)から、イタリアでは誰もが年8週間の有給休暇を取れると聞かされる。

 イタリアの女性には有給の産休もある。イタリアだけではない。世界中の国が、妊産婦に有給の産休を認めている。ムーアに言わせれば、それがないのは「カネが掛かり過ぎて導入できない」パプアニューギニアとアメリカの2カ国だけだ。

 次にムーアは、高速鉄道でフランスのある町に移動する。この町で一番おいしいレストランは、公立学校のカフェテリアだ。そこでは小学生が4皿のランチ(カレー風味のホタテの前菜、子羊とチキンのクスクス、チーズ、デザート)を食べている。

 ムーアは子供たちにコーラを勧める。学校には自動販売機がないから、アシスタントに買いに行かせたものだが、誰も手に取ろうとしない。カフェテリアのシェフにアメリカの公立学校の昼食の写真を見せると、「これは食べ物じゃない。かわいそうに」と言われてしまう。

所得税の6割が軍事費に

 そこでアメリカのテレビ番組の映像が挿入される。シンクタンクのケイトー研究所の専門家と、ラジオ番組司会者のラッシュ・リンボーが、ヨーロッパ諸国の法外な税金を批判する。

 確かにフランスの税金は、アメリカよりも少しばかり高いことを示すグラフを、ムーアは映し出す。しかし続いて、その税金によってフランスで提供されている行政サービスの一覧を示す。医療保険、産休、料金が安くてきめ細かく整備された公共交通機関、育児支援......。そのリストは延々と続く。

ニュース速報

ビジネス

18年度のPB中間目標は達成困難、見直し含め検討へ

ワールド

製薬大手各社が3年間で5000万ドル投資、貧困国の

ワールド

オバマケア、共和党員の25%が撤回反対=ロイター/

ビジネス

為替の安定重要、緊張感もって見守る=トランプ氏発言

MAGAZINE

特集:トランプ・ワールドの希望なき幕開け

2017-1・24号(1/17発売)

ドナルド・トランプがついに米大統領就任へ──。「異次元の政治家」にできること、できないこと

人気ランキング

  • 1

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 2

    トランプ大統領就任式ボイコット続出、仕掛け人のジョン・ルイスって誰?

  • 3

    ベーシックインカム、フィンランドが試験導入。国家レベルで初

  • 4

    太陽光発電の発電コストが石炭火力発電以下に。ソー…

  • 5

    トランプごときの指示は受けない──EU首脳が誇り高く…

  • 6

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 7

    英メイ首相、EUの単一市場と関税同盟からの撤退表明へ

  • 8

    トルコ航空貨物機、キルギスで墜落 少なくとも20人…

  • 9

    『ローグ・ワン』全米興業で首位、中国の若者にはウ…

  • 10

    ナイジェリアを「金で買った」中国――「一つの中国」…

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターなどSNS大炎上

  • 3

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 4

    「南シナ海の人工島封鎖なら、米国は戦争覚悟すべき…

  • 5

    オバマ、バイデン副大統領に最後のサプライズで勲章…

  • 6

    トランプの娘婿クシュナーが大統領上級顧問になる悪夢

  • 7

    南シナ海の人工島封鎖で米中衝突が現実に?

  • 8

    ロシアのサイバー攻撃をようやく認めたトランプ

  • 9

    ダライ・ラマ制裁に苦しむ、モンゴルが切るインドカ…

  • 10

    北朝鮮が国家ぐるみで保険金詐欺、毎年数十億円を稼ぐ

  • 1

    オバマ米大統領の退任演説は「異例」だった

  • 2

    キャリー・フィッシャー死去、でも「2017年にまた会える」

  • 3

    「知能が遺伝する」という事実に、私たちはどう向き合うべきか?

  • 4

    トルコのロシア大使が射殺される。犯人は「アレッポ…

  • 5

    トランプ当選初会見でメディアを批判 ツイッターな…

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    日本の制裁措置に韓国反発 企画財政省「スワップ協…

  • 8

    韓国ユン外交部長官「釜山の少女像は望ましくない」

  • 9

    安倍首相の真珠湾訪問を中国が非難――「南京が先だろ…

  • 10

    独身男性の「結婚相手は普通の子がいい」は大きな間…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

日本の観光がこれで変わる?
リクルート
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 臨時増刊

世界がわかる国際情勢入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2017年1月
  • 2016年12月
  • 2016年11月
  • 2016年10月
  • 2016年9月
  • 2016年8月