Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.3.28号(3/21発売)

特集:ミャンマー 語られざる民族浄化

2017年3月28日号(3/21発売)

Cover Story

民主化したミャンマーで続く現代のホロコースト。虐殺され続けるロヒンギャになぜ世界は無関心なのか

アジア ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺
人権 バングラデシュの無慈悲な救済策

欧州を揺るがす要注意人物

ドイツ政治 極右政党AfDの実力と女性党首ペトリーの素顔

迷走するポスト朴の韓国

政治 大統領は弾劾したが社会の分断は深まるばかり
【PERISCOPE】
InternationaList
UNITED STATES トランプvs「大人」のメルケル
NETHERLANDS ポピュリズム政党敗退の裏側
SOMALIA ソマリア海賊が5年ぶりに発生した訳
EUROPEAN UNION 「スカーフ禁止はOK」判決の波紋
YEMEN イエメン飢餓をトランプは見捨てる?
TURKEY 難民でEUを脅すトルコの本当の狙い
SCOTLAND 「残留派」が独立を求める皮肉
BELARUS ベラルーシでパラサイト税に抗議の嵐
UNITED STATES 暴言王もつらいよ?
CENTRAL ASIA グレート・ゲームに変化の風が
Asia
JAPAN 南スーダン撤退と積極的平和主義の限界
PHILIPPINES 強権ドゥテルテに弾劾申し立て
CHINA 中国、南シナ海支配へまた一歩
Business
NAFTA見直しは中国を利する危険をはらむ
People
英王子2人のキャラが逆転?、ほか
【FEATURES & ANALYSIS】
米政権 まともな閣僚を冷遇するトランプ
米外交 影薄い国務長官の同行記者は1人だけ
政策 「国連嫌い」トランプ政権の牽制球
アフガニスタン タリバンとの戦いに勝つカギ
中東 困窮エジプト、無謀な宇宙開発
環境 石油も環境破壊も無縁な合成ゴム
【LIFE/STYLE】
Art 再び輝きを増す草間彌生ワールドへ
Music 王者メタリカは「永遠の探求者だ」
Theater 『サンセット大通り』主役はこの私
Movies SF版タイタニック『パッセンジャー』の違和感
Movies あの俳優の美声に注目!『SING』
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 中国「ロッテたたき」の落とし穴
Picture Power 軍事用カメラと難民のむき出しの生

MAGAZINE

特集:対中国の「切り札」 インドの虚像

2017-9・26号(9/20発売)

中国包囲網、IT業界牽引、北朝鮮問題解決...... 世界の期待が高まるが、インドの実力と真意は不透明だ

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 3

    北朝鮮外相「太平洋でかつてない規模の水爆実験」示唆

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    ペットショップは「新品」の犬を売ってはいけない

  • 6

    日本はなぜここまで教育にカネを使わないのか

  • 7

    ラットの頭部移植に成功 年末には人間で?

  • 8

    猫は固体であると同時に液体でもあり得るのか!? 

  • 9

    世界初の頭部移植は年明けに中国で実施予定

  • 10

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 4

    AV強要の実態に、胸を締めつけられ、そして驚かされる

  • 5

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 6

    トランプ、北朝鮮の「完全破壊」を警告 初の国連演…

  • 7

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(後編)

  • 8

    ロヒンギャを襲う21世紀最悪の虐殺(前編)

  • 9

    北朝鮮暴走に対する中国の見解――環球時報社説から

  • 10

    性科学は1886年に誕生したが、今でもセックスは謎だ…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    ビンラディンの「AVコレクション」が騒がれる理由

  • 4

    北朝鮮問題、アメリカに勝ち目はない

  • 5

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 6

    強気の北朝鮮 メディアが報じなかった金正恩の秘密…

  • 7

    イルカの赤ちゃんはなぶり殺しだった

  • 8

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 9

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 10

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
ニューズウィーク試写会「ザ・サークル」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!