最新記事

結婚

男たちの「逆玉」願望が働く女性を悩ます! 逆「格差婚」のストレス

Can You Still ‘Marry Up’?

2018年08月02日(木)12時05分
ジェシカ・ファーガー(ヘルス担当)

甘えないで! 高学歴で高収入の妻に 養われたいという困った 「逆玉夫」が急増中 ALBERTOGAGNAーE+/GETTY IMAGES

<大黒柱も良妻賢母も要求され燃え尽きてしまうケースも>

現代のアメリカ女性は数十年前と比べて教育水準がはるかに高く、経済的にもはるかに安定している。そんななか、女性は結婚によって経済的安定を手に入れるという伝統的な結婚観にも変化が起きているようだ。

アメリカの男性は女性に比べて、自分より社会的地位がはるかに高い相手と結婚する確率が高い──。そんな研究結果が2017年8月15日付のアメリカ人口学会の学会誌(オンライン版)に掲載された。いわゆる「逆玉の輿」。アメリカの男性は女性の社会進出の経済的恩恵にあずかっているわけだ。

カンザス大学の社会学者らは1990~2000年の国勢調査のデータと、国勢調査局が実施した09~11年のアメリカ地域社会調査の結果を分析。35~44歳の「働き盛り」の年齢層を対象に、夫と妻の双方について教育水準に対する経済的見返り(世帯規模調整後)の変化を調べた。その結果、学士号より上の学位を持つ人の数は女性のほうが多く、彼女たちは自分より低学歴の男と結婚する可能性が高いことが分かった。

【参考記事】生涯未婚率は職業によってこんなに違う

こうした変化は女性にとって不利になるという声もあるだろう。実際、研究チームによれば、結婚することによって女性が得られる経済的メリットは90年からの約20年間で13%減少したという。「女性が世帯の稼ぎ頭になると暮らし向きは悪くなる。夫の収入が大幅に減るせいだ」と、論文の筆頭著者であるカンザス大学のチャンファン・キム准教授は指摘する。

男性の場合、婚前契約によっていざというときのための蓄えを守る傾向が以前からあったが、女性もそうすべきだと、対人関係のコーチングをしているギルダ・カールはアドバイスする。「多くの男性が生活費の高さを理解していて、女性の稼ぎを当てにしたがっている」

それ以上に問題なのは、高収入の女性ほど仕事と家庭のバランスに悩みがちだということ。一家の大黒柱として長時間働いているにもかかわらず、多くの女性はいまだに育児など伝統的な妻の役割もこなしている。女性に対する要求が多過ぎ、それが原因で離婚に至るケースも珍しくないと、カールは言う。「妻が働きに出て何十万ドルも稼ぎ、夫がそれに甘えているうちに妻が燃え尽きてしまう」

男たちの「逆玉」願望は、働く女たちにとってはかなり重荷になっているようだ。

【参考記事】性別と家事分担の根深い刷り込み

[2017年9月19日号掲載]

関連ワード

ニュース速報

ビジネス

米経済成長率、20年はIMF予測などを上回る公算=

ワールド

イラン議員、トランプ米大統領殺害に300万ドルの懸

ビジネス

米スタバ、植物由来のメニュー拡大へ 容器再利用化も

ビジネス

日銀、デジタル通貨発行へ各国中銀と共同研究へ 「知

RANKING

  • 1

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    「プチ断食」に期待される減量だけでない効用

  • 4

    「ダメ、ダメ」言い過ぎる母親を生む日本社会で、自…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 2

    遺体を堆肥化する「エコロジカル埋葬」 土葬も火葬…

  • 3

    教育は成功、でも子育ては失敗! 親の仕事は教育で…

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 1

    2100年に人間の姿はこうなる? 3Dイメージが公開

  • 2

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 3

    イーストウッド最新作が大炎上 亡くなった女性記者…

  • 4

    子育てが難しいと感じる親──原因の一つは「甘え」と…

  • 5

    「鶏肉を洗わないで」米農務省が警告 その理由は?

MAGAZINE

LATEST ISSUE

特集:CIAが読み解くイラン危機

2020-1・28号(1/21発売)

40年にわたる対立の起源はどこにあるのか── 元CIA工作員が歴史と戦略の視点から分析

MOOK

ニューズウィーク日本版

絶賛発売中!