コラム

厳戒のクリスマス、ベルリンテロで難民申請者を公開捜査 開放政策ではテロは防げない

2016年12月22日(木)18時00分
厳戒のクリスマス、ベルリンテロで難民申請者を公開捜査 開放政策ではテロは防げない

トラック突入テロの現場となったベルリンのクリスマスマーケット Hannibal Hanschke-REUTERS

 19日、ベルリンのクリスマスマーケットにトラックが突っ込み、12人が犠牲になるテロがあり、ドイツ警察当局は21日、難民認定を申請したものの却下されたチュニジア出身のアニス・アムリ容疑者(24)の公開捜査に踏み切った。アムリ容疑者が短銃を所持している恐れがあることから、最大10万ユーロ(約1200万円)の報奨金を出し情報提供を呼びかけている。

 トラックの助手席でポーランド人男性が刺され、短銃で撃たれて死んでいたが、アムリ容疑者がトラックをハイジャックしようとした際、抵抗したため刺されたようだ。男性はまだ息があったが、アムリ容疑者は逃走する直前、短銃でとどめをさしていた。運転席からアムリ容疑者の身分証明書が見つかった。男性ともみ合いになり、落としたとみられている。

 これまでの報道によると、アムリ容疑者は6つの名前と3つの国籍を持っており、今年3~9月の間、ドイツ治安・情報当局の監視対象になっていた。8月にはイタリアの偽造パスポートを所持していた容疑で逮捕されているが、イスラム過激派組織とのつながりが分からなかったため監視対象から外されていた。

 アムリ容疑者は2010年にチュニジアを出国。強盗罪で欠席裁判にかけられ、5年の有期刑が言い渡されている。12年にイタリアに渡ったものの学校に放火したとして4年間服役し、15年にドイツに入国。今年4月、難民認定を申請したが却下された。身分証明証がなかったため、チュニジアへの即時、強制送還を免れ、一時的に滞在が許可されていた。

相次いだ難民による犯罪被害

 昨年の難民危機でメルケル独首相が「門戸開放」を表明し、100万人を超える難民がドイツに押し寄せた。大晦日に西部ケルンで560人以上の女性が大勢の男に取り囲まれ、性的暴行や窃盗など650件以上の被害が報告される事件が起きた。容疑者の半数以上がアルジェリアやモロッコなどの難民だった。

 ドイツでは今年7月にパキスタン人難民申請者が斧とナイフで列車の乗客を襲撃▽イラン難民の息子が9人を射殺▽シリア難民がナタで妊婦らを殺傷▽難民申請を却下された27 歳のシリア難民が自爆テロを起こしている。そして今回のトラック突入テロ。ドイツの寛容とリベラルな精神が改めて試されている。

 メルケル首相率いるキリスト教民主同盟(CDU)の姉妹政党であるキリスト教社会同盟(CSU)のゼーホーファー党首は「私たちは犠牲になられた方々と遺族、そして国民のために移民と安全保障に関するすべての政策を再考し、見直す責任を負っている」とメルケル首相を突き上げた。

 メルケル首相は「試練の日だ。ドイツは一つになって悲しんでいる。私たちは自由で一つの、開かれたドイツに生きることを望んでいる」と追悼の意を捧げたものの、善意で受け入れた難民からテロ攻撃を受けることについて「私たち全員にとって寛容であるのは難しい」と苦衷をのぞかせた。

プロフィール

木村正人

在ロンドン国際ジャーナリスト
元産経新聞ロンドン支局長。憲法改正(元慶応大学法科大学院非常勤講師)や国際政治、安全保障、欧州経済に詳しい。産経新聞大阪社会部・神戸支局で16年間、事件記者をした後、政治部・外信部のデスクも経験。2002~03年、米コロンビア大学東アジア研究所客員研究員。著書に『欧州 絶望の現場を歩く―広がるBrexitの衝撃』(ウェッジ)、『EU崩壊』『見えない世界戦争「サイバー戦」最新報告』(いずれも新潮新書)。
masakimu50@gmail.com

ニュース速報

ビジネス

ECB緩和策巡り内部の亀裂鮮明、独出身者は出口戦略

ビジネス

米インフレ率、2%の目標に向かって上昇=シカゴ連銀

ワールド

トランプ米大統領、連邦政府改革の責任者にクシュナー

ビジネス

インタビュー:ECBの金融スタンス、これまでの決定

MAGAZINE

特集:フランス大統領選 ルペンの危険度

2017-4・ 4号(3/28発売)

4月末のフランス大統領選で大躍進が見込まれる極右・国民戦線の女性党首ルペンが支持を広げる理由

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    トランプは張り子の虎、オバマケア廃止撤回までの最悪の一週間

  • 2

    「日本の汚染食品」告発は誤報、中国官制メディアは基本を怠った

  • 3

    森友学園問題、中国でねじれ報道――「極右教育」籠池氏側に立つ?

  • 4

    米株急落、トランプ手腕を疑問視し始めたウォール街

  • 5

    英国警察はなぜ丸腰? ロンドンのテロ事件受けて変…

  • 6

    欧米でブームの「ヒュッゲ」で日本人も幸せになれる?

  • 7

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 8

    情で繋がり、情でつまずく保守の世界~森友学園以外…

  • 9

    トランプの燃費規制緩和、メーカー側の勝利か

  • 10

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されて…

  • 1

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    金正男殺害の容疑者は北朝鮮の秘密警察に逮捕されていた

  • 4

    サウジ国王が訪問を中止したモルディブが今注目され…

  • 5

    北朝鮮、ミサイル発射するも失敗 打ち上げ直後に空…

  • 6

    サウジ国王来日 主婦はほんとに爆買いにしか関心な…

  • 7

    亡命ロシア下院議員ボロネンコフ、ウクライナで射殺

  • 8

    ロンドン襲撃テロ事件で死者4人・負傷40人 英首相「…

  • 9

    米ビール業界を襲うマリファナ「快進撃」

  • 10

    朴大統領失職後の韓国と蔓延する「誤った経済思想」

  • 1

    ウーバーはなぜシリコンバレー最悪の倒産になりかねないか

  • 2

    買い物を「わり算」で考えると貧乏になります

  • 3

    韓国セウォル号、沈没から1073日目で海上へ 引き揚げは最終段階

  • 4

    英女王「死去」の符牒は「ロンドン橋が落ちた」

  • 5

    金正男の長男ハンソル名乗る動画 身柄保全にオラン…

  • 6

    ISISが中国にテロ予告

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 9

    スカーレット・ヨハンソンが明かしたイバンカ・トラ…

  • 10

    ウィリアム王子が公務をさぼって美女と大はしゃぎ、…

Hondaアコードの魅力

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

原子力緊急事態への対応力を向上
日本再発見 「外国人から見たニッポンの不思議」
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 別冊

0歳からの教育 知育諞

絶賛発売中!