最新記事

町家の建築文化と現代の融合

ニッポン大好き!

鉄ちゃんからキャラ弁、憲法9条まで
外国人の匠が語る日本文化の面白さ

2010.05.21

ニューストピックス

町家の建築文化と現代の融合

Geoffrey P. Moussas

ジェフリー・ムーサス(建築家、「Design 1st」代表)

2010年5月21日(金)12時08分
佐野尚史

伝統と革新 ムーサス(手前)が改築を手がけた京都市内の武具店「東山堂」 CHRISTIAN ORTON

「見せたいものがあるのでついてきてください」

 ジェフリー・ムーサスが記者を案内するのは京都市山科区の住宅改築現場。数奇屋風の広い邸宅内を彼について行くと、家の隅に忘れ去られたような古い蔵が現れた。「見事な蔵でしょう? これも生かす改築をしていくんです」

 今では入手困難な良質の木材を使う築90年の家は、最初は取り壊される予定だった。だがムーサスの説得によって、改築することになった。「良い物を残しつつ、歴史ある建物を現代の生活に合わせることはできる」と彼は言う。

 こう考えるようになったきっかけは、京都の町家を3年かけて修復した経験だ。マサチューセッツ工科大学(MIT)の大学院を卒業したムーサスは、日本の建築家、槇文彦と谷口吉生の下で働いた後、伝統建築を多く手がける京都の中村外二工務店へ。同時に、知人に紹介された築90年の町家を自分の手で直して住むことにした。

 11年間空き家だったため荒れ果てていたものの、彼にとってその町家は格好の「教材」になった。「大工の技、素材へのこだわり、自然を身近に感じさせる坪庭、建具が可能にする空間のフレキシビリティー----町家には日本の歴史や美意識、先人の息遣いが詰まっている」とムーサスは語る。

 01年に設立した「Design 1st」の事務所としても使うこの町家からは、歴史がかもす美しさや品が感じられる。一方で、寒々い土間の台所に床暖房をつけるなど、生活上の利便性も確保した。

 最近の施工例では、より大胆に伝統と現代性を融合させている。京都市内の町家建築の武具店「東山堂」を改築したときは、入り口付近の天井と壁を取り払い、吹き抜けの空間とショーウインドーを創出。内部には鉄を多用しているが、梁の延長に見せるなどの工夫で違和感を消している。「現代の材料を組み合わせることはコストパフォーマンスがいいだけではない」と、ムーサスは言う。「昔の職人にはできなかった付加価値も出せる」

 いま新たに挑んでいるのが、大型マンションの設計だ。08年に出版した書著『「縁側」の思想』を読んだ建設会社の社員から、設計チームに加わらないかと声をかけられた。既定の基礎構造の中に間取りをデザインするのが彼の役割だ。「今回の仕事は限定的だが、いつか町家が培ってきたような建築文化を日本のマンションに取り入れたい」と、ムーサスは言う。

 現代建築と日本の伝統建築を知り尽くした彼のアイデアから、画一的な間取りに代わる新たなスタンダードが生まれるかもしれない。

[2008年10月15日号掲載]

ニュース速報

ビジネス

米大手金融機関、ボーナス「ゼロ」のトレーダーも

ワールド

アングル:米石炭業界雇用は多くの州で減少、トランプ

ワールド

スペイン、カタルーニャ前州首相の拘束をデンマークに

ワールド

訂正:トルコ軍、シリアへ越境攻撃 クルド人勢力との

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「3.9+5.1=9.0」が、どうして減点になるのか?

  • 3

    アルツハイマー病に効く? 意外な薬

  • 4

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 5

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 6

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新…

  • 7

    激怒する韓国選手も 北朝鮮と平昌五輪統一チーム結…

  • 8

    アメリカの「政府機関閉鎖」と「債務上限問題」の基…

  • 9

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 10

    期待に応えず、他人に期待しないほうがうまくいく理由

  • 1

    日本の2社しか作れない、世界の航空業界を左右する新素材

  • 2

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    子ども13人を劣悪な環境で監禁拷問した両親を逮捕 …

  • 5

    暴落を予言?バフェットが仮想通貨に冷や水を浴びせ…

  • 6

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 7

    ウディ・アレン「小児性愛」疑惑を実の息子が告発

  • 8

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 9

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 10

    「地球の気温は250度まで上昇し硫酸の雨が降る」ホー…

  • 1

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 2

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 3

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇を生んでいる

  • 4

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 5

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

  • 6

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に…

  • 9

    ビットコイン調整の陰で急騰する仮想通貨「リップル…

  • 10

    iPhoneXは期待外れ

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月
  • 2017年8月