プレスリリース

全国の介護施設運営法人の業務効率化に向けてパラマウントベッド株式会社と業務提携を実施

2024年05月24日(金)16時15分
株式会社アズパートナーズ(東京都千代田区、代表取締役社長 兼 CEO:植村 健志、以下「アズパートナーズ」)とパラマウントベッド株式会社(東京都江東区、代表取締役 社長執行役員:木村 友彦、以下「パラマウントベッド」)は、介護DXを活用して介護業界における人手不足という深刻な社会課題を解決し、介護現場の生産性を向上させるために戦略的な業務提携に合意しました。この提携により、両社は全国の介護施設(特別養護老人ホーム、介護老人保健施設、介護付きホーム等)の運営法人に対して、それぞれのノウハウと技術を駆使し、各法人の状況に応じた課題解決策を提供してまいります。
2040年代前半に日本の65歳以上の高齢者人口がピークを迎えると予測される中、介護ニーズの高まりや、介護業界の深刻な人材不足から介護現場における業務効率化は喫緊の課題となっています。
パラマウントベッドは、DX(デジタルトランスフォーメーション)を通じて介護現場の負担軽減を目指し、クラウド管理が可能な見守り支援システム「眠りCONNECT(R)」を2023年10月2日より提供しています。システムの中核となる非装着・非侵襲の睡眠計測センサーをマットレスの下に敷くことで、睡眠をはじめとする利用者の状態を現場の管理者・スタッフ間でリアルタイムに把握できます。
アズパートナーズは、首都圏を中心に27カ所の介護付きホームを運営しています。全ての介護付きホームでパラマウントベッドの「眠りCONNECT(R)」を導入して介護DXに取組み、現場のオペレーションを変革することで、スタッフの業務負担を大幅に軽減し、利用者のニーズに合わせた介護サービスを提供することにより、高い稼働率を実現しています。

今回の提携では、パラマウントベッドによる多くの介護施設運営法人への「眠りCONNECT(R)」導入、アズパートナーズによる導入施設の体制に応じたオペレーション変革のコンサルティング実施によって、人手不足と生産性向上の課題に対応し、介護従事者のみならず施設利用者のウェルビーイング実現に一層貢献してまいります。


(ご参考)
株式会社アズパートナーズについて
2004年の設立以来、『アズハイム』ブランドで介護付きホーム、デイサービス、ショートステイを47事業所に展開しています。全27棟の介護付きホームには、効率的な運営を支える包括的な介護業務支援システム『EGAO link(R)』※を導入、これによりサービスの向上と高稼働率を実現しています。
2024年4月に東証スタンダード市場に上場し、長年の課題であった介護業界の生産性向上に向けて改革を進めています。この取組みにより、持続可能な成長と社会的価値の創出を目指しております。
※「眠りCONNECT(R)」を含む包括的な介護業務支援システム
https://www.as-partners.co.jp/

パラマウントベッド株式会社について
1947年(昭和22年)に創業。病院用ベッドの専業メーカーとしてスタートし、その後、高齢化の進展を背景として、高齢者施設や在宅介護分野にも事業領域を拡大しながら、見守り支援システムをはじめとするさまざまな製品・サービスを開発してまいりました。医療・介護用ベッド等の製造販売事業をはじめ、近年ではベッド等の点検・メンテナンス事業、福祉用具のレンタル卸事業など、国内外においてヘルスケア分野を中心とした事業の多角化に取り組んでおります。
https://www.paramount.co.jp


※記載されている情報は発表日現在のものです。最新の情報と異なる場合がありますのでご了承ください。


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ビジネス

午前の日経平均は反発、米株高受け自律反発期待の買い

ビジネス

アングル:渋滞解消の切り札になるか、「空飛ぶタクシ

ビジネス

トヨタ株主総会、豊田会長など取締役10人選任議案を

ビジネス

英労働党、「バンキングハブ」の大幅増を約束 銀行支
MAGAZINE
特集:サウジの矜持
特集:サウジの矜持
2024年6月25日号(6/18発売)

脱石油を目指す中東の雄サウジアラビア。米中ロを手玉に取る王国が描く「次の世界」

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は「爆発と強さ」に要警戒

  • 2

    「レースのパンツ」が重大な感染症を引き起こす原因に

  • 3

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆発...死者60人以上の攻撃「映像」ウクライナ公開

  • 4

    800年の眠りから覚めた火山噴火のすさまじい映像──ア…

  • 5

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開する…

  • 6

    えぐれた滑走路に見る、ロシア空軍基地の被害規模...…

  • 7

    中国「浮かぶ原子炉」が南シナ海で波紋を呼ぶ...中国…

  • 8

    この夏流行?新型コロナウイルスの変異ウイルス「FLi…

  • 9

    水上スキーに巨大サメが繰り返し「体当たり」の恐怖…

  • 10

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 5

    新型コロナ変異株「フラート」が感染拡大中...今夏は…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 10

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 7

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 8

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 9

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

  • 10

    我先にと逃げ出す兵士たち...ブラッドレー歩兵戦闘車…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中