コラム

一番なついていた犬はロシア兵に銃殺され...「700匹の命」を守る「シェルターの母」

2022年06月14日(火)18時10分
ウクライナの動物シェルター

ホストメリで動物シェルターを運営するアーシャさん(左)とマーシャさん(6月13日、筆者撮影)

<捨てられた動物の保護施設を運営するウクライナの女性。戦争で大きな被害を被ったが、毅然とした態度でロシア軍から動物たちを守っている>

[キーウ近郊ホストメリ発]捨てられたり、虐待されたりした600匹の犬と100匹の猫を保護している「ホストメリ動物シェルター」は、ロシア軍が2月24日午前5時に侵攻してきたキーウ近郊ホストメリノのアントノフ国際空港からわずか8キロメートルしか離れていないところにある。

220614kmr_ura02.JPG

着弾跡から砲弾の破片を拾い上げるアーシャさん(筆者撮影)

「雨で流れた土でかなり埋まりましたが、ここに砲弾が落ちた跡が残っています」。シェルターの創設者アーシャ・セルピンスカヤさん(77)は着弾跡から砲弾の破片を拾い上げた。朝起きてロシア軍侵攻の一報を聞いたアーシャさんはキーウの自宅からバスに乗ってホストメリのシェルターに向かった。「動物たちが心配で、居ても立っても居られなかったのです」

「翌25日には500人のロシア軍部隊と戦車、装甲車が現れました。ロシア軍とウクライナ軍の間に位置するシェルターのすぐ近くで戦闘が始まりました。電気も水道も止まってしまいました。ロシア軍に包囲されたため、犬や猫の水やエサが補給できなくなりました」。何匹かの犬が近づいてくるロシア兵からアーシャさんを守ろうと吠え立てた。

「ロシア兵は犬を殺すためにやって来たわけではありませんが、吠えられたので1匹の犬を撃ち殺しました」。アーシャさんに一番なついているジーナだった。17日間以上、水とエサが途絶えた。ステージ4のがんと闘う夫のバレリさん(78)が発電機や燃料、食料、水を運ぶのを手伝ってくれた。計3回攻撃を受け、巻き添えで犠牲になった動物は16匹に達した。

220614kmr_ura03.jpeg

爆風で窓ガラスが吹き飛んだ「ホストメリ動物シェルター」(マーシャさん提供)

潜水艦発射型ミサイルを開発していた夫がシェルター作りを手伝ってくれた

数学の大学教授だったアーシャさんは捨てられた子犬や子猫を街で見かけると放っておけなかった。自宅は犬や猫でいっぱいだった。大学を退官した時、身勝手な飼い主にゴミのように捨てられた動物を救おうとシェルターの創設を決意する。自宅を担保に1万5000ドル(約200万円)を借り、古い牛舎を購入した。集合住宅なら3戸購入できる金額だ。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com
twitter.com/masakimu41

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ビジネス

寄り付きの日経平均は反落、米株の下げを嫌気 半導体

ビジネス

仏経済、第4四半期はゼロ成長予想 見通し不透明=I

ワールド

メキシコ経済相が辞任、大統領のエネルギー政策巡り米

ビジネス

インフレ抑制が最優先事項=クリーブランド連銀総裁

今、あなたにオススメ

MAGAZINE

特集:超円安時代

2022年10月11日号(10/ 4発売)

急激に進む異次元の円安で1ドル=150円が目前 ── インフレとの同時進行から家計を守る方法は?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    引き抜いた歯にガスマスク......ハルキウで見つかった拷問の証拠品──ウクライナ当局

  • 4

    チョコが大好物で、食材の無駄は許さない...お抱え料…

  • 5

    再生可能エネルギーの拡大を支える揚水蓄電、日本の…

  • 6

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起…

  • 7

    韓国人がなんでもかんでも日本のせいにする理由

  • 8

    韓国軍、北朝鮮対抗で発射のミサイルがまさかの異常…

  • 9

    日本国民の「韓国への感情」の深刻さを、韓国はまっ…

  • 10

    ヒトを襲い、弱い個体をいじめる 「優等生」イルカ…

  • 1

    超大質量ブラックホールが3年以内に大規模な衝突を起こすおそれ

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    お色気バラドルから王室へ メーガン妃「サクセス」…

  • 5

    下着モデルをとっかえひっかえ...不倫騒動アダム・レ…

  • 6

    ウクライナの「投降ホットライン」がロシア兵の命綱に

  • 7

    キャメロン・ディアスが告白「プールで◯◯しちゃった」

  • 8

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 9

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 10

    ロシア軍の兵舎の様子は「イカゲーム」そっくりの悲…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復を狙ったが失敗した(王室専門家)

  • 2

    ロシア軍がミサイル発射「大失敗」、ロシア国内の住宅地に着弾する瞬間の映像

  • 3

    キャサリン妃に「冷え切った目」で見られ、メーガン妃が激しく動揺した場面が話題に

  • 4

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 5

    なぜこんな不仲に...キャサリン妃に対するヘンリー王…

  • 6

    女王の棺に「敬礼」しなかったヘンリー王子...メーガ…

  • 7

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 8

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 9

    ロシア警察、反戦詩人の肛門にダンベルで暴行

  • 10

    バイデン大統領が女王葬儀で「スタンド席」に座らさ…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集
日本再発見 シーズン2
World Voice
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
ニューズウィーク日本版ウェブエディター募集

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中