コラム

「大谷翔平の犬」コーイケルホンディエに隠された深い意味

2023年11月28日(火)13時22分
大谷翔平

大谷はコーイケルホンディエと一緒に登場 EMMA SHANONーMLB PHOTOS/GETTY IMAGES

<「肝心の大谷の話が頭に入ってこない......」と、日米で話題になったア・リーグMVP受賞インタビュー時の犬。オランダの狩猟犬コーイケルホンディエを大谷翔平がかたわらに置いた「深謀遠慮」とは>

その瞬間、世界中の野球ファンが、ペットショップの前で子犬に見とれる6歳の子供のようになった。MLBの大谷翔平選手が2回目のアメリカンリーグ最優秀選手(MVP)を、前回と同じく、投票者30人全員が1位に選び満票で受賞したときだ。

大谷はとてつもなくすごい。だが私たちの心をわしづかみにし、目をクギ付けにしたのは、オランダ起源の狩猟犬コーイケルホンディエを傍らにした姿だった。

世界最高峰リーグの最高のプレーヤーという栄冠を再び獲得した大谷は、米番組のインタビューの際、笑顔で(口元からのぞく歯並びすら完璧だった。この男に欠点はないのか?)優しく愛犬をなでていた。

「既に文句なしなのに、おまけに犬好きだなんて!」。あるファンはそうツイートした。大谷とそのペットの愛らしさの前では、移籍が噂される来季の予想契約総額が約5億㌦という巨額であることへの複雑な思いも、今年9月に受けた右肘の手術の影響への懸念もほとんど吹き飛ぶ。

飼い主と犬が居並ぶ姿の魅力に心を動かされないのは、哀れな冷笑家だけだろう。英雄的人物が見せるしぐさは、どんな些細なものも寓意と化す。大谷が愛犬の頭をなでる──そのありふれた行動は私たちの心の奥に潜む切ない望みを呼び起こし、ほんの一瞬であってもわが家というぬくもりに満ちた場所へ、そして犬と一緒ならどんな挑戦も可能になる世界へいざなってくれた。

ホメロス作とされる古代ギリシャの叙事詩『オデュッセイア』は、西洋文明の礎石となった物語だ。冒険好きで探究心あふれる主人公オデュッセウスは大戦争に出陣し、20年かけて帰還する。既に3回読んでいるが、毎回同じところで泣いてしまう。オデュッセウスがついに帰り着く場面だ。

放浪の身で試練の連続のオデュッセウスが、わが家と妻の元へ帰ろうとし続ける間、飼い犬アルゴスは主人を待ち続けていた。老い衰え、打ち捨てられたアルゴスは主人を見て頭をもたげ、尾を振り、息絶える。

大谷と愛犬の姿は家庭のぬくもりや家族への献身、ペットとの絆という概念を、より分かりやすい形で象徴している。とはいえ大谷も、ペットに選んだ犬種の含意には気付いていなかったかもしれない。

プロフィール

グレン・カール

GLENN CARLE 元CIA諜報員。約20年間にわたり世界各地での諜報・工作活動に関わり、後に米国家情報会議情報分析次官として米政府のテロ分析責任者を務めた

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

ウクライナ軍、東部の村から撤退 アブデーフカの西方

ワールド

パレスチナ首相が辞意、「ガザ踏まえた政治的取り決め

ビジネス

オアシス、NECの応募差し止めを申し立て 航空電子

ビジネス

アングル:米国債、早期利下げ観測後退で売り加速 足
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
特集:開戦2年 ウクライナが敗れる日
2024年2月27日号(2/20発売)

アメリカの支援が途絶えればウクライナ軍は持たない。「ロシア勝利」後の恐怖の地政学とは

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の生物」が...発見した住民が、正体を突き止めるまで

  • 2

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング」の標的に...「スラム街の女性みたい」コメントに批判殺到

  • 3

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...「まるでC-3PO」

  • 4

    「ロイヤルな風格と優雅な姿」...シャーロット王女の…

  • 5

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 6

    トイレ内に「隠し部屋」への秘密通路を発見...ドアの…

  • 7

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 8

    「自分が望むようになっている」...メーガン妃の「疎…

  • 9

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 10

    飛行機内で乗客がテイラー・スウィフトの曲を「大合…

  • 1

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 2

    【アウディーイウカ陥落】ロシアの近接航空支援や滑空爆弾に対しウクライナ軍の空域には穴が開いていた

  • 3

    ウクライナ攻勢を強めるロシアのドローン攻撃を、迎撃システム「バンパイア」が防ぐ「初の映像」が公開

  • 4

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 5

    大雪で車が立ち往生しても助けなし...「不信の国」中…

  • 6

    地下室の排水口の中に、無数の触手を蠢かせる「謎の…

  • 7

    ゼンデイヤのセクシー写真が「ボディ・シェイミング…

  • 8

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 9

    ウクライナ戦争開戦から2年、NATO軍の元最高司令官が…

  • 10

    ゼンデイヤのスケスケなロボット衣装にネット震撼...…

  • 1

    日本人は知らない、能登半島地震に向ける中国人の視線

  • 2

    【能登半島地震】正義ぶった自粛警察が災害救助の足を引っ張る

  • 3

    一流科学誌も大注目! 人体から未知の存在「オベリスク」が発見される

  • 4

    ルーマニアを飛び立ったF-16戦闘機がロシア軍を空爆?

  • 5

    プーチンの顔面に「異変」が...「頬どうした?」と話…

  • 6

    帰宅した女性が目撃したのは、ヘビが「愛猫」の首を…

  • 7

    シャーロット王女の「ただならぬ風格」...5つの「フ…

  • 8

    「まだやってるの?」...問題は「ミス日本」が誰かで…

  • 9

    メーガン妃に「手を触られた」瞬間の、キャサリン妃…

  • 10

    エリザベス女王が「誰にも言えなかった」...メーガン…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story