コラム

ホームレスの写真を商業写真家が撮る理由

2017年04月11日(火)15時50分
ホームレスの写真を商業写真家が撮る理由

From John Crawford @johnniecraw

<ニュージーランドで3年以上にわたりホームレスを撮り続けているジョン・クロフォード(66歳)。もともとコマーシャル(商業写真)、コーポレイト(企業写真)の写真家で、インスタグラムが彼の作品に光を当てた>

写真を含めたアートコミュニティにはかなりの偏見と差別がある。意図的ではないにしても欧米中心になっている。中国や日本のアーティストがもてはやされることがあっても、それは一部あるいは一過性のことがほとんどだ。

そんなか、ここ数年のインスタグラムの台頭は確実に大きな影響を与え始めている。このブログで何度か紹介したようにイランの写真家たちが大きなボリュームを持って注目され始めている(例えば「なぜイランには自分自身を撮る写真家が多いのか」「24歳イラン人写真家のストールン・モーメント」など)し、今回紹介するニュージーランドの写真家もその表れだ。

写真が大きな趣味であった脳外科医の父親のもとで、8歳の時から暗室作業にも親しんでいたというジョン・クロフォードその人である。オークランド在住の66歳の大ベテランで、社会に出てからは、コマーシャル(商業写真)、コーポレイト(企業写真)の写真家をバックグラウンドとしてきた。

彼のインスタグラム・ギャラリーでの作品は、大半が白黒写真だ。すべてiPhone で、Hipstamatic(ヒップスタマティック)というアプリを使って撮影されている。フィルム時代にあった「ダイアナ」というプラスチック製のトイカメラを気に入っていたこともあって、それと似た雰囲気をつくり出してくれるからだという。またその正方形のフォーマットも、より開放的だから非常に気に入っていると語った。

とはいえ、彼の作品において大きな魅力を発している社会派的なポートレイトは、ヒップスタマティックのデジタルレンズやデジタルフィルムの特質を効果的に使っているだけではない。被写体に対する距離感、構図、そして"決定的瞬間"もしっかりと把握したものだ。

プロフィール

Q.サカマキ

写真家/ジャーナリスト。
1986年よりニューヨーク在住。80年代は主にアメリカの社会問題を、90年代前半からは精力的に世界各地の紛争地を取材。作品はタイム誌、ニューズウィーク誌を含む各国のメディアやアートギャラリー、美術館で発表され、世界報道写真賞や米海外特派員クラブ「オリヴィエール・リボット賞」など多数の国際的な賞を受賞。コロンビア大学院国際関係学修士修了。写真集に『戦争——WAR DNA』(小学館)、"Tompkins Square Park"(powerHouse Books)など。フォトエージェンシー、リダックス所属。
インスタグラムは@qsakamaki(フォロワー数約9万人)
http://www.qsakamaki.com

ニュース速報

ビジネス

中国全国の新築住宅価格、11月は前月比+0.3%

ビジネス

米共和党指導部、税制改革法案の週内可決・成立に自信

ビジネス

中国の中央経済工作会議、18日開幕=新華社

ビジネス

中国人民銀、14日物リバースレポ金利を2.65%に

MAGAZINE

特集:日本を置き去りにする作らない製造業

2017-12・19号(12/12発売)

ものづくり神話の崩壊にうろたえる日本。新たな形の製造業が広がる世界

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    歴史的急騰が続くビットコイン 仕掛人は意外にも日本の個人投資家

  • 3

    ひき肉の偽装表示も99%の精度で暴く

  • 4

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 5

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 6

    孤独なオタクをのみ込む極右旋風

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    金正恩の「聖地登山」はインスタ映え狙って演出か …

  • 9

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 10

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 1

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査機の疑いで調査へ

  • 2

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代から生きてきた

  • 3

    北朝鮮の消えた政権ナンバー2は処刑されたのか?

  • 4

    中国が密かに難民キャンプ建設──北朝鮮の体制崩壊に…

  • 5

    高いIQは心理・生理学的に危険――米研究

  • 6

    北の核実験で広がる「幽霊病」と苛酷な仕打ち

  • 7

    EVとAIで人気のテスラ ささやかれる「自動車製造を…

  • 8

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 9

    ビットコインのために自宅を担保にするバカ、米当局…

  • 10

    習近平、「南京事件」国家哀悼日に出席――演説なしに…

  • 1

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 2

    北朝鮮「亡命兵士」の命を脅かす寄生虫の恐怖

  • 3

    金正恩を倒すための「斬首部隊」に自爆ドローンを装備

  • 4

    米朝戦争になったら勝つのはどっち?

  • 5

    「ICBM発射映像に炎に包まれる兵士」金正恩が目撃し…

  • 6

    太陽系の外からやってきたナゾの天体、宇宙人の探査…

  • 7

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 8

    推定500歳!地上で最古の脊椎動物はガリレオの時代か…

  • 9

    北朝鮮外務省が声明「戦争勃発は不可避、問題はいつ…

  • 10

    「軍事衝突は近い。国防総省は在韓米軍の家族を退避…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

胎内のような、安心感のなかでイマジネーションを膨らませる。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク日本版デザイナー募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!