最新記事

テクノロジー

グーグルの「スマート・ジーンズ」は使えるか

Welcome to the New Wave of Wearable Technology

布地に電気回路を縫い込みスマホ画面のように使えたら便利なのか?

2015年6月22日(月)16時37分
アリス・ハートデイビス

失敗作 グーグルのエリート開発チームが考えることは荒唐無稽 Thomas Peter-REUTERS

 動きが速いサイバー領域では、スマートフォンもスマートウオッチも既に過去のもの。だが、ジーンズがコンピューターになるとしたら、新しい。
 
 グーグルの「最新技術プロジェクト(ATAP)グループ」が先月末に発表したプロジェクトのなかでも、観衆の想像力を最も刺激したのが、プロジェクト・ジャカード。ジャカード布でできた服をコンピューターにつなごうというものだ。

 縦糸と横糸でできている布地は、面白いことに、タッチスクリーンに付いている電子回路と構造が似ている。一部の糸を回路に置き換えれば、理論上は、服がセンサーになり、スマホやタブレットと同じように、我々の指の動きをパターン認識できるようになる。他に必要なのは、シグナルを受け取りスマホに送る、ボタン大の小さなデバイス。

 グーグルATAPのテクニカルプログラムの責任者イワン・ピプレフは、プロジェクト・ジャカードは「身の回りの基礎的な材料を交信可能にすることだ」と説明する。

 ATAPのプロジェクトはいつも成功するわけではない。同じウエアラブルでもグーグル・グラスは失敗作だ。だが。ジャカード計画の面白いところは、本当に将来性がありそうなこと。ファッション評論家たちも同意見だ。

「大きなイエスよ」と、ファッショントレンド予測会社WGSNのシニアエディター、ソフィー・ルーシー・ドウルフは言う。グーグル・ジャカードも、スイスの繊維会社フォースター・ローナーが作るスマート・ファブリックも、必ず市場で成功すると請け合う。

 電子回路が付いて洗濯もできるe-ファブリック技術はまだ生まれたばかりだが、既に繊維産業を作り変えはじめている。デザイナーたちが、大きな可能性を秘めたこの新しい素材を見い出し、実験を始めているからだ。

 伝導性の糸は、実はそれほど新しくない。ラルフ・ローレンは昨年、「ポロ・テック」シャツを発売した。ストレッチがきいたぴったりしたシャツで、心拍数や呼吸数などの生体データを測ることがき、データをiPhoneに送ることもできる。

ニュース速報

ビジネス

米個人消費支出、7月は0.3%増 インフレ圧力は引

ビジネス

独貿易業連合会、16年輸出見通し引き下げ 英EU離

ビジネス

金融庁、地銀対象に新検査体制導入へ 2グループ制に

ビジネス

日本株、独歩高のカラクリ 特殊な需給要因

MAGAZINE

特集:トランプの黒歴史

2016-9・ 6号(8/30発売)

アメリカ大統領選を揺さぶり続けるトランプ──。「不動産王」が語りたがらないビジネスの汚点とは

人気ランキング

  • 1

    インドネシアが南シナ海に巨大魚市場──対中強硬策の一環、モデルは築地市場

  • 2

    中国、安倍首相のアフリカ訪問を警戒――日本を常任理事国入りさせてはならない!

  • 3

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 4

    G20と「人民の声」の狭間で――中国、硬軟使い分け

  • 5

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 6

    黒人射殺事件の連鎖を生む元凶は

  • 7

    マイナス金利「量・質とも緩和余地ある」黒田日銀総裁

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 10

    「ブルキニ着用禁止法は違憲、国内の緊張高める」仏カズヌーブ内相

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 3

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 4

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 7

    日本の貧困は「オシャレで携帯も持っている」から見えにくい

  • 8

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 9

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 10

    実情と乖離した日本の「共産主義礼賛」中国研究の破綻

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 5

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 6

    日銀は死んだ

  • 7

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 8

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 9

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!

コラム

パックン(パトリック・ハーラン)

芸人も真っ青? 冗談だらけのトランプ劇場

小幡 績

日銀は死んだ

STORIES ARCHIVE

  • 2016年8月
  • 2016年7月
  • 2016年6月
  • 2016年5月
  • 2016年4月
  • 2016年3月