ニュース速報

ビジネス

トヨタ、ダイハツの完全子会社化検討 スズキと提携も模索

2016年01月27日(水)16時19分

トヨタ自動車がダイハツ工業の完全子会社化とスズキとの提携を検討していることが分かった。写真はカリフォルニアで昨年12月撮影(2016年 ロイター/Mario Anzuoni)

[東京 27日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>がダイハツ工業<7262.T>の完全子会社化とスズキ<7269.T>との提携を検討していることが分かった。複数の関係筋によると、トヨタは小型車を手掛けるダイハツを取り込み、グループ内での小型車事業の効率化を狙う。スズキとは同社が圧倒的に強いインド市場での協業や、環境・安全技術分野での連携などを模索している。

トヨタは世界販売4年連続首位だが、2016年はタイなど一部の新興国での低迷により前年並みを見込んでいる。低価格の小型車生産技術に強みを持つダイハツやスズキとの協業を深め、小型車需要が高く、今後成長が見込まれる新興国での競争力強化を狙う。

トヨタが約51%を出資するダイハツも、国内では増税の影響や少子高齢化の進展で主力の軽自動車市場の縮小が予想され、両社で小型車事業の競争力を高めたい考え。

大きな成長が期待されるインドでは、シェア約4割の首位スズキに対し、トヨタは約4%にとどまる。トヨタはスズキの販売網などを活用すれば市場開拓につなげられる。現地では大気汚染も問題になっており、環境対応車の需要も高い。スズキにとっても環境技術で先行するトヨタとの連携にはメリットがある。

スズキはまた、十分な利益を生んでいないタイなどでトヨタの事業基盤を活用できればコスト削減も実現しやすい。巨額の開発費用がかさむ環境技術や自動運転などの安全技術でトヨタの支援も得られる。スズキの鈴木俊宏社長は21日の会見で、まず自社でやってみて「その上で単独でやれなければ(他社との)連携もありうる」と述べていた。

スズキはまた、昨年、独フォルクスワーゲン(VW)との資本提携を解消。VWが保有していたスズキ株19.9%を買い戻しており、株の引き受け先を探していることから、トヨタが買い手になる可能性もある。

トヨタは1967年にダイハツと業務提携後、同社株を段階的に買い増し、1998年には過半数を取得。両社はこれまでも共同開発や、ダイハツがトヨタの開発した車の受託生産をしたり、OEM(相手先ブランドによる)生産などを引き受けてきた。

トヨタ広報は、ダイハツとは「完全子会社化を含めて提携や事業再編についてさまざまな検討をしている」とし、「現時点では決定した事実はない」と発表。一方、トヨタとスズキが提携交渉に入ったとの報道には、両社とも「そのような事実はない」とコメントしている。

(白木真紀 編集:内田慎一)

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米経済予想通りなら12月利上げが適切=フィラデルフ

ビジネス

中国の景気鈍化と過剰設備が投資機会を抑制=人民銀

ビジネス

タカタのスポンサー応札5陣営すべてが法的整理を提案

ビジネス

独コメルツ銀、9600人削減と配当停止へ 今四半期

MAGAZINE

特集:進化する中国軍

2016-10・ 4号(9/27発売)

高学歴人材、最新鋭兵器、洗練された組織......。かつてのイメージを覆す人民解放軍の知られざる変貌

人気ランキング

  • 1

    アーティスツ(1):会田誠の不安、村上隆の絶望

  • 2

    ブルキニを禁じたフランスのパリがヌーディスト解禁へ

  • 3

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 4

    国際競争力ランキング、スイスが8年連続首位 日本は8位に後退

  • 5

    狭まる北朝鮮包囲網、友好国にも「金正恩離反」の兆候

  • 6

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 7

    自治体のPR動画「ウナギ少女」がまるで変態ホラーだと騒ぎに

  • 8

    スマホに潜む「悪魔」が中国人を脅かす

  • 9

    米大統領選、第1回テレビ討論を世界はどう報じたか

  • 10

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 1

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 2

    エジプトの過激派にナチスからの地雷の贈り物

  • 3

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 4

    X JAPANのYOSHIKI、ニューヨークでコンサートを行うと発表

  • 5

    中国機内誌が差別的記述、撤回しても消せない傍若無人ぶり

  • 6

    安楽死が合法的でなければ、私はとうに自殺していた

  • 7

    討論初戦はヒラリー圧勝、それでも読めない現状不満層の動向

  • 8

    ロシアの最新型原潜、極東に配備

  • 9

    米テレビ討論、クリントン「二重の負担」で不利

  • 10

    ヨーロッパを追われアメリカに逃れるロマの人々

  • 1

    金正恩「公式行事での姿勢が悪い」と副首相を処刑

  • 2

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 3

    クルーニー夫妻、虐殺でISISを告発。「覚悟はできている」

  • 4

    中国で性奴隷にされる脱北女性

  • 5

    改めて今、福原愛が中国人に愛されている理由を分析する

  • 6

    蓮舫氏へ、同じ「元・中国人、現・日本人」としての忠言

  • 7

    シロクマに包囲され逃げられないロシア観測隊、番犬犠牲に

  • 8

    「スタバやアマゾンはソーセージ屋台1軒より納税額が少ない」オーストリア首相が猛批判

  • 9

    「お母さんがねたので死にます」と自殺した子の母と闘った教師たち

  • 10

    核攻撃の兆候があれば、韓国は平壌を焼き尽くす

 日本再発見 「東京のワンテーマ・ミュージアム」
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!