コラム

ブルカを着る自由まで奪うな

2010年05月10日(月)09時59分

 ちょうど3年前の5月、休みを利用してイランの友人を訪ねた。着陸直前になると、お決まりの機内アナウンスが。「女性の方はヘジャブ(ヘッドスカーフ)を着用してください」

 うっとうしいけど仕方ない。郷に入れば郷に従え。日本でストールとして使う1枚をかぶった。

 1週間の滞在中は友人宅に居候させてもらった。彼女は20代後半。おしゃれしたい女心はどこも同じ。色やデザインの違う、何十枚もあるヘジャブの中から、その日の服装に合う1枚を選ぶ。本当は前髪を出しちゃいけないのだが、ゆるめにかぶってできるだけ前髪を出す。

 でも出かける前には母親のチェックが入る。彼女のママさんは、どちらかというと保守的。「ちょっと派手すぎるんじゃない?」と、着替えさせられた日もあった。ママさん自身の考えもあるが、娘が外で「服装の乱れ」で風紀警察に注意されないように、という心配もあった。

 ママさんは服装もヘジャブも地味めで、髪も一切見えないようにすっぽりかぶる。すごくきれいな顔立ちをしてるからもったいないと思ったけど、しょうがない。だって、それがママさんの信条なんだから。(布で顔や身体を覆うことが本当にイスラムの教えなのかどうかは別として)そういった強い信念を持てることが素敵だとも思った。

 と、これはイランのお話。ヘジャブを「かぶらない自由」を奪っている国の話だ。

 ところ変わって、イランより何百倍も自由であるはずのヨーロッパが最近、イスラム女性の「かぶる自由」を奪おうとしている。

 ベルギー議会は4月29日、イスラム教徒の女性が顔や全身を覆う「ブルカ」や「ニカブ」を公共の場で着用することを禁じる法案を可決した。ニカブは目のまわり以外すべてを覆うベール。ブルカは目の所もメッシュ素材で隠すベールだ。(顔を隠さないヘジャブはこの法案の対象外)

 フランス政府も4月21日、ブルカとニカブの禁止法案を近く議会に提出すると発表している。イタリアやデンマークでも同様の動きがある。

 禁止派の主張は、「ブルカは女性隷属の象徴」(サルコジ仏大統領)、「人権の侵害だ」、「政教分離に反する」、「顔を隠していては本人確認ができない」など。

 だがヨーロッパのように「着用を強制されていない」土地でブルカやニカブをまとっているのは、彼女たちの自由意志ではないのか。「抑圧されている女性を解放すべきだ」というが、ブルカを着ることができなくなれば、彼女たちが家に閉じこもり、かえって社会との断絶を生むという声もある。

 ブルカ禁止が法制化されれば「次はヘジャブ」にもつながりかねないと危惧する声も。フランスの公立学校では既にヘジャブの着用が禁じられている。

 そもそも、法律で禁止するほどのことなのか。ベルギーのイスラム教徒およそ50万人のうち、ブルカやニカブを着用している女性は多くても数百人だという。ヨーロッパ最大のイスラム人口を抱えるフランスでも数千人といわれる。

 なんだかんだ理屈を並べても、禁止派の一番の狙いはテロ対策。ブルカの下に爆弾を隠し持って突っ込んで来やしないかと、気が気じゃないようだ。

 でもブルカを奪ったからといってテロがなくなるわけじゃない。昨今、その気になればパンツの中にまで爆弾を仕込む者もいるのだから。

 9.11以降、なぜこうもイスラム教徒ばかりが危険視されるのか。死者を出していないとはいえ、幼い子供たちにいたずらをしていたカトリック教会のほうが、ある意味よっぽどえげつない。

 同じ女性でいうなら、サラ・ペイリン前アラスカ州知事のほうがよっぽど危ない(イタい)のでは? フェースブックに気に入らない(医療改革法案を支持した)民主党議員の名をリストアップし、彼らの地元にライフル銃の照準を定めた地図を公開。さらにツイッターで「弾を装填せよ」と支持者に呼びかけるペイリンのほうが私は怖い。

