コラム

中高年もスマホで支払う中国、20年間もリニア実験中の日本

2017年07月12日(水)17時44分
中高年もスマホで支払う中国、20年間もリニア実験中の日本

stockstudioX-iStock.

<日本では政治家やエリートサラリーマンがガラケーを使っていても不思議ではないが、中国は違う。なぜ中国ではこれほど変化が早く、人々が新しい事物をどんどん受け入れているのだろうか>

こんにちは、新宿案内人の李小牧です。

私は常に建設的な批評をするよう心がけている。日本に対しても中国に対しても、耳の痛いことを言い続ける頑固親父というポジションを守ろうと思っている。なかには両方に甘いことを言う二枚舌の輩もいるが、それではジャーナリズムは成り立たない。

というわけで、ついつい中国についても厳しい意見を書くことが多いのだが、もちろん中国にも認めるべきところは多々ある。

「批判精神は大事ですが、日本人が中国から見習うべきこともあるのではないでしょうか? 日本人は今の中国から何を学べるでしょうか?」編集者からこのようなお題をいただいたので、今回は中国の凄さ、学ぶべき点について紹介したい。

私は毎月のように中国に出張しているが、訪問するたびにその変化の早さに驚いている。高層ビルが竹の子のようなペースで伸びていき、次から次へと地下鉄がオープンする。新しいショッピングモールも増えていく。

先日、山梨県のリニア実験線近くを通りがかったのだが、1996年の開設から20年以上が過ぎた今も営業運転は実現していない。今の計画では2027年の開業を目指すという話だが、まだ10年も先である。中国ならばおそらく数年のうちに作ってしまうだろう。

建築物だけではない。日本では政治家やエリートサラリーマンがガラケーを使っていても不思議には思われないが、中国だったらどんな趣味人なのかといぶかしがられるだろう。スマートフォン普及率は日本よりもはるかに高く、しかも便利なサービスが少なくない。

例えば、スマホを使ったモバイルペイメント(決済サービス)だ。アリババのアリペイ、テンセントのウィーチャットペイという2大サービスが席巻しており、大都市ならば現金を取り出す機会はないと言っても過言ではない。コンビニでもスーパーでもスマホのアプリで簡単に支払いができる。

たんに現金の代わりになるだけではない。モバイルペイメントを使った関連サービスも発展しており、個人間でも気軽に送金できるほか、公共料金や電話料金の支払いも楽々だ。駐車場も、車のナンバーを読み取ってスマホに使用料を請求するスタイルが普及しつつある。

仕事の連絡も変わった。昔はなにかというと電話していたが、今では緊急時以外には使わない。大部分の連絡はスマホのメッセージアプリ「微信」(ウィーチャット、WeChat)を使う。みな忙しい日々を生きているのだ。急に電話がかかってきて仕事が中断されてしまっては非効率だ。

最近では私も突然電話がかかってくるとムッとするようになってしまった。日本にもLINEがあるのだが、日本人の意識が保守的すぎるのだろうか。仕事の連絡には使わないという人が大半だろう。

【参考記事】中国SNS最新事情 微信(WeChat)オフィシャルアカウントは苦労の連続!

プロフィール

李小牧(り・こまき)

新宿案内人
1960年、中国湖南省長沙市生まれ。バレエダンサー、文芸紙記者、貿易会社員などを経て、88年に私費留学生として来日。東京モード学園に通うかたわら新宿・歌舞伎町に魅せられ、「歌舞伎町案内人」として活動を始める。2002年、その体験をつづった『歌舞伎町案内人』(角川書店)がベストセラーとなり、以後、日中両国で著作活動を行う。2007年、故郷の味・湖南料理を提供するレストラン《湖南菜館》を歌舞伎町にオープン。2014年6月に日本への帰化を申請し、翌2015年2月、日本国籍を取得。同年4月の新宿区議会議員選挙に初出馬し、落選した。『歌舞伎町案内人365日』(朝日新聞出版)、『歌舞伎町案内人の恋』(河出書房新社)、『微博の衝撃』(共著、CCCメディアハウス)など著書多数。政界挑戦の経緯は、『元・中国人、日本で政治家をめざす』(CCCメディアハウス)にまとめた。

ニュース速報

ビジネス

ECB、来週の理事会で資産買い入れのガイダンス維持

ビジネス

2017年の独経常黒字は2870億ドル、2年連続で

ワールド

英国がEU離脱撤回なら歓迎、方針変更は依然可能=E

ワールド

シンガポールとの鉄道プロジェクト、政治で脱線せず=

MAGAZINE

特集:トランプ暴露本 政権崩壊の序章

2018-1・23号(1/16発売)

政権崩壊の序章」予想を超えて米政治を揺さぶるトランプ暴露本──。明かされた大統領の「難点」は政権崩壊の引き金となるか

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    インドの女子大生がレイプ防止パンティを開発

  • 3

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワンを予想

  • 4

    金正恩が背負う金王朝の異常性

  • 5

    ダイアナが泣きついても女王は助けなかった 没後20…

  • 6

    北朝鮮「亡命兵士」の腸が寄生虫だらけになった理由

  • 7

    「休みたいから診断書をください」--現役精神科医「…

  • 8

    「英王室はそれでも黒人プリンセスを認めない」

  • 9

    今度の性被害者は男性モデル!ヴォーグ誌が著名写真…

  • 10

    【セックスロボット】数年以内に「初体験の相手」と…

  • 1

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 2

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 3

    南北会談で油断するな「アメリカは手遅れになる前に北を空爆せよ」

  • 4

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

  • 5

    イルカの聴力さえ奪う魚のセックス大騒音

  • 6

    「アルツハイマー病は脳だけに起因する病気ではない…

  • 7

    「筋トレは、がんによる死亡リスクを31%下げる」と…

  • 8

    今の日本で子を持つことは「ぜいたく」なのか?

  • 9

    「無理なハゲ治療」 ついに明かされたトランプヘア…

  • 10

    犬のうんちで方角が分かる? 犬は南北に体を向けて…

  • 1

    米国防総省の極秘調査から出てきたUFO映像

  • 2

    朝鮮半島で戦争が起きれば、中国とロシアはアメリカの敵になる

  • 3

    北朝鮮による電磁パルス攻撃の現実味

  • 4

    [動画]クジラがサメの襲撃から人間を救った

  • 5

    決断が日本より早い中国、でも「プチ大躍進」が悲劇…

  • 6

    韓国大統領が中国で受けた、名ばかりの「国賓待遇」

  • 7

    金正恩がアメリカを憎悪するもっともな理由

  • 8

    ビットコインに未来はない、主犯なき投資詐欺だ

  • 9

    中国当局、韓国への団体旅行を再び禁止 「禁韓令」…

  • 10

    ビットコインや株は大暴落か 2018年ブラックスワン…

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!