コラム

パリ五輪は、オリンピックの歴史上最悪の悲劇「1972年ミュンヘン」の悪夢再来を防げるか

2024年04月16日(火)18時55分
パリ五輪の会場エッフェル塔スタジアム

2024年7月26日に開幕するパリ五輪に向けて準備が進められるエッフェル塔スタジアム(4月13日) Sarah Meyssonnier-Reuters

<セーヌ川を舞台に、スタジアム以外で開催される初の夏季五輪開会式を予定するパリだが、中東情勢の悪化でテロのリスクが高まっている>

2024年パリ五輪の開会式まであと100日余と迫った4月15日、エマニュエル・マクロン仏大統領は仏ニュース専門局BFM TVと民間ラジオ局RMCのインタビューに「テロのリスクが高すぎると判断した場合、セーヌ川での開会式には代替シナリオも存在する」との考えを示した。

イランのイスラム革命防衛隊(IRGC)は同月13日、同国内から初めてイスラエルへ大規模な自爆ドローン(無人航空機)とミサイル攻撃を行った。中東の緊張は一気に高まる。イスラエルの空爆でシリアのIRGC対外工作機関「コッズ部隊」上級司令官を殺害されたことへの報復だ。

マクロン氏は「イスラエル本土に命中したのはわずか7発。フランス軍はヨルダンに駐留しているため、米国の調整の下、イスラエル側にいる。イランを孤立させ、核開発への圧力を強化することで、エスカレーションを防ぐようイスラエルを説得している」と説明した。

イランの攻撃でヨルダン領空が侵犯されたため、フランス軍は戦闘機を出撃させ、イランの自爆ドローンを迎撃した。フランスの優先事項の1つがパレスチナ自治区ガザのイスラム組織ハマスに拘束されているフランス人3人を含む人質の解放だ。

大会期間中の「五輪休戦」を提案

マクロン氏は「オリンピズムは時に戦争状態の国々を和解させることができる」と大会期間中、古代ギリシャ時代からの伝統である「オリンピック休戦」を提案した。ウクライナを侵略したロシアは五輪には招待されていないが、国旗を持たず国歌を歌わない選手は出場できる。

ウクライナ、中東、スーダンの平和外交の瞬間になるようマクロン氏はパリを訪問する中国の習近平国家主席に協力を要請することを明らかにした。

ハマスが昨年10月、イスラエルを攻撃したことに端を発する戦争の死者はパレスチナ側3万4262人以上、負傷者8万1215人、行方不明8000人以上にのぼる。(4月15日、カタールの衛星テレビ局アルジャジーラまとめ)

「選手たちには良識、マナーの順守を求める。政治的駆け引きや攻撃的な態度は控えてほしい。イスラエルはテロの被害者で、攻撃者だとは言えない。それに対する爆撃で多くの民間人が命を落としている。だからこそ人道的停戦を求めている」とマクロン氏はイスラエルを擁護した。

しかし、自衛権行使の範囲を逸脱した無差別報復を続けるイスラエルへのパレスチナの憎悪とイスラム世界の反発は強まっている。イスラエルの選手ら12人がパレスチナ武装組織「黒い9月」メンバー8人に殺害された1972年ミュンヘン五輪の悪夢の再現を懸念する声すらある。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

ドイツ銀、S&P500年末予想を5500に引き上げ

ビジネス

UAE経済は好調 今年予想上回る4%成長へ IMF

ワールド

ニューカレドニア、空港閉鎖で観光客足止め 仏から警

ワールド

イスラエル、ラファの軍事作戦拡大の意向 国防相が米
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:インドのヒント
特集:インドのヒント
2024年5月21日号(5/14発売)

矛盾だらけの人口超大国インド。読み解くカギはモディ首相の言葉にあり

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の「ロイヤル大変貌」が話題に

  • 2

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 3

    米誌映画担当、今年一番気に入った映画のシーンは『悪は存在しない』のあの20分間

  • 4

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 5

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 6

    「裸に安全ピンだけ」の衝撃...マイリー・サイラスの…

  • 7

    「まるでロイヤルツアー」...メーガン妃とヘンリー王…

  • 8

    中国の文化人・エリート層が「自由と文化」を求め日…

  • 9

    「すごく恥ずかしい...」オリヴィア・ロドリゴ、ライ…

  • 10

    日本とはどこが違う? 韓国ドラマのオリジナルサウン…

  • 1

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 2

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両を一度に焼き尽くす動画をウクライナ軍が投稿

  • 3

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する悲劇の動画...ロシア軍内で高まる「ショットガン寄越せ」の声

  • 4

    原因は「若者の困窮」ではない? 急速に進む韓国少…

  • 5

    エジプトのギザ大ピラミッド近郊の地下に「謎めいた…

  • 6

    「EVは自動車保険入れません」...中国EVいよいよヤバ…

  • 7

    北米で素数ゼミが1803年以来の同時大発生、騒音もダ…

  • 8

    「隣のあの子」が「未来の王妃」へ...キャサリン妃の…

  • 9

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 10

    SNSで動画が大ヒットした「雨の中でバレエを踊るナイ…

  • 1

    ロシア「BUK-M1」が1発も撃てずに吹き飛ぶ瞬間...ミサイル発射寸前の「砲撃成功」動画をウクライナが公開

  • 2

    「おやつの代わりにナッツ」でむしろ太る...医学博士が教えるスナック菓子を控えるよりも美容と健康に大事なこと

  • 3

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々に明らかになる落とし穴

  • 4

    新宿タワマン刺殺、和久井学容疑者に「同情」などで…

  • 5

    やっと撃墜できたドローンが、仲間の兵士に直撃する…

  • 6

    立ち上る火柱、転がる犠牲者、ロシアの軍用車両10両…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    一瞬の閃光と爆音...ウクライナ戦闘機、ロシア軍ドロ…

  • 9

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃のマタニティ姿「デニム生地…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story