最新記事

セレブ

若い夫の「血を吸う」 スーパーモデル、ハイディ・クルムが美貌の秘訣を明かす

2022年08月13日(土)17時52分
ジェニファー・マノンド

ハイディ・クルム Aude Guerrucci-REUTERS

<「アメリカズ・ゴット・タレント」の審査員としてもおなじみのファッションモデルが、美と健康と若さを保つ秘訣と、幸せな家庭生活について語った>

結婚3周年を迎えたスーパーモデルのハイディ・クルムが、夫トム・カウリッツとの幸せな結婚生活とともに、49歳になった今も若々しさと美貌を保つことができている「秘訣」を語った。

■【動画】抜群のプロポーションと若々しい美貌のハイディ・クルム

クルムは8月9日、審査員を務めている人気オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」シーズン17のイベントに出席した際、トーク番組「デイリー・ポップ(Daily Pop)」のインタビューにこう語った。「(3年間は)あっという間だったけれど、もう長い年月、一緒に過ごしているように思える」

デザイナー発掘番組「プロジェクト・ランウェイ」のホストも務めているクルムは、2018年のクリスマスイブにカウリッツと婚約し、翌2019年2月に極秘結婚。同年8月にイタリアで豪華な結婚式を挙げた。

クルムはこれまでに、ヘアスタイリストのリック・ピピーノ、グラミー賞受賞シンガーのシールとの結婚・離婚を経験しており、カウリッツは3人目の夫となる。カウリッツのどこが一番好きかという質問に対して、クルムは「優しいところと、セクシーなところ」と答えた。

カリブ海の島にラブラブ旅行

クルムはまた、どうやって若さを保っているのかという質問に対して、夫の「若い血を吸血鬼みたいに吸っている」とジョークで返した。カウリッツはクルムよりも17歳若い32歳だ。

「アメリカズ・ゴット・タレント」の新シーズンを前に、クルムとカウリッツはカリブ海のセント・バーツ島(サン・バルテルミー島)で一緒に過ごす時間を楽しんだ。クルムはその際に、夫と手をつないで海に向かって走る様子を撮影した短い動画を、インスタグラムに投稿していた。

クルムは「デイリー・ポップ」の取材に対して、次のように語った。「今よりも若い時はもう来ないのだから、今を生きるべきだと思う。私にとってそれは太陽を浴びることであり、楽しむこと。ただ、日焼け止めだけは忘れずにね」

セント・バーツ島のほかにも、2人は最近、2週間にわたるウェルネス・トリップ(心身の健康増進を目的とした旅行)でオーストラリアを訪れている。クルムによれば、カウリッツの群発性頭痛を改善することが旅の目的だったが、彼女自身も健康について新しい知識を得ることができたという。

「一つ、これまで全く知らなかったことは、食事をする時には飲み物を一切飲まない方がいいということ。飲むと胃酸が薄まってしまうからだと聞いた」(なお、これが正しいかどうかについては諸説ある)

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

ウクライナ外相「何も変わらず」、プーチン氏の4州併

ワールド

プーチン大統領、ウクライナ4州併合条約署名 演説で

ワールド

ウクライナ、NATO迅速加盟正式申請 プーチン氏と

ワールド

米、対ロシア追加制裁へ 中銀総裁など対象 4州併合

今、あなたにオススメ

RANKING

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 3

    21歳の美人セレブのセクシー私服に賛否両論 「胸の…

  • 4

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 5

    薄すぎる生地で体が透ける! カイリー・ジェンナーの…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 3

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 4

    実写版『バービー』主演女優 ビジュアル完璧も、そ…

  • 5

    最も働く英王室メンバーは、ウィリアム王子でも女王…

  • 1

    メーガン妃はイギリスで、キャサリン妃との関係修復…

  • 2

    エリザベス女王が、リリベットとの写真を断った「も…

  • 3

    やはり「泣かせた」のはキャサリン妃でなく、メーガ…

  • 4

    カミラ夫人「いわくつき」シャネルバッグを、多くの…

  • 5

    ボトックスで女性は本当に美しくなれる? 承認20年で…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

MOOK

ニューズウィーク日本版

3月31日発売