プレスリリース

第15回「顔と心と体セミナー」6月22日に四ツ谷にて開催、参加者募集 婦人科がんの予防と治療の最新情報について講演

2024年05月28日(火)17時00分
公益社団法人 顔と心と体研究会(所在地:東京都新宿区、代表理事:内田嘉壽子(かづきれいこ))は、第15回「顔と心と体セミナー」を2024年6月22日(土)に開催します。現在、参加者を募集しております。

医学博士、公益財団法人がん研有明病院健診センター勤務の宇津木久仁子先生をお迎えし、「女性のがんについて考える~予防と治療の最新情報」と題してお話しいただきます。セミナー終了後には、社員総会と懇親会(ともに会員限り)を行い、顔と心と体研究会の諸活動をご報告し、また会員間の親睦を深めたいと考えております。


日時 :2024年6月22日(土) 13:30~14:40(13:00より受付)
会場 :コモレ四谷タワーコンファレンス STUDIO & LOUNGE
(新宿区四谷1-6-1 コモレ四谷 四谷タワー3階)
JR四ツ谷駅・東京メトロ南北線四ツ谷駅 徒歩1分、
東京メトロ丸ノ内線四ツ谷駅 徒歩3分
https://comore-yotsuya.jp/access/
定員 :会場 50名/オンライン 40名
参加費 :一般 2,500円/当法人正会員 2,000円
申込締切:6月14日(金)
申込 :公益社団法人 顔と心と体研究会 ホームページよりお申込み下さい。
https://www.kaokokorokarada.org/seminar_15/

<スケジュール>
13:00~13:30 開場・受付
13:30~14:40 宇津木久仁子先生
「女性のがんについて考える~予防と治療の最新情報」
14:40~15:30 【会員限定】
令和6年度 公益社団法人 顔と心と体研究会通常社員総会
15:30~17:00 【会員限定】
公益社団法人 顔と心と体研究会・有限会社かづきれいこ 懇親会


■講師プロフィール

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/395841/LL_img_395841_1.png
宇津木久仁子先生

宇津木久仁子先生(うつぎくにこ)(医学博士)は、長年、がん研有明病院に勤務される、婦人科がんのエキスパートです。

<略歴>
1983年 山形大学医学部卒業、山形大学医学部産婦人科
1989-1991年 米国ベイラー医科大学研究員
1991年 山形大学医学部付属病院産婦人科助手
1994年 がん研病院婦人科
2011年 婦人科副部長、リンパケア室長
2019年 健診センター検診部部長
2024年 非常勤医師


■団体概要
団体名 : 公益社団法人 顔と心と体研究会
代表者 : 代表理事 内田嘉壽子(かづきれいこ)
所在地 : 〒160-0017 東京都新宿区左門町20 四谷メディカルビル5F
設立 : 2000年7月(2014年10月公益法人として認可される。)
事業内容: (1)メイクボランティア活動
(2)調査研究活動
(3)普及啓発活動
(4)メンタルメイクセラピスト資格認証事業
URL : https://www.kaokokorokarada.org/

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/395841/LL_img_395841_2.jpg
かづきれいこ

内田嘉壽子(かづきれいこ)
傷ややけどなどの痕をカバーし、それに伴う精神的ケアも行うメイクを自ら開発。生まれつき心臓病を抱え、肌の悩みを感じていた経験を踏まえ、心も体も健康になるためのメイクの啓発活動を展開。メイクの価値を高めるため「外観の社会学」「外観の化粧学」「化粧の心理学」をテーマに講演活動も行っている。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

エヌビディア時価総額3.336兆ドル、世界トップ 

ビジネス

米セントルイス連銀新総裁、利下げに慎重 「インフレ

ビジネス

FRB、年内利下げ開始適切 インフレ低下の兆し=ク

ビジネス

米鉱工業生産、5月製造業は0.9%上昇 予想上回る
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 2

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 3

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...ウクライナがドローン「少なくとも70機」で集中攻撃【衛星画像】

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 6

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 7

    ルイ王子の「くねくねダンス」にシャーロット王女が…

  • 8

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 9

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 10

    中国不動産投資は「さらに落ち込む」...前年比10.1%…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 6

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中