ニュース速報

ビジネス

オープン外債投資を継続、ドル以外にも=富国生命運用計画

2017年10月12日(木)21時07分

 10月12日、富国生命保険の2017年度下期の一般勘定の運用方針では、オープン外債への投資を継続する。円債金利は依然低く、ヘッジ付き米国債はドルのヘッジコストが高く運用は厳しい。写真はドル紙幣とユーロ紙幣、2016年10月撮影(2017年 ロイター/Leonhard Foeger)

[東京 12日 ロイター] - 富国生命保険の2017年度下期の一般勘定の運用方針では、オープン外債への投資を継続する。円債金利は依然低く、ヘッジ付き米国債はドルのヘッジコストが高く運用は厳しい。

ドル以外にも通貨分散を図り収益性の高い資産に投資する計画だ。外国社債の運用委託などにより運用高度化も一段と進める。国内株は入れ替え中心で横ばいの見込み。

渡部毅彦・財務企画部長が12日、ロイターとのインタビューで述べた。

<オープンシフト進む>

5月時点の期初計画では、外貨建て公社債を600億円積み増す計画だったが、上期時点ですでに達成してしまった。下期はさらに200億円増加させ、年度では800億円増となる計画だ。その中心は上期に続きオープン外債となる。

外貨建て公社債の上期の増加分600億円の内訳は、ヘッジ付き外債が700億円減少した一方で、オープン外債は1300億円の増加。ヘッジ比率は3月時点の67%から60%に低下し、オープンへとシフトが一段と進んだ。

ドルのヘッジコスト(3カ月物)は、足元で1.8─1.9%と高止まり。10年物米国債の利回りは、12月の利上げ観測が強まるなかでも2.3%程度に過ぎない。これまで円金利資産の代替としていたヘッジ付米国債は、十分な利回りが確保できない状況だ。

このため上期にオーストラリア債に450億円、カナダ債に280億円投資するなどドル以外の通貨への分散も進めている。「ほぼオープン投資だ。為替の動きが比較的安定しており、利回りも高かった。相場次第だが、下期もオープンが中心で、流動性の高い資産に通貨分散を進める」(渡部氏)という。

<運用高度化も進める>

富国生命では、クレジットを中心とした収益性の高いアセットクラスを今後5年間で5000億円程度積み増す中期目標を建てている。高収益のオープン外債の残高が2020年以降に減少していく予定で、マイナス金利の影響が大きくなる恐れがあるためだ。

今年9月、米国の投資顧問会社「ペイデン&リゲル」と資産運用面で提携。海外クレジット投資の一部を運用委託した。運用が多様化、高度化するなかで、アウトソーシングの選択肢も検討していく方針だ。

ESG(環境、社会的責任、企業統治)投資も進めている。アフリカ開発銀行が発行したアフリカ工業化支援を目的とした債券「インダストリアライズ・アフリカ・ボンド」に今年9月、約40億円投資した。

「今上期の高収益資産への積み増しは500億円となり、順調に進んでいる。標準利率は4月から0.25%に下がったが、新規分だけであり、資産全体に与える影響はまだ限定的だ。高収益資産へのシフトを引き続き積極的に進めていく必要がある」と渡部氏は話す。

<低金利の円債は減少継続>

円債は年度で300億円の減少計画。期初の400億円の減少計画より、やや少なくなっているが、今年9月に発行した円建て劣後債300億円が含まれている。現在の低金利環境では積極的な投資は難しいという。

国内株は年度で横ばいの計画は変わらず。上期は100億円増加したが、下期は100億円減少予定。日経平均株価<.N225>は高値を更新しているが、積極的な投資は行わず、配当利回りの高い銘柄などへの入れ替えを中心に進める。「現在の水準から株価がさらに大きく上昇するとは期待しにくい」(渡部氏)という。

海外株は400億円増の計画と期初より100億円増加したが、前出の「ペイデン&リゲル」が運用する外国社債を投資対象とする投資信託に約100億円を拠出する分が入っている。

(伊賀大記 富沢綾衣 編集:田巻一彦)

ロイター
Copyright (C) 2017 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

日産全6工場で国内向け出荷停止、国の指摘後も無資格

ビジネス

米失業保険申請が44年ぶりの低水準、労働市場回復示

ビジネス

焦点:日銀社債オペ、神鋼債買入の見方広がる 投資家

ビジネス

三井生命、オープン外債1000億円以上増加=17年

MAGAZINE

特集:中国予測はなぜ間違うのか

2017-10・24号(10/17発売)

何度も崩壊を予想されながら、終わらない共産党支配──。中国の未来を正しく読み解くために知っておくべきこと

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 3

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え中国にも圧力か?

  • 4

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 5

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 6

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 7

    ロシアが北朝鮮の核を恐れない理由

  • 8

    iPhone新作発表に韓国メディアが呼ばれなかった理由

  • 9

    iPhoneはなぜ割れるのか?<iPhone 10周年>

  • 10

    もし第3次世界大戦が起こったら

  • 1

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

  • 2

    イージス艦事故の黒幕は北朝鮮か? 最強の軍艦の思わぬ弱点

  • 3

    ポルノ王がトランプの首に11億円の懸賞金!

  • 4

    トランプ、金正恩の斬首部隊を韓国へ 北朝鮮に加え…

  • 5

    北朝鮮との裏取引を許さないアメリカの(意外な)制…

  • 6

    iPhone8はなぜ売れないのか

  • 7

    NYの電車内で iPhoneの「AirDrop」を使った迷惑行為…

  • 8

    石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したことも…

  • 9

    北朝鮮をかばい続けてきた中国が今、態度を急変させ…

  • 10

    自分を捨てた父親を探したら、殺人鬼だった

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「北朝鮮はテロリストだ」 北で拘束された息子は異様な姿で帰国し死んだ

  • 3

    北朝鮮はなぜ日本を狙い始めたのか

  • 4

    「金正恩の戦略は失敗した」増大する北朝鮮国民の危…

  • 5

    トランプの挑発が、戦いたくない金正恩を先制攻撃に…

  • 6

    米軍は北朝鮮を攻撃できない

  • 7

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 8

    中国が北朝鮮を攻撃する可能性が再び----米中の「北…

  • 9

    米朝戦争が起きたら犠牲者は何人になるのか

  • 10

    iPhoneX(テン)購入を戸惑わせる4つの欠点

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

全く新しい政治塾開講。あなたも、政治しちゃおう。
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

最新版 アルツハイマー入門

絶賛発売中!