ニューストピックス

Newsweekアーカイブ&スペシャルリポート

歴史を変えるブレグジット国民投票

歴史を変えるブレグジット国民投票

経済格差や難民危機など欧州の矛盾が凝縮した一票。結果がEU残留でも、影響は離脱予備軍の国々やEU、世界に及ぶ

2016.06.23

経済ニュースの文脈を読む 加谷珪一

EUを離脱した英国は「ノルウェー化」か「中国蜜月」を目指す?

<英EU離脱問題で、残留を織り込んでいた市場にはショックが走った。今後もしばらくは不安定な動きが続くだろうが、金融危機は起こっていない。懸念…

2016.06.27
国際政治の読み解き方 細谷雄一

イギリスは第2のオーストリアになるのか

<第一次大戦により、オーストリア帝国は国家解体に至ったが、その指導者達は国が解体するとは夢にも思っていなかったはずだ。100年が過ぎた今、ナ…

2016.06.27
転機の日本経済 小幡 績

英国EU離脱は、英国の終わり、欧州の衰退、世界の停滞をもたらす

 英国の国民投票は、EU離脱支持が残留支持を上回り、今後2年をかけて離脱することが決まった。ただし、政治的に、これをもう一度やり直すという可…

2016.06.24
英EU離脱

【年表】イギリスがEUを離脱するまで(1952-2016)

2016.06.24
英EU離脱

スコットランド、EU残留のため英から独立へ=首相示唆

2016.06.24
欧州インサイドReport 木村正人

EU離脱派勝利が示す国民投票の怖さとキャメロンの罪

 欧州連合(EU)残留・離脱を問う英国の国民投票は衝撃的な「離脱」を選択した。離脱派の英国独立党(UKIP)のナイジェル・ファラージ党首はい…

2016.06.24
ブレグジット

イギリス国民はEU離脱を選択! 金融市場大荒れ、キャメロン首相「辞任の意向」

2016.06.24
イギリス

イギリスがEU国民投票で離脱を決断へ──疑問点をまとめてみた

2016.06.24
EU離脱

英議員殺害で変わった? EU離脱をめぐる「憎悪の応酬」

2016.06.23
イギリス

EU離脱なら失業と新自由主義がやってくる

2016.06.21
EU離脱

【EU残留派ネコ】ブレグジットはボクも心配だニャ~!

2016.06.21
イギリス

英EU離脱投票:暴走するワーキングクラスの怒り

2016.06.21
英EU離脱

6月24日イギリス国民投票結果はEU離脱! その後のシナリオは......

2016.06.20
英EU離脱

【まとめ】イギリスEU離脱を問う国民投票23日、結果判明までの流れ

2016.06.18
国民投票

イギリスの漁師は90%がEU離脱支持──農家は半々

2016.06.14
欧州インサイドReport 木村正人

英国のEU離脱問題、ハッピーエンドは幻か

 欧州連合(EU)にさらに権限を委譲すべきだと答えた英国人はわずか6%、それに対してEUから権限を取り戻すべきだと回答したのは65%――英国…

2016.06.09

MAGAZINE

特集:中国が北朝鮮を見捨てる日

2017-10・ 3号(9/26発売)

核とミサイルを手に恫喝を繰り返す北朝鮮 「血の友情」で結ばれたはずの中国はどう出るのか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    北朝鮮、太平洋での水爆実験あり得るか? 専門家は「大災害」を指摘

  • 2

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 米朝、非難の応酬

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「核保有国」北朝鮮と世界は共存できるのか

  • 5

    金正恩の狂人っぷりはどこまで本物か?

  • 6

    北朝鮮の次はNFLを「口撃」、スポーツまで敵に回した…

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 9

    13年ぶり凱旋、トヨタのでかいピックアップ車は売れ…

  • 10

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 7

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    北朝鮮「ロケット米全土到達」警告にトランプ反発 …

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 3

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 4

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    フィンランドで隠し撮りされた「怪物」の悲劇

  • 8

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 9

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 10

    【戦争シナリオ】北朝鮮はどうやって先制攻撃してく…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!