最新記事

イギリス

エリザベス女王、最長在位の秘訣は食にあり(チョコは別腹)

2017年6月19日(月)17時30分
西川 恵(毎日新聞社客員編集委員)※時事通信社発行の電子書籍「e-World Premium」より転載

4月に91歳を迎えたエリザベス女王 Julian Simmonds/ REUTERS

今上天皇の退位を実現する特例法が成立し、天皇陛下が2018年12月末か、19年3月末に退位する見通しとなった。先進国の君主としては最もエリザベス英女王に近い年齢の天皇の退位で、同女王が年齢、在位年数で今後どこまで「記録」を伸ばし続けるか、改めて注目が集まることになるだろう。

91歳でなおかくしゃくとする女王

現在、陛下は83歳、エリザベス女王は7歳8カ月年上の91歳。ほぼ同世代といっていいだろう。陛下は父・昭和天皇が長命だったこともあって在位年数は28年と、エリザベス女王の65年に大きく及ばない。

ここ数年、先進国では国王クラスの退位が相次いだ、オランダのベアトリックス女王が13年に75歳で、スペインのフアン・カルロス国王が14年に76歳で退位し、先進国の君主の中ではエリザベス女王と陛下の2人が抜きんでて高齢君主だった。

在位年数で言うならば、1年前までトップにあったのはタイのプミポン国王で、エリザベス女王より6年先を行っていた。16年6月には在位70年を迎えた。プミポン国王は同年10月、88歳で亡くなり、エリザベス女王が長期在位君主としてトップとなった。

今回、天皇の生前退位が正式に決まったことで、エリザベス女王が1人、終身元首の道を歩み続けることになる。

それにしてもエリザベス女王は元気だ。プミポン国王は在位ではトップにあったが長年、病床にあった。陛下もマイコプラズマ肺炎で入院し、また心臓の冠動脈バイパスの大手術も受けている。これに対して女王は大病をしたことがない。年齢に相応してやや猫背には見えるが、公的な場に出ればかくしゃくとして公務に励んでいる。

【参考記事】エリザベス女王90歳 素顔がのぞく珍言集

唯一目が無いチョコレート

エリザベス女王の元気の秘密、それは食事にあるのではないか。そう思わせる記事が目に入った。バッキンガム宮殿の厨房(ちゅうぼう)で1993年までの11年間、女王に仕えた料理長ダレン・マックグラディ氏が女王の食事の嗜好(しこう)について英紙に語っている。

マックグラディ氏は、ロンドンの著名なサボワホテルのレストランで料理人をしていた82年、バッキンガム宮殿にヘッドハンティングされた。20人の料理人が働く宮殿の厨房で、外国の元首が訪英した際の女王主催歓迎晩さん会や、女王の日常食を担当した。

93年にはチャールズ皇太子とダイアナ妃の専属シェフとなり、ダイアナ妃が事故死する97年まで二人の息子のウィリアム王子とヘンリー王子の日常食も担当。英王室で通算15年働いた。

マックグラディ氏によるとチャールズ皇太子は美食家だが、エリザベス女王は美食家ではない。

「チャールズ皇太子はおいしいものに目が無く、オーガニックな食材も好みです。これに対して女王はおいしいものへのこだわりは特にありません。食習慣もほとんど変えません」

【参考記事】【写真特集】エリザベス女王63年間いろいろありました

ニュース速報

ビジネス

米金融政策、段階的な利上げは適切=クオールズFRB

ビジネス

日経平均は大幅反落、金利上昇に伴う米株安に警戒感

ビジネス

ドル107円半ば、日生幹部「105円割れでは買いた

ワールド

豪首相、米大統領との首脳会談で中国やTPP協議へ=

MAGAZINE

特集:韓国人の本音 ピョンチャン五輪と南北融和

2018-2・27号(2/20発売)

平昌五輪での北朝鮮の融和外交が世界を驚かせたが、当の韓国人は南北和解と統一をどう考えている?

グローバル人材を目指す

人気ランキング

  • 1

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通貨詐欺

  • 2

    韓国人が「嫌いな国」、中国が日本を抜いて第2位に浮上

  • 3

    裁量労働制のどこがウソなのか?

  • 4

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 5

    サーモンを愛する「寿司男」から1.7mのサナダムシ発見

  • 6

    春節の中国 ハンドバッグとX線検査機の中へ入る女…

  • 7

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 8

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 9

    「ビットコイン、通貨として失敗に終わった」=英国…

  • 10

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 1

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 2

    「愛してると伝えて」米フロリダの銃乱射の教室で何が起こったのか

  • 3

    岐阜県の盗撮疑惑事件で垣間見えた、外国人技能実習制度の闇

  • 4

    北朝鮮「スリーパーセル」論争に隠された虚しい現実

  • 5

    広がる「工作員妄想」~三浦瑠麗氏発言の背景~

  • 6

    金正恩のお菓子セットが「不味すぎて」発展する北朝…

  • 7

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 8

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

  • 9

    食べつくされる「自撮りザル」、肉に飢えた地元民の…

  • 10

    ベネズエラ版ビットコイン「ペトロ」は新手の仮想通…

  • 1

    265年に1度? 31日夜、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が空を彩る

  • 2

    マイナス40度でミニスカ女子大生の脚はこうなった

  • 3

    「クラスで一番の美人は金正恩の性奴隷になった」

  • 4

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 5

    北朝鮮と戦う米軍兵士は地獄を見る

  • 6

    「逆にいやらしい」忖度しすぎなインドネシアの放送…

  • 7

    ビットコイン暴落でネット上に自殺防止ホットライン

  • 8

    北朝鮮に帰る美女楽団を待ち伏せしていた「二重脱北…

  • 9

    北朝鮮を戦争に駆り立てるトランプに怯え始めたロシア

  • 10

    50歳以上の「節操のないセックス」でHIV感染が拡大

日本再発見 シーズン2
デジタル/プリントメディア広告セールス部員募集
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版 特別編集

丸ごと1冊金正恩

絶賛発売中!

STORIES ARCHIVE

  • 2018年2月
  • 2018年1月
  • 2017年12月
  • 2017年11月
  • 2017年10月
  • 2017年9月