 もしイランで服装の自由が認められるようになったとしても、友人のママさんはヘジャブをかぶり、夏でも長袖を着て素肌を見せない格好をし続けるだろう。あんなにわずらわしくて暑苦しいものは脱ぎ捨ててしまえばいいのに。女性らしい体のラインも見せて、おしゃれも楽しめるのにと思うが、それは私の価値観。ママさんに押し付けることはできない。

 ブルカを着ない自由があるのなら、「着る自由」もあっていいはずだ。

──編集部・中村美鈴
このブログの他の記事も読む

プロフィール

ニューズウィーク日本版編集部

ニューズウィーク日本版は1986年に創刊。世界情勢からビジネス、カルチャーまで、日本メディアにはないワールドワイドな視点でニュースを読み解きます。編集部ブログでは編集部員の声をお届けします。

今、あなたにオススメ
ニュース速報

ワールド

アングル:メダリストも導入、広がる糖尿病用血糖モニ

ビジネス

アングル:中国で安売り店が躍進、近づく「日本型デフ

ビジネス

NY外為市場=ユーロ/ドル、週間で2カ月ぶり大幅安

ワールド

仏大統領「深刻な局面」と警告、総選挙で極右勝利なら
MAGAZINE
特集:姿なき侵略者 中国
特集:姿なき侵略者 中国
2024年6月18日号(6/11発売)

アメリカの「裏庭」カリブ海のリゾート地やニューヨークで影響力工作を拡大する中国の深謀遠慮

メールマガジンのご登録はこちらから。
人気ランキング
  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名が海水浴中に手足を失う重症【衝撃現場の動画付き】

  • 3

    屋外に集合したロシア兵たちを「狙い撃ち」...HIMARS攻撃「直撃の瞬間」映像をウクライナ側が公開

  • 4

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 5

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 6

    この「自爆ドローンでロシア軍撃破の瞬間」映像が「…

  • 7

    米モデル、娘との水着ツーショット写真が「性的すぎ…

  • 8

    森に潜んだロシア部隊を発見、HIMARS精密攻撃で大爆…

  • 9

    ウクライナ軍がロシアのSu-25戦闘機を撃墜...ドネツ…

  • 10

    国立新美術館『CLAMP展』 入場チケット5組10名様プレ…

  • 1

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 2

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車の猛攻で、ロシア兵が装甲車から「転げ落ちる」瞬間

  • 3

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思っていた...」55歳退官で年収750万円が200万円に激減の現実

  • 4

    認知症の予防や脳の老化防止に効果的な食材は何か...…

  • 5

    米フロリダ州で「サメの襲撃が相次ぎ」15歳少女ら3名…

  • 6

    毎日1分間「体幹をしぼるだけ」で、脂肪を燃やして「…

  • 7

    堅い「甲羅」がご自慢のロシア亀戦車...兵士の「うっ…

  • 8

    カカオに新たな可能性、血糖値の上昇を抑える「チョ…

  • 9

    「クマvsワニ」を川で激撮...衝撃の対決シーンも一瞬…

  • 10

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃が妊娠発表後、初めて公の場…

  • 1

    ラスベガスで目撃された「宇宙人」の正体とは? 驚愕の映像が話題に

  • 2

    半裸でハマスに連れ去られた女性は骸骨で発見された──イスラエル人人質

  • 3

    ニシキヘビの体内に行方不明の女性...「腹を切開するシーン」が公開される インドネシア

  • 4

    ウクライナ水上ドローンが、ヘリからの機銃掃射を「…

  • 5

    「世界最年少の王妃」ブータンのジェツン・ペマ王妃が…

  • 6

    EVが売れると自転車が爆発する...EV大国の中国で次々…

  • 7

    接近戦で「蜂の巣状態」に...ブラッドレー歩兵戦闘車…

  • 8

    ヨルダン・ラジワ皇太子妃の「マタニティ姿」が美しす…

  • 9

    早期定年を迎える自衛官「まだまだやれると思ってい…

  • 10

    ロシアの「亀戦車」、次々と地雷を踏んで「連続爆発…

日本再発見 シーズン2
CHALLENGING INNOVATOR
Wonderful Story