最新記事

インドネシア

インドネシアの女性タクシードライバー、強盗防止の秘策

2019年11月19日(火)17時45分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

渋滞のひどい都市として知られるジャカルタ GeorginaCaptures-iStock

<強盗が多発するエリアで働く女性ドライバーのヴァレリーさんは自分で自分の身を守る>

インドネシアの南スマトラ州パレンバン市で、タクシードライバーを狙った強盗から身を守るため、工夫を凝らした対策が講じられている。インドネシアの主要英字紙「ジャカルタ・ポスト」が伝えた。

42歳のヴァレリーが仕事をするのも強盗が横行するエリアだ。「アプリを使って仕事を受けるタクシー運転手はよく犯罪の犠牲になります。それが私がケージを設置した理由ですね」と話した。彼女は運転席にケージを設置し、座席と助手席との壁を作った。


この運転席を囲うケージはガラスとアクリル板を重ねたつくりで、かかった費用は49.88ドル(約4500円)。しかし「(お金より)重要なのは、安全を確保できること」と彼女は言う。

相次ぐタクシー強盗

つい先日も、同じエリアで事件が起こった。タクシーの乗客が予め持っていたナイフを取り出し、車を引き渡すように要求。このタクシーの運転手はこの乗客を撃退しようとし奮闘したがナイフで刺され負傷してしまった。容疑者は警察により逮捕されたが、他にも共犯がいるとしてその行方を追っている。

防犯対策を施してから初めての出勤日。ヴァレリーは、普段通り、午前3時に仕事を始めた。車内の様子を見た乗客の反応は好意的で、多くがヴァレリーの行動を支持したそう。「私の友人(仲間のドライバー)もケージを設置するかもしれない」とドライバーの安全確保に期待を込めた。

20191126issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

11月26日号(11月19日発売)は「プラスチック・クライシス」特集。プラスチックごみは海に流出し、魚や海鳥を傷つけ、最後に人類自身と経済を蝕む。「冤罪説」を唱えるプラ業界、先進諸国のごみを拒否する東南アジア......。今すぐ私たちがすべきこととは。

ニュース速報

ワールド

中国新型肺炎の死者、8人増の17人に ウイルス変異

ワールド

米英、デジタル課税巡る対立精鋭化 米財務長官「施行

ワールド

米国は新型肺炎の感染拡大食い止める計画整えている=

ワールド

FRB利上げは「大きな過ち」、中間層向け減税発表へ

RANKING

  • 1

    遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

  • 2

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 4

    子育てが難しいと感じる親──原因の一つは「甘え」と…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!