ニュース速報

ビジネス

インフレ押し上げへ十分な手段、責務遂行に決意と意欲=ECB総裁

2016年01月23日(土)01時18分

 1月22日、欧州中央銀行のドラギ総裁は、ECBはインフレ押し上げに向けた手段を十分有しており、責務を果たすために行動する決意と意欲があると表明した。写真はスイスのダボスで撮影で撮影(2016年 ロイター/Ruben Sprich)

[ダボス(スイス) 22日 ロイター] - 欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁は22日、ECBはインフレ押し上げに向けた手段を十分有しており、責務を果たすために行動する決意と意欲があると表明した。

世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)で、「われわれには多くの手段があり、行動を起こし、これらの手段を用いる決意と意欲と能力がある」と語った。

ECBは前日の理事会で政策金利の据え置きを全会一致で決定。ただ理事会後の記者会見でドラギ総裁は金融市場の混乱や原油安、中国など新興国の経済減速を背景にユーロ圏経済への逆風が強まっているとして、3月の理事会で政策スタンスを見直す考えを表明した。

ドラギ総裁はこの日、年初から金融市場が大荒れとなっていることについて、「リスクに対しこれまでよりも神経質になっているのは確かだが、見通しが変化したと考えるのは時期尚早だ」とし、「少なくともわれわれは基本的に回復は緩やかなペースで継続していると見ている」と指摘、市場の動乱により世界的な景気見通しが悪化したと考えるのは早過ぎるとの考えを示した。

また、欧米の金融政策の方向性がかい離していることに対する懸念も一蹴。方向性のかい離の背景には欧米の景気回復サイクルが一致していないことがあるとし、「金融政策が異なるのはごく自然なことで、当面はかい離した状況が続く。これは正常なプロセスだ」と述べた。

ユーロ圏経済については、低金利政策と原油安が一部押し上げ要因となり回復しているとの認識を表明。各国政府の財政政策も「拡張的ではないまでもおおむね中立的」となり、景気支援に貢献していると述べた。

ドラギ総裁と同じパネルに出席したECBのクーレ専務理事は、ECBの量的緩和策(QE)は効果を発揮していると指摘。域内企業の平均資金調達コストはQE開始以降、80ベーシスポイント(bp)低下したとし、ユーロ圏の資本市場は「著しく改善した」との認識を示した。

*内容を追加して再送します。

ロイター
Copyright (C) 2016 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

アングル:地震対策遅れるイタリア、歴史建造物と財政

ビジネス

FRB高官2人が利上げ求める、中銀関係者ジャクソン

ビジネス

ドルが対ユーロで下落、FRB議長講演前にポジション

ビジネス

米国株式市場は続落、ヘルスケア・消費関連株が安い

MAGAZINE

特集:世界が期待するTOKYO

2016-8・30号(8/23発売)

リオ五輪の熱狂は4年後の東京大会へ── 世界は2020年のTOKYOに何を期待するのか

人気ランキング

  • 1

    歯磨きから女性性器切除まで、世界の貧困解決のカギは「女性の自立」にある

  • 2

    イタリア中部地震、死者少なくとも159人 多くは休暇シーズンの観光客か

  • 3

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 4

    中国、月に有人基地建設を計画:強力レーダーで地球を観測

  • 5

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 6

    イタリア中部地震で37人死亡、市長「生き物の気配がしない」

  • 7

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 8

    TPP推進派はもうオバマだけ

  • 9

    イタリア中部M6.2の地震で少なくとも6人死亡、建物損壊で住民が下敷きに

  • 10

    トルコのクーデータ未遂事件後、「シリア内戦」の潮目が変わった

  • 1

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 2

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 3

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

  • 4

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 5

    オリンピック最大の敗者は開催都市

  • 6

    リオ五輪でプロポーズが大流行 「ロマンチック」か「女性蔑視」か

  • 7

    リオ五輪、英国のメダルラッシュが炙りだしたエリートスポーツの光と影

  • 8

    【動画】流血の男児映像が映し出す地獄とヒーロー

  • 9

    「ドーピング」に首まで浸かった中国という国家

  • 10

    NSAの天才ハッカー集団がハッキング被害、官製ハッキングツールが流出

  • 1

    北朝鮮の女子大生が拷問に耐えきれず選んだ道とは...

  • 2

    中国衝撃、尖閣漁船衝突

  • 3

    戦死したイスラム系米兵の両親が、トランプに突きつけた「アメリカの本質」

  • 4

    日銀は死んだ

  • 5

    フィリピンのドゥテルテ大統領が国連脱退・中国と新国際組織結成を示唆

  • 6

    【原爆投下】トルーマンの孫が語る謝罪と責任の意味(前編)

  • 7

    トランプには「吐き気がする」──オランド仏大統領

  • 8

    イチロー3000本安打がアメリカで絶賛される理由

  • 9

    海保の精神は「正義仁愛」――タジタジの中国政府

  • 10

    競泳金メダリストの強盗被害は器物損壊をごまかす狂言だった

 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
 日本再発見 「世界で支持される日本式サービス」
Newsweek特別試写会2016初秋「ハドソン川の奇跡
アンケート調査
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

0歳からの教育 育児編

絶賛発売中!