ニュース速報

ワールド

スイス中銀、0.5%利上げ クレディ支援で「危機に歯止め」

2023年03月24日(金)00時34分

スイス国立銀行(中央銀行)は23日、政策金利を50ベーシスポイント(bp)引き上げ1.5%とした。2022年4月撮影(2023年 ロイター/Arnd Wiegmann)

[チューリヒ 23日 ロイター] - スイス国立銀行(中央銀行)は23日、政策金利を50ベーシスポイント(bp)引き上げ1.5%とした。

追加利上げの可能性は排除できないと指摘した。必要に応じて外為市場に積極的に介入する姿勢を示した。

4回連続の利上げとなった。スイスのインフレ率は現在3.4%と、中銀の目標レンジ(0─2%)を依然上回っている。

利上げ幅は市場予想と一致した。中銀が金融市場の混乱よりもインフレを懸念していることが浮き彫りとなった。

中銀は声明で「今後数四半期の世界経済の成長見通しは依然低迷している。同時にインフレは当面、世界的に高止まりする公算が大きい」との見方を示した。

金融大手クレディ・スイスに対する支援措置で「危機に歯止めがかかった」とも表明。「中銀はスイスフラン建てと外貨建てで大量の流動性支援を提供している」と述べた。

中銀は経済予測も修正。今年の経済成長率を1%と予測した。昨年12月時点の予測は0.5%前後だった。

今年のインフレ率見通しは2.6%。2024年と25年は2%。

中銀は「今日の利上げがなければ、インフレ予測は中期的にさらに上昇していた」と指摘した。

<クレディ・スイス救済>

ジョルダン中銀総裁は記者会見で、スイス中銀が政府と規制当局と共に実施したクレディ・スイスに対する救済策で、システミックな危機を防止できたと表明。「この解決策がうまくいかなければ、クレディ・スイスは破綻し、スイスだけでなく世界経済にも大きな影響が及んでいた」と述べた。

その上で「ここ数週間、銀行セクターの信用は現実的に失われ、これを食い止めるために流動性以外の別の解決策が必要だった」と述べた。

スイスの金融大手UBSはクレディ・スイスを30億スイスフランで買収すると発表。ジョルダン総裁は、金融の安定を維持するためにUBSによるクレディ・スイスの買収をできるだけ円滑に進めることが重要だと述べた。

総裁はロイターのインタビューで、現行の措置は「極めて大きく、大胆だ」と語り、銀行に対するさらなる流動性は必要ないとの考えを示した。

<一段の利上げ排除せず>

スイス中銀は一段の利上げは排除できないと表明。ジョルダン総裁はロイターに対し「最新のインフレ予測を見ると、金融引き締めを継続する必要性があることが分かる」と語った。

中銀はまた、必要なら外国為替市場で積極的に活動する姿勢も示した。

エコノミストは、スイス中銀がインフレ抑制のため利上げを継続すると予想。ミラボーのエコノミスト、ゲロ・ユング氏は「さらなる動きがある可能性がある。スイス中銀はタカ派的な利上げを行うだろう」と述べた。

世界の中央銀行はインフレ抑制に向け利上げを継続しており、欧州中央銀行(ECB)は16日の理事会で0.5%ポイントの大幅利上げを決定。米連邦準備理事会(FRB)は前日まで2日間の日程で開いた連邦公開市場委員会(FOMC)で0.25%ポイントの利上げを決定したほか、イングランド銀行(英中央銀行)もこの日、政策金利を0.25%ポイント引き上げた。

*写真を追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2023 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

米債務上限引き上げ基本合意、31日に議会で採決へ

ワールド

アングル:米大学入試の「人種考慮」変わるか、最高裁

ワールド

日米、半導体開発で行程表 西村・レモンド両氏が共同

ワールド

アングル:ウクライナ復興事業、先行するチェコとポー

MAGAZINE

特集:愛犬の心理学

2023年5月30日号(5/23発売)

アメリカ最新研究が明らかにするイヌの潜在的知力と飼い主へのホンネ

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング

  • 1

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 2

    「ぼったくり」「家族を連れていけない」わずか1年半で閉館のスター・ウォーズホテル、一体どれだけ高かったのか?

  • 3

    歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、豪華ドレスからチラ見えした「場違い」な足元が話題に

  • 4

    ロシアはウクライナを武装解除するつもりで先進兵器…

  • 5

    韓国アシアナ機、飛行中に突然乗客がドアをこじ開けた…

  • 6

    「英語で毛布と言えないなら渡せない」 乗客差別と批…

  • 7

    F-16は、スペックで優るロシアのスホーイSu-35戦闘機…

  • 8

    築130年の住宅に引っ越したTikToker夫婦、3つの「隠…

  • 9

    ウクライナからの越境攻撃に米製高機動多用途装輪車…

  • 10

    大事な部分を「羽根」で隠しただけ...米若手女優、ほ…

  • 1

    「ぼったくり」「家族を連れていけない」わずか1年半で閉館のスター・ウォーズホテル、一体どれだけ高かったのか?

  • 2

    F-16がロシアをビビらせる2つの理由──元英空軍司令官

  • 3

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎられて死亡...血まみれの現場

  • 4

    築130年の住宅に引っ越したTikToker夫婦、3つの「隠…

  • 5

    歩きやすさ重視? カンヌ映画祭出席の米人気女優、…

  • 6

    ロシアはウクライナを武装解除するつもりで先進兵器…

  • 7

    韓国アシアナ機、飛行中に突然乗客がドアをこじ開けた…

  • 8

    おそろいコーデ、キャサリン妃の「頼れる姉」ソフィ…

  • 9

    ジャニー喜多川の性加害問題は日本人全員が「共犯者…

  • 10

    「英語で毛布と言えないなら渡せない」 乗客差別と批…

  • 1

    世界がくぎづけとなった、アン王女の麗人ぶり

  • 2

    「高い」「時代遅れ」 あれだけ騒がれた「メタバース」、早くもこんなに残念な状態に

  • 3

    カミラ妃の王冠から特大ダイヤが外されたことに、「触れてほしくない」理由とは?

  • 4

    「ぼったくり」「家族を連れていけない」わずか1年半…

  • 5

    F-16がロシアをビビらせる2つの理由──元英空軍司令官

  • 6

    【画像・閲覧注意】ワニ40匹に襲われた男、噛みちぎ…

  • 7

    築130年の住宅に引っ越したTikToker夫婦、3つの「隠…

  • 8

    日本発の「外来種」に世界が頭を抱えている

  • 9

    チャールズ国王戴冠式「招待客リスト」に掲載された…

  • 10

    「飼い主が許せない」「撮影せずに助けるべき...」巨…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中