最新記事

インドネシア

インドネシアの女性タクシードライバー、強盗防止の秘策

2019年11月19日(火)17時45分
ニューズウィーク日本版ウェブ編集部

渋滞のひどい都市として知られるジャカルタ GeorginaCaptures-iStock

<強盗が多発するエリアで働く女性ドライバーのヴァレリーさんは自分で自分の身を守る>

インドネシアの南スマトラ州パレンバン市で、タクシードライバーを狙った強盗から身を守るため、工夫を凝らした対策が講じられている。インドネシアの主要英字紙「ジャカルタ・ポスト」が伝えた。

42歳のヴァレリーが仕事をするのも強盗が横行するエリアだ。「アプリを使って仕事を受けるタクシー運転手はよく犯罪の犠牲になります。それが私がケージを設置した理由ですね」と話した。彼女は運転席にケージを設置し、座席と助手席との壁を作った。


この運転席を囲うケージはガラスとアクリル板を重ねたつくりで、かかった費用は49.88ドル(約4500円)。しかし「(お金より)重要なのは、安全を確保できること」と彼女は言う。

相次ぐタクシー強盗

つい先日も、同じエリアで事件が起こった。タクシーの乗客が予め持っていたナイフを取り出し、車を引き渡すように要求。このタクシーの運転手はこの乗客を撃退しようとし奮闘したがナイフで刺され負傷してしまった。容疑者は警察により逮捕されたが、他にも共犯がいるとしてその行方を追っている。

防犯対策を施してから初めての出勤日。ヴァレリーは、普段通り、午前3時に仕事を始めた。車内の様子を見た乗客の反応は好意的で、多くがヴァレリーの行動を支持したそう。「私の友人(仲間のドライバー)もケージを設置するかもしれない」とドライバーの安全確保に期待を込めた。

20191126issue_cover150.jpg
※画像をクリックすると
アマゾンに飛びます

11月26日号(11月19日発売)は「プラスチック・クライシス」特集。プラスチックごみは海に流出し、魚や海鳥を傷つけ、最後に人類自身と経済を蝕む。「冤罪説」を唱えるプラ業界、先進諸国のごみを拒否する東南アジア......。今すぐ私たちがすべきこととは。

ニュース速報

ワールド

インドのモディ首相、中国ウェイボのアカウント閉鎖

ワールド

米国で経済再開が足踏み、新型コロナ感染者が再び急増

ワールド

情報BOX:新型コロナウイルス、世界の感染者107

ワールド

香港警察、抗議デモの警官襲撃事件巡り男を逮捕

RANKING

  • 1

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    誰もが容赦ない「選別」にさらされる中学生時代を見…

  • 4

    ガガ様の最新アルバムを全曲採点!

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

  • 1

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

  • 2

    アダルトサイトを見ているあなたの性的嗜好は丸裸 …

  • 3

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 4

    女の赤ちゃんを捨てた──ある農村での「一人っ子政策…

  • 5

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 1

    街に繰り出したカワウソの受難 高級魚アロワナを食…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    女性の美を競う世界大会5大会すべてで黒人女性が優…

  • 4

    4割の子どもにできていない「健全な愛着形成」 良い…

  • 5

    気味が悪いくらいそっくり......新型コロナを予言し…

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:Black Lives Matter

2020-7・ 7号(6/30発売)

今回の黒人差別反対運動はいつもとは違う──「人権軽視大国」アメリカが変わる日

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!