プレスリリース

【プレゼン製作者必見】職業としてのプレゼンデザイナー講座『プロ・プレゼン』7/20~特別価格で販売開始

2024年07月10日(水)17時15分
プレゼンテーションのワンストップサービスを提供する、株式会社プレゼン製作所(本社:東京都千代田区、代表取締役CEO:内野 良昭、以下「プレゼン製作所」)は、職業としてのプレゼンデザイナー講座『プロ・プレゼン』を2024年7月10日にリリースしました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/401820/LL_img_401820_1.png
プロ・プレゼン

■職業としてのプレゼンデザイナーとは
プレゼンテーションは、あらゆる業種・業界において必要不可欠なものです。魅力的なスライドやストーリーをもってビジネスの成功を支える役割の需要は高く、さまざまなシーンでの活躍が見込まれます。こうしたプレゼンテーションを作るスキルを強みとして仕事をする方を「職業としてのプレゼンデザイナー」と位置づけました。


■『プロ・プレゼン』とは
『プロ・プレゼン』は、プレゼンテーションデザインのスキルを初学者から経験者まで幅広くサポートするeラーニング講座です。
プレゼン製作所と所属デザイナーが、PowerPointの基本的な機能や操作を理解しているレベルから、プレゼンテーションを制作する仕事、職業としてのプレゼンデザイナーへ飛躍するための要素を徹底分析。実案件で求められるテクニックを存分に盛り込んでいます。

【対象】
● 社内でプレゼン資料作成の機会があり、一歩進んだスキルを身につけたい方
● 職業としてのプレゼンデザイナーを目指す方、プレゼンテーションを仕事にする/したい方

【講座の特徴】
● 実践的なカリキュラム:現役プレゼンデザイナーが実案件で求められるテクニックを厳選
● 充実のボリューム:約12時間の動画講座と10時間相当の実践課題


【主なカリキュラム】
プレゼン初めの一歩~プレゼンは準備が9割
プレゼンデザイナーのためのPowerPointテクニック
ビジネスを広げるプレゼンスキル
データを魅せるグラフデザイン
インパクトあるモーションデザインのテクニック
定型資料の作業を効率化するスライドマスター
魅力的な配布用スライドデザインのテクニック
プレゼンテーション動画活用 他


■スタートアップ・キャンペーン
リリースを記念して、2024年7月20日から8月20日までの期間、『プロ・プレゼン』講座をメルマガ登録者様へ特別価格でご提供いたします。

メルマガ登録は下記サイトより、お申込みください。
https://www.prezen.jp/subscribe/


-個人利用:通常販売価格 55,000円(税込み)
特別価格 27,500円(税込み) クレジットカード利用のみ
*お申込み時にクーポンコードをご入力ください。コードはメルマガで配信いたします。

-法人利用:貴社担当コンシェルジュもしくは下記フォームよりお問い合わせください。
https://www.prezen.jp/contact/

■プレゼンデザイナー講座『プロ・プレゼン』のお申込み
下記サイトよりお申込みください。
https://www.prezen-method.jp


■株式会社プレゼン製作所について
PowerPointを用いたスライド製作を中心に、Preziや動画の製作など、企業のプレゼンテーションにまつわる一連の業務をワンストップで提供。

会社名: 株式会社プレゼン製作所
本社 : 東京都千代田区丸の内1-8-3 丸の内トラストタワー本館20階
代表者: 代表取締役CEO 内野 良昭
設立 : 2020年4月1日
WEB : https://www.prezen.jp/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

独IFO業況指数、7月は87.0に低下 悲観的見方

ビジネス

再送日産、米国不振で今期利益を下方修正 4─6月期

ビジネス

ジュリアス・ベア、資金流入が増加傾向 シグナ巡る懸

ビジネス

アングル:円急騰の裏には誰が、深読みする市場 介入
今、あなたにオススメ
MAGAZINE
特集:トランプ暗殺未遂
特集:トランプ暗殺未遂
2024年7月30日号(7/23発売)

前アメリカ大統領をかすめた銃弾が11月の大統領選挙と次の世界秩序に与えた衝撃

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」、今も生きている可能性
  • 2
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに
  • 3
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 4
    【夏休み】お金を使わないのに、時間をつぶせる! 子…
  • 5
    年金財政は好転へ...将来は「年金増額」の可能性大な…
  • 6
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 7
    日本の若者はなぜ結婚をしなくなったのか? 「不本意…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    カマラ・ハリスがトランプにとって手ごわい敵である5…
  • 10
    中国の一帯一路構想の象徴だった「フォレストシティ…
  • 1
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい」と話題に
  • 2
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラニアにキス「避けられる」瞬間 直前には手を取り合う姿も
  • 3
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを入れてしまった母親の後悔 「息子は毎晩お風呂で...」
  • 4
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 5
    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…
  • 6
    出産間近!ヨルダン・ラジワ皇太子妃が「ロングワンピ…
  • 7
    「失った戦車は3000台超」ロシアの戦車枯渇、旧ソ連…
  • 8
    「宇宙で最もひどい場所」はここ
  • 9
    AI生成の「ネコ顔の花」に騙される人が続出!? ニ…
  • 10
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った…
  • 1
    中国を捨てる富裕層が世界一で過去最多、3位はインド、意外な2位は?
  • 2
    ウクライナ南部ヘルソン、「ロシア軍陣地」を襲った猛烈な「森林火災」の炎...逃げ惑う兵士たちの映像
  • 3
    ウクライナ水上ドローン、ロシア国内の「黒海艦隊」基地に突撃...猛烈な「迎撃」受ける緊迫「海戦」映像
  • 4
    ブータン国王一家のモンゴル休暇が「私服姿で珍しい…
  • 5
    正式指名されたトランプでも...カメラが捉えた妻メラ…
  • 6
    韓国が「佐渡の金山」の世界遺産登録に騒がない訳
  • 7
    すぐ消えると思ってた...「遊び」で子供にタトゥーを…
  • 8
    月に置き去りにされた数千匹の最強生物「クマムシ」…
  • 9
    メーガン妃が「王妃」として描かれる...波紋を呼ぶ「…
  • 10
    「どちらが王妃?」...カミラ王妃の妹が「そっくり過…
日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中