プレスリリース

<新商品>国内最大級の女性向けヘアケア商品を企画販売している「イクモア(iqumore)」のイクモアキュートシリーズより『イクモアキュートオーロラヘアマスク』発売開始

2024年04月03日(水)10時30分
自社商品の企画開発およびECサイト運営・販売を行うプルチャーム株式会社(本社所在地:東京都目黒区、代表者:田島 一貴)は、2024年4月1日より『イクモアキュートオーロラヘアマスク』を販売開始しました。

画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/390423/LL_img_390423_1.jpg
イクモアキュートオーロラヘアマスク

■開発背景と経緯
女性向けのヘアケアブランド「イクモア(iqumore)」から昨年誕生した、イクモアキュートシリーズ。今回は、「自分推し」を後押しできるカラーリングにも着目し、商品企画に着手しました。カラーリングを楽しむ多くの人が感じている髪のストレス「カラー退色」「ヘアダメージ」「うねり」に注目しながらも、「お家でも続けやすく、日常的にサポートできるものは何か」を追求していき、ヘアケア商材の中でもダメージの補修の効果が高いと言われているヘアマスクの開発に至りました。
カラーリングによるヘアダメージや諦めるしかなかったカラー落ちとも徹底的に向き合い、何度も毛髪診断士や髪の専門家と改良を重ね、カラーキープ&ダメージケアができる『イクモアキュートオーロラヘアマスク』が誕生しました。


■商品の特徴

画像2: https://www.atpress.ne.jp/releases/390423/LL_img_390423_4.jpg
テクスチャーイメージ

特徴1:『シルキーカラーコーティング』で光り輝くシルク髪へ
補修成分※1が髪に浸透することで、カラーによるダメージを集中ケア。ヒートプロテクト成分※2がドライヤーなどの熱から毛髪を保護。また、カラーキープ成分※3と毛髪コーティング※4により、キューティクルのめくれを抑制し表面をコーティングすることで、カラーの流出を防ぎます。シルキーカラーコーティングで、するんとまとまる光り輝く髪へ導きます。

※1 加水分解ケラチン(カシミヤヤギ)、リンゴ酸ジイソステアリル、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa
※2 メドウフォーム-δ-ラクトン、γ-ドコサラクトン、加水分解シルク、ビスセテアリルアモジメチコン
※3 (加水分解シルク/PG-プロピルメチルシランジオール)クロスポリマー
※4 ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)

特徴2:超微粒子化浸透技術
悩みの根本にアプローチできるよう、成分をリポソーム(ナノカプセル)化することで、髪のキューティクルの内側まで効率的に成分が浸透。髪内部に潤いを補給し開いたキューティクルを補修するため、よりカラーキープやダメージケアへの効果が期待できます。

特徴3:アールグレイティーの香り
華やかな香りをアクセントに、甘さと爽やかさが調和した気品あふれるアールグレイティーの香りは、交感神経を鎮め、副交感神経を活性化させるリラックス効果も期待できます。バスタイムに心安らぐひとときを感じられる香りに設計しました。

特徴4:髪にやさしいこだわり処方
約94%※5の天然由来成分、24種類※6の植物由来成分を配合。また、5つのフリー項目※7で、髪の負担を最小限にします。

※5 メーカー調べ
※6 γ-ドコサラクトン、イソステアリン酸水添ヒマシ油、カンゾウ根エキス、クエン酸、クエン酸Na、グリセリン、ジココジモニウムクロリド、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ステアルトリモニウムクロリド、セテアリルアルコール、セテス-20、ソルビトール、トコフェロール、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、ヒドロキシエチルセルロース、ベヘントリモニウムクロリド、ホホバ種子油、マカデミア種子油、ミリスチン酸イソプロピル、メドウフォーム-δ-ラクトン、ユズ果実エキス、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、リンゴ酸ジイソステアリル、水添レシチン
※7 パラベン・合成着色料・紫外線吸収剤・紫外線散乱剤・鉱物油


<イクモアキュートとは>

画像3: https://www.atpress.ne.jp/releases/390423/LL_img_390423_2.jpg
イクモアキュートシリーズ

■コンセプト
美しく、可愛く
そして、自分推しに。

女性の髪の悩みを解決すべくつくられたヘアケアシリーズです。今を生きる女性がいきいきと美しく、自分の"可愛い"を追い求めて。なりたい自分の後押しになる、お守りみたいな商品をお届けします。


■シリーズ使いでさらに輝くシルク髪へ

画像4: https://www.atpress.ne.jp/releases/390423/LL_img_390423_3.jpg
イクモアキュートヘアケアエッセンス

