プレスリリース

AI、みんなの力で、がんを治せる病気にするプロジェクト「deleteC」とコラボレーション!1/30(土)開催予定「deleteC 2021 -HOPE-」に出演

2021年01月14日(木)18時20分
ユニバーサル ミュージック合同会社
ユニバーサル ミュージック合同会社(所在地:東京都渋谷区、社長兼最高経営責任者:藤倉 尚、以下 ユニバーサルミュージック)は、2月4日(土)のワールドキャンサーデーに先立ち特定非営利活動法人deleteC(デリート・シー、代表理事:中島ナオ、小国士朗)ががんを治せる病気にするプロジェクト「deleteC」が2021年1月30日(土)17:00よりオンラインイベント「deleteC 2021 -HOPE-」にEMI Records所属のAIがアンバサダーとしての参加が決定したことをお知らせします。



みんなの力で、がんを治せる病気にすることを目指す特定非営利活動法人deleteC(デリート・シー、代表理事:中島ナオ、小国士朗)は2月4日(土)のワールドキャンサーデーに先駆けて、がんを治せる病気にする日を1日も早く手繰り寄せることを目的としたオンラインイベント「deleteC 2021 -HOPE-」を21年1月30日(土)に開催します。

AIはdeleteC代表理事・中島ナオを特集したNHK「ひとモノガタリ」(2020年3月放送)のナレーションを担当したことをきっかけに、その後もdeleteCの活動をアーティストとして応援してきました。
医療者が推進するがん治療研究への寄付・啓発を強化し、がん治療研究を応援するdeleteCの活動に共感したAIが、deleteCアンバサダーとしイベント当日にも登壇します。
イベントではAIの新曲「HOPE」をライブで披露する予定で、がん治療研究をはじめ医療現場などエッセンシャルワーカーの方々に向けてエールを送ります。
また、音楽の視聴とがんの治療研究への応援をつなげる、新しい寄付の仕組「いいねの募金」の概要も発表予定です。

AI コメント
【音楽を通して「がんを治せる未来」を作っていきたい。もちろん”がん”だけじゃなく今はコロナだってある、全ての人達の苦しみをとってあげることができたら、、今も時間がない人達がたくさんいる。どうにかできるかもしれない、そんな希望を持っていて欲しい、持っていたいって思いながら「HOPE」って曲もできました。みんなで力を合わせたら少しでも多くの人たちを、誰かを喜ばせられるかもしれない。苦しみを消してあげられるかもしれない。Let’s delete all the sickness,and Let’s delete the C together!!!!】


【「deleteC 2021 -HOPE- 」概要】

イベント名 :deleteC 2021 -HOPE-
日時 :2021 年1 月30日(土)17:00~18:30予定 (受付開始16 :45)
参加方法:オンライン(予約不要。開催時間になりましたら、以下のサイトにアクセスしていただきましたら、どなたでも簡単に生放送をお楽しみいただけます)

参加URL :https://www.delete-c.com/hope/2021
参加費 :無料

想定プログラム :
・寄付先となるがん治療研究の発表・寄付金の目録贈呈
・アスリートによるチャリティーオークション「HOPEオークション2021」の紹介 
*アスリート名は近日発表予定
・アーティストAIによるスペシャルライブ
・deleteC代表理事挨拶(deleteC代表理事 中島ナオ・小国士朗)
MC :パックンマックン
*状況により配信時間が変更となる場合がございます。予めご了承下さい。


【deleteC代表理事 中島ナオ・小国士朗コメント】
2020年3月にNHKで放送された、中島ナオのドキュメンタリー番組でナレーションを務めてくださったのが、AIさんでした。収録の後、短い時間ではありましたが、AIさんとお話をさせてもらった時、「deleteCのことを知って、私にも何かできることはないかなと思って、まずは携帯にシールを貼って、常に思い出すところから始めてます!」と明るくおっしゃっていたのが印象的でした。
がんという病に関する活動をする上で、deleteCが大切にしているバリュー(価値観)に「あかるく、かるく、やわらかく」というものがあります。これはAIさんのイメージそのものではないだろうか!と(勝手ながら)感じた私たちは、今回のdeleteC -HOPE-でもAIさんとなにかご一緒できないかと、2020年秋から相談をさせてもらっていました。すると、AIさんがちょうど新曲を作っているところで、そのタイトルが「HOPE」であることを教えてもらいました。この偶然の一致に驚きながらも、「これはもう一緒にやるしかない!」と心を一つに今回のdeleteC-HOPE-でご一緒することが決まりました。

