コラム

中国的特色だらけのアジア大会...シリアのアサド大統領を大歓迎、反米の英雄として賛美

2023年10月17日(火)12時20分
ラージャオ(中国人風刺漫画家)/トウガラシ(コラムニスト)
©2023 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

©2023 REBEL PEPPER/WANG LIMING FOR NEWSWEEK JAPAN

<アジア大会直前、中国はわざわざチャーター便を飛ばしてアサド夫妻を出迎えた>

「華々しく輝く中国の特色とアジアの姿を世界に示す」。これは、先月下旬に浙江省杭州市で行われた第19回アジア競技大会開幕式での習近平(シー・チンピン)国家主席の挨拶だ。「アジアの姿」はともかく、「中国の特色」はこの大会で際立っていた。

最注目は、シリアのアサド大統領の訪中だろう。アジア大会直前、中国はわざわざチャーター便を飛ばしてアサド夫妻を出迎えた。それだけでなく、1600年を超える歴史を持つ杭州市の仏教寺院・霊隠寺の慣例を破って「開かずの正門」を大きく開け、2人を大歓迎。自国民を無差別に虐殺して国際社会から制裁されている独裁者を、反米の英雄として賛美した。

「敵が反対するものをわれわれは断固として擁護する」と、かつて毛沢東は語った。敵の敵は味方であり、団結すべき──この中国外交の特色は毛沢東時代から現代まで少しも変わっていない。アメリカをはじめとした共産党政権と価値観がそもそも違う西側諸国は、一度も中国から仲間と見られたことはない。

この大会の男子卓球で日本対イラン戦が、男子サッカーで日本対北朝鮮戦が行われた時、中国の観客はこぞって「イラン頑張れ!」「北朝鮮頑張れ!」と叫んだ。新型コロナウイルスの感染が最初に始まったとき、日本が武漢へ贈った感染症対策物資の箱に書かれた「山川異域、風月同天」という詩に、たくさんの中国人が感動した。とはいえ、コロナ禍が収束した現在、敵はやはり敵、味方はやはり味方。社会主義中国の「老朋友」であり、同じ専制国家のイランと北朝鮮への応援は当然だ。

もう1つの中国の特色は「集中力量弁大事(国の力を挙げて大きな成果を遂げる)」である。アジア大会期間中の杭州は、急にハイテク都市となり、公共トイレにまで顔認識システムが導入された。高速道路の両側だけではなく、市民のマンションの部屋のベランダにも、政府が手配したクレーン車で花が並べられた。

「全ての花の開花期は決められている。アジア大会期間中に一斉に咲かなければならない。たとえ一輪だって咲きたくないとは言えない。絶対!」。冗談交じりのSNSの投稿だが、中国の最大の特色である権力の強大さがよく分かる。

ポイント

山川異域、風月同天
「山川、域を異にすれども 風月、天を同じうす(離れていても、つながっている)」。唐代の高僧で、仏教の戒律を伝えるため奈良時代の日本に渡った鑑真の伝記からの引用。

集中力量弁大事
鄧小平が改革開放政策を呼びかけた1992年の南巡講和の中で発した言葉。社会主義体制の優位性を生かして国家の力を集中し、高度経済成長を実現することを求めた。

プロフィール

風刺画で読み解く中国の現実

<辣椒(ラージャオ、王立銘)>
風刺マンガ家。1973年、下放政策で上海から新疆ウイグル自治区に送られた両親の下に生まれた。文革終了後に上海に戻り、進学してデザインを学ぶ。09年からネットで辛辣な風刺マンガを発表して大人気に。14年8月、妻とともに商用で日本を訪れていたところ共産党機関紙系メディアの批判が始まり、身の危険を感じて帰国を断念。以後、日本で事実上の亡命生活を送った。17年5月にアメリカに移住。

<トウガラシ>
作家·翻訳者·コラムニスト。ホテル管理、国際貿易の仕事を経てフリーランスへ。コラムを書きながら翻訳と著書も執筆中。

<このコラムの過去の記事一覧はこちら>

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

米共和党予備選、トランプ氏が勝利 サウスカロライナ

ワールド

ウクライナ侵攻が3年目突入、甚大な犠牲と細る国際的

ワールド

月面着陸した米企業の無人宇宙船、横倒しの状態に 通

ワールド

アングル:今年は山火事増加も、米で懸念される深刻な
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    ビートルズの伝説が始まったあの「初登場」から60年...熱狂の中、本人たちは「卑下」していた

  • 3

    ゴールドカードだけの感動体験を...新時代に「新たな価値」を生む新ゴールドカードを、アメックスが発表

  • 4

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 5

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 6

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    「引退すべき」「チケット高いのに...」マドンナが「…

  • 9

    メーガン妃は今でも「プリンセス」なのか?...結婚で…

  • 10

    胸元あらわなコルセットドレス...テイラー・スウィフ…

  • 1

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 2

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 3

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 7

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 8

    米メディアのインタビュー中、プーチン大統領の「足…

  • 9

    ウクライナ軍ブラッドレー歩兵戦闘車の強力な射撃を…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    情報錯綜するイリューシン76墜落事件、直前に大きな…

  • 7

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 10

    中国の原子力潜水艦が台湾海峡で「重大事故」? 乗…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story