Magazine&Books 雑誌・別冊・書籍

雑誌『ニューズウィーク日本版』のご案内

2017.4. 4号(3/28発売)

特集:フランス大統領選 ルペンの危険度

2017年4月 4日号(3/28発売)

Cover Story

4月末のフランス大統領選で大躍進が見込まれる極右・国民戦線の女性党首ルペンが支持を広げる理由

仏大統領選 「ルペン大統領」誕生の意外な公算
■戦略 「脱極右」を演出するマリーヌの懐刀
仏経済 反EUでフランスは世界経済のお荷物に
政治思想 ルペンは新しいドゴールなのか

北朝鮮問題を動かす禁断の構想

オピニオン もはや米中は「朝鮮統一」という大胆目標でしか核武装を止められない?
【PERISCOPE】
InternationaList
SOUTH KOREA 沈没船浮上は新生・韓国の象徴?
CHINA 「新型大国関係」発言は失言かへつらいか
SCOTLAND 独立住民投票へ決断間近
BRAZIL 汚職大国ブラジルで発覚した食肉汚染
BY THE NUMBERS 最低支持率トランプは「知性あり」?
JAPAN プーチンににじり寄る安倍の思惑
AFGHANISTAN 中国とアフガン軍が狙うウイグル人掃討
JAPAN 「籠池劇場」に狂奔した国会の不見識
UNITED STATES トランプ、オバマケアを打ち破れず
Asia
NORTH KOREA サイバー強奪の背後に北朝鮮が
INDIA 危機に瀕する大河にインドが「人格」を与えた
SOUTH KOREA 中国ボイコットでも済州島は盛況
CHINA 増強中の中国海兵隊に潜む弱点
Business
電子機器持ち込み禁止令はトランプの愚策
【FEATURES & ANALYSIS】
中東 憲法改正が殺すトルコの民主主義
米メディア トランプ化するリベラルに喝
研究 受動喫煙の害は誇張され過ぎ?
環境 北京を超えた世界最悪の汚染都市は
遺伝子操作 結核に強い牛で安全な乳製品を
【LIFE/STYLE】
Sports 野球のだらだら試合をなくすには
Movies 夫を伝説に変えた『ジャッキー』
Theater ギレンホールがミュージカルに挑戦
Food ニューヨーカーを虜にする和食の極意
Fashion 進化したキャメルで粋に装えば
【DEPARTMENTS】
Superpower Satire 「王様は裸」と言えない側近たち
Picture Power ロシア独自の愛国教育は戦いとともに

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 5

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    iPhoneはなぜ割れるのか?<iPhone 10周年>

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 7

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 8

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!