いい音楽を通して、がんの治療研究の応援につながっていくという新しい寄付の仕組み「いいネ!ドネーション」もスタートします。エンターテイメントの力が、多くの人の心を動かし、「がんを治せる病気にする未来」を手繰り寄せることにつながると考えています。

特定非営利活動法人deleteC 代表理事 中島ナオ・小国士朗


【deleteCのプロジェクトについて】
deleteCは、個人、企業、組織や立場を越え、誰もがその想いを自由に意思表示するなど応援できる仕組みをつくり、1日でも早く「がんを治せる病気にする日」を手繰り寄せることに貢献します。
具体的には、プロジェクトに参加する企業・団体・自治体・個人が自身のブランドロゴや商品、またはサービス名からCancerの頭文字である「C」の文字を消したり、deleteCのロゴやコンセプトカラーを使うなどし、オリジナル商品・サービスを制作・販売・提供します。購入金額の一部はdeleteCを通じて、医療者が推進するがん治療研究に寄付します。現在は、賛同企業70社、寄付者718名を超える方々に支持されています。


団体名 :特定非営利活動法人deleteC
代表  :代表理事 中島ナオ/ 代表理事 小国士朗
HP  : https://www.delete-c.com/
Twitter :@deleteC_
Instagram :@project_deletec
Facebook :https://www.facebook.com/deleteCproject/
企業プレスリリース詳細へ
PR TIMESトップへ
提供:PR TIMES

ニュース速報

ビジネス

12月ショッピングセンター売上高は前年比14.4%

ワールド

アングル:北京で食品価格が高騰、旧正月と近隣省の封

ビジネス

東証、東芝を1部市場に指定 1月29日に復帰

ビジネス

日経平均は反落、利益確定優勢 企業決算控え様子見も

MAGAZINE

特集:バイデン vs 中国

2021年1月26日号(1/19発売)

トランプよりむしろ手ごわい相手? 新・米大統領が習近平の強敵になる可能性

人気ランキング

  • 1

    バイデン新大統領はとんでもない貧乏くじを引いてしまった

  • 2

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 3

    全てが期待以上のバイデン就任式に感じる1つの「疑念」

  • 4

    中国の途上国待遇を許すな、今こそ「契約」を仕切り…

  • 5

    「密輸」中国製ワクチンを打つ日本の富裕層... 自己…

  • 6

    「大覚醒でトランプ続投」の予言が裏切られ、Qアノン…

  • 7

    「日本の医療崩壊」その危険性を示唆する、世界で断…

  • 8

    未来を見通すインパクト投資は、なぜテスラではなく…

  • 9

    バイデンの大統領就任式、警護の州兵約10人解任 身…

  • 10

    人口激減と超高齢化......2020年代以降の日本を待ち…

  • 1

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 2

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 3

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したきっかけは...

  • 4

    七五三にしか見えない日本の成人式を嘆く

  • 5

    トランプのSNSアカウント停止に、アメリカ国内で異論…

  • 6

    バイデン、トランプから「非常に寛大な」手紙受け取る

  • 7

    「再選を阻止せよ」浜田宏一・安倍政権元内閣参与が…

  • 8

    米大統領就任式を前に州兵の戦闘用車両「ハンビー」…

  • 9

    入院できないコロナ自宅療養者が急増 重症化を察知…

  • 10

    議会突入の「戦犯」は誰なのか? トランプと一族、…

  • 1

    「小さな幽霊」不法出稼ぎタイ人、韓国で数百人が死亡 

  • 2

    新型コロナ感染で「軽症で済む人」「重症化する人」分けるカギは?

  • 3

    マジックマッシュルームを静脈注射した男性が多臓器不全、血液中でキノコが育っていた

  • 4

    世界で「嫌われる国」中国が好きな国、嫌いな国は?

  • 5

    ビットコイン暴落、投資家は「全てを失う覚悟を」(…

  • 6

    アイルランド母子施設で子供9000人死亡、発覚したき…

  • 7

    脳に侵入する「殺人アメーバ」が地球温暖化により北…

  • 8

    北極の成層圏突然昇温により寒波襲来のおそれ......2…

  • 9

    無邪気だったアメリカ人はトランプの暴挙を予想でき…

  • 10

    米政権交代で「慰安婦合意」の再来を恐れる韓国

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

2021年 最新 証券会社ランキング 投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!