最新記事

発明

雪道もノープロブレム! ハイジの村発「ベビーカー用ミニスキー」

2019年11月29日(金)16時10分
岩澤里美(スイス在住ジャーナリスト)

<覚えているだろうか? ハイジがペーターとソリで雪山を滑走するシーンを。子供と一緒にあんな風に颯爽と雪の中を移動できる、超ニッチな製品がにわかに人気に>

「こんな道具があったら助かるのになあ」という困った経験から生まれたアイデア商品は、たちまちヒットすることがある。ベビーカーの前輪に装着して雪の上を滑るようにして前進できるようにする「ホイールブレーズXL」も、まさに、そんな商品だ。

XL01-nww.jpg

ホイールブレーズXL。ドイツのデザイン賞も受賞している。2年間の保証付き

r-nww-04.jpg

装着は、レバーで固定するだけで簡単だ

スイスで開発、スイスで生産

ホイールブレーズXL」は、幅2~7センチの車輪なら、メーカーを問わず、いろいろなベビーカーに装着して雪上で使える。3輪タイプのベビーカー(前輪が1箇所)ならXL1個入り(約9490円)、4輪タイプのベビーカー(前輪が2箇所)ならXL2個セット(約1万6700円)を購入する(前輪が二重になっているダブルホイールの場合は、外側のタイヤに装着可)。

使い方はとても簡単で、板のくぼみに車輪をはめ、水色のレバーを引き上げてロックするだけだ。ロックを解除すれば、すぐに板を外すことができる。素材は、グラスファイバーを混ぜたプラスチックで、数百kgの重さに耐えるほど頑丈だ。

雪国スイスで誕生し、スイスで生産している。アルプスの少女・ハイジの舞台となったマイエンフェルト村にあるホイールブレーズ社が開発した。2011年冬から販売を開始し、いまは様々な国にディストリビューターがいる。同社サイトでオンラインショッピングもでき、世界中から注文がある。

実は日本でも入手できる。ベビー用品の輸入・生産・販売をしているティ―レックスが公式パートナーとして販売している。

ニュース速報

ビジネス

英小売売上高、1月は横ばい 個人消費の低調継続=C

ビジネス

FRB利下げなら債務返済や借り換えに注力=トランプ

ビジネス

世界経済に中期リスク、一段の金融緩和で解決できず=

ワールド

OPEC、協調減産6月まで延長も 新型肺炎で需要減

RANKING

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    世界最大級のネコ、体重320キロのアポロを見て単純に…

  • 1

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 2

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    人には「代謝型」「免疫型」など4種類の歳の取り方が…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    国境を越えた柴犬人気、しかし問題も

  • 4

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 5

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:私たちが日本の●●を好きな理由【中国人編】

2020-2・ 4号(1/28発売)

日本と縁を育んできた中国人一人一人の物語── 本音の「日本論」から日中関係を見つめ直す

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!