〈ヘアケアエッセンス〉
頭皮のダメージへとアプローチする頭皮用美容液。
96.5%※8天然由来成分、乾燥、エイジング※9ケアなどに特化した成分を豊富に配合。頭皮にうるおいを与え、健やかな髪を育む頭皮環境へと導きます。頭皮マッサージしやすいウォータリージェルタイプを採用。
リラックスできるラベンダーの香り。
※8:メーカー調べ ※9:年齢に応じたお手入れ


<イクモア(iqumore)について>
「イクモア(iqumore)」は、「忙しい女性の、髪に関するお悩みに応えられるものはないか」と考え、女性のヘアケアサプリメントが誕生したことから始まった、女性のためのヘアケアブランドです。年齢と共に増えてゆくお悩みに寄り添い、年齢を重ねても美しい、女性らしさのための商品を多数展開しています。
URL: https://iqumore.com/


●販売ページ
本店 : https://x.gd/usV4x
楽天市場: https://x.gd/PJ13E

●「イクモアキュート(iqumore cute)」Instagram公式アカウント
URL: https://www.instagram.com/iqumore__cute/


《会社概要》
会社 : プルチャーム株式会社(Pulchram Inc.)
代表取締役 : 田島 一貴
本社所在地 : 〒153-0042
東京都目黒区青葉台2丁目3-1 小杉ビル青葉台4階
事業内容 : 自社商品の企画開発およびECサイト運営・販売
URL : https://pulchram.co.jp/
お問い合せフォーム: https://pulchram.co.jp/contact/


詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press
今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

北朝鮮アニメーター、西側の番組制作に協力か 制裁違

ワールド

米、ウクライナに「かなり」の安全保障支援を追加提供

ワールド

イタリア、昨年の財政赤字対GDP比7.4% EU平

ワールド

EU外相、対イラン制裁拡大で原則合意=ボレル上級代
MAGAZINE
特集:世界が愛した日本アニメ30
特集:世界が愛した日本アニメ30
2024年4月30日/2024年5月 7日号(4/23発売)

『AKIRA』からジブリ、『鬼滅の刃』まで、日本アニメは今や世界でより消費されている

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 2

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 3

    「世界中の全機が要注意」...ボーイング内部告発者の「爆弾発言」が怖すぎる

  • 4

    冥王星の地表にある「巨大なハート」...科学者を悩ま…

  • 5

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた…

  • 6

    「たった1日で1年分」の異常豪雨...「砂漠の地」ドバ…

  • 7

    世界3位の経済大国にはなれない?インドが「過大評価…

  • 8

    米セレブの「恥ずかしい肉体」をさらす際どいビキニ…

  • 9

    ネット時代の子供の間で広がっている「ポップコーン…

  • 10

    低すぎる出生率で迷走...中国政府は「中絶禁止」に向…

  • 1

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なない理由が明らかに

  • 2

    タトゥーだけではなかった...バイキングが行っていた「身体改造」の実態...出土した「遺骨」で初の発見

  • 3

    ハーバード大学で150年以上教えられる作文術「オレオ公式」とは?...順番に当てはめるだけで論理的な文章に

  • 4

    攻撃と迎撃の区別もつかない?──イランの数百の無人…

  • 5

    「毛むくじゃら乳首ブラ」「縫った女性器パンツ」の…

  • 6

    ダイヤモンドバックスの試合中、自席の前を横切る子…

  • 7

    価値は疑わしくコストは膨大...偉大なるリニア計画っ…

  • 8

    止まらぬ金価格の史上最高値の裏側に「中国のドル離…

  • 9

    中ロ「無限の協力関係」のウラで、中国の密かな侵略…

  • 10

    中国のロシア専門家が「それでも最後はロシアが負け…

  • 1

    人から褒められた時、どう返事してますか? ブッダが説いた「どんどん伸びる人の返し文句」

  • 2

    韓国で「イエス・ジャパン」ブームが起きている

  • 3

    88歳の現役医師が健康のために「絶対にしない3つのこと」目からうろこの健康法

  • 4

    ロシアの迫撃砲RBU6000「スメルチ2」、爆発・炎上の…

  • 5

    バルチック艦隊、自国の船をミサイル「誤爆」で撃沈…

  • 6

    最強生物クマムシが、大量の放射線を浴びても死なな…

  • 7

    ロシアが前線に投入した地上戦闘ロボットをウクライ…

  • 8

    「燃料気化爆弾」搭載ドローンがロシア軍拠点に突入…

  • 9

    1500年前の中国の皇帝・武帝の「顔」、DNAから復元に…

  • 10

    「誰かが嘘をついている」――米メディアは大谷翔平の…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story
MOOK
ニューズウィーク日本版別冊
ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中