ニュース速報

ワールド

米、ファーウェイ競合の5G機器購入するブラジル企業に融資提供へ

2020年10月21日(水)11時01分

 米政府は20日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の競合企業から次世代通信規格「5G」の通信機器を購入するブラジル通信会社に対し、購入資金を融通する方針を明らかにした。パリで昨年5月撮影(2020年 ロイター/Charles Platiau)

[ブラジリア/ワシントン 20日 ロイター] - 米政府は20日、中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)の競合企業から次世代通信規格「5G」の通信機器を購入するブラジル通信会社に対し、購入資金を融通する方針を明らかにした。ブラジルの5G市場からファーウェイを排除する取り組みを強めた格好だ。

米国家安全保障会議(NSC)、米国際開発金融公社(DFC)、米国輸出入銀行の関係者が、訪問先のブラジリアで記者団に述べた。

オブライエン米大統領補佐官(国家安全保障担当)率いる米代表団は、5G通信など協力分野を特定した輸出入銀行の融資合意署名に立ち会った。オブライエン氏はこれに先立ち、ブラジルのボルソナロ大統領と会談した。

一方ワシントンではこの日、米政府高官がブラジルに対し、中国がファーウェイの5G製品供給を通して影響力を拡大させようとしていないか注意深く監視するよう呼び掛けた。

ライトハイザー通商代表部(USTR)代表は全米商工会議所が主催したイベントで、前日に合意したブラジルとの通商協定で、鉄鋼やエタノールなどを巡る一段の交渉に道が開けたと指摘。ただ「明らかに中国要素が絡んでいる」とし、「中国はブラジルで大きな動きを見せ、最大の貿易相手国になった。これについて米国は懸念している」と述べた。

カドロー国家経済会議(NEC)委員長は、ボルソナロ大統領に中国の投資のほか、5G通信網技術を含むハイテク技術を監視するよう呼び掛けたことを明らかにし、「米国は対応策を取っている。ブラジルも米国と共に歩むことを強く望んでいる」と述べた。

米国のチャップマン駐ブラジル大使は、両国が2国間の貿易規模を現在の約1000億ドルから向こう5年間で倍増させることを目指していると表明。「戦略レベルの」軍事協力について協議しているほか、ハイテク分野の交流促進を検討していると述べた。

在ブラジルの中国大使館はツイッターで、通信分野の「独占」を狙っているとして米国を批判した上で、大半の国は独立性を維持し、5Gについて独自に決定するだろうとの見方を示した。

ある米政府関係筋によると、安全保障を巡る懸念の高まりから、ファーウェイを巡るブラジルの見解は明らかに変化しているという。ただ、最終決定はまだ発表されていない。

ブラジルは来年、5G周波数帯の入札を予定している。ブラジル国内で展開する多くの通信会社はすでにファーウェイ製品を購入しており、他社と比べて値段が安いことから今後もファーウェイ製品を使用することを望んでいる。

(※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください)

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

ユーロ圏小売売上高、10月は増加 コロナでネット販

ワールド

米政府、中国共産党党員のビザ規制厳格化=NYT

ビジネス

英サービス部門PMI、11月は47.6に低下 速報

ビジネス

11月独サービス部門PMI改定値は46.0に低下、

MAGAZINE

特集:202X年の癌治療

2020-12・ 8号(12/ 1発売)

ロボット手術と遺伝子診療で治療を極限まで合理化 ── 日本と世界の最先端医療が癌を克服する日

人気ランキング

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに来た王毅外相

  • 3

    暴走する中国の今後を左右するWTO事務局長選 米次期政権はどう向き合うべきか?

  • 4

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 5

    トランプが敗北してもアメリカに残る「トランピズム…

  • 6

    台湾外相が豪に支援要請、中国の侵攻回避で

  • 7

    オーストラリアの島を買って住民の立ち入りを禁じた…

  • 8

    カリブ海の深海で熱気球のような新種の有櫛動物が発…

  • 9

    中国外務省報道官、オーストラリア兵士の偽画像をツイ…

  • 10

    コロナ感染の母から生まれた新生児、抗体もちながら…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲーマーの怒りのツイートがあふれる

  • 3

    次期米国務長官から「車にはねられ、轢かれた犬」と見捨てられたイギリス

  • 4

    日本の外交敗北──中国に反論できない日本を確認しに…

  • 5

    「燃える水道水」を3年間放置した自治体を動かした中…

  • 6

    熱烈なBTSファンの娘に、親として言いたいこと

  • 7

    マオリ語で「陰毛」という名のビール、醸造会社が謝…

  • 8

    「なぜ、暗黒物質のない銀河が存在するのか」を示す…

  • 9

    トランプが要求したウィスコンシン州の一部再集計、…

  • 10

    中国政府、少数民族弾圧はウイグルに留まらず 朝鮮族…

  • 1

    世界の引っ越したい国人気ランキング、日本は2位、1位は...

  • 2

    アメリカ大統領選挙、郵政公社がペンシルベニア州集配センターで1700通の投票用紙発見

  • 3

    半月形の頭部を持つヘビ? 切断しても再生し、両方生き続ける生物が米国で話題に

  • 4

    アメリカを震撼させるオオスズメバチ、初めての駆除…

  • 5

    女性陸上アスリート赤外線盗撮の卑劣手口 肌露出多…

  • 6

    アメリカ大統領選挙、ペンシルベニア州裁判所が郵便投…

  • 7

    事実上、大統領・上院多数・下院多数が民主党になる…

  • 8

    プレステ5がネット販売で「1秒後に売り切れ」、ゲー…

  • 9

    世界のワクチン開発競争に日本が「負けた」理由

  • 10

    米爆撃機2機が中国の防空識別圏に異例の進入

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!