ニュース速報

ワールド

第2四半期の英GDP確報値、前期比-19.8% 予想は小幅上回る

2020年09月30日(水)18時58分

 英国立統計局が発表した第2・四半期GDP確報値は過去最悪の前期比19.8%減となった。写真は同国内の自動車工場、9月撮影(2020年 ロイター/Peter Nicholls)

[ロンドン 30日 ロイター] - 英国立統計局(ONS)が発表した第2・四半期の国内総生産(GDP)確報値は過去最悪の前期比19.8%減となった。ただ、予想の20.4%減は小幅に上回った。前年比では21.5%減。

貯蓄率は29.1%と前期の9.6%から急上昇し過去最高を記録した。新型コロナウイルス流行によるロックダウン(都市封鎖)で小売店やレストランが営業を停止し支出する機会が減る一方で、政府の雇用支援策が収入を支えた。

プレミア・ミトンの資産運用担当者ジョン・ハドソン氏は「経済指標はこれまでのところイングランド銀行(英中央銀行)の想定よりも良好だ。ただ新型コロナ感染が再び増加し制限も増えている。状況が一転する可能性もある」と述べた。

ただ、同国では再び新型コロナの感染が拡大。政府の雇用支援制度も縮小されるため、失業の急増が予想されている。

キャピタル・エコノミクスのルース・グレゴリー氏は「新型コロナに伴う制限措置の再導入で、第4・四半期のGDPは恐らくゼロ成長になるだろう。経済活動は危機前の水準を5.5%下回る見通しだ」と指摘。

「封鎖措置の再導入で景気回復が腰折れするリスクがある」と述べた。

英国の新型コロナ感染症による死者数は4万2000人を超え、欧州で最も多い。第2・四半期の経済縮小幅も先進国中で最大となった。イタリアやフランス、スペインなど他の欧州各国では英国より早く第1・英半期からロックダウンが行われていた。

5月に感染抑制策が緩和されて以降、英経済は急回復を見せている。英中銀のベイリー総裁は29日、第3・四半期の経済活動縮小幅は7─10%になったとの見通しを示しながらも、失業率の上昇に伴い景気回復ペースが鈍化する可能性を警告した。

地域的な新型コロナウイルス感染再拡大により、多くの地域で部分的なロックダウンが実施されており、特に接客業などが大きな打撃を受けている。

第2・四半期の設備投資確報値は、前期比26.5%減、前年比26.1%減となった。経常収支は28.0億ポンドの赤字。予想は4.0億ポンドの赤字だった。

*内容を追加しました。

ロイター
Copyright (C) 2020 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

原発依存低減は変わらず、温室ガス削減に先端石炭火力

ワールド

カナダ財務相、コロナ支援に「限界ある」 中銀総裁は

ビジネス

米社債の保証料率が上昇、株価急落で

ビジネス

コロナ・内外経済注視、必要なら予算措置検討=3次補

MAGAZINE

特集:ドイツ妄信の罠

2020-11・ 3号(10/27発売)

良くも悪くも日本人が特別視する国家・ドイツ──歴史問題や政治、経済で本当に学ぶべき点は

人気ランキング

  • 1

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 2

    新しい原子力エンジンで火星への到達時間が半減?

  • 3

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインスタグラムが削除

  • 4

    キリスト教福音派で始まった造反がトランプの命取りに

  • 5

    新型コロナ感染の後遺症で脳が10歳も老化する?

  • 6

    米沿岸警備隊、西太平洋に巡視船配備へ 中国船の違…

  • 7

    日本で研究不正がはびこり、ノーベル賞級研究が不可…

  • 8

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 9

    白人っぽ過ぎ?「カレン」が人気急落

  • 10

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 3

    「ドイツは謝罪したから和解できた」という日本人の勘違い

  • 4

    女性との握手拒否で帰化認定が無効になった ドイツ

  • 5

    中国・青島市で冷凍食品から新型コロナウイルスが検…

  • 6

    黒人プラスサイズのヌードを「ポルノ」としてインス…

  • 7

    毎年ネットで「三峡ダム決壊!」がバズる理由

  • 8

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止した…

  • 9

    ボイジャー2号が太陽系外の星間物質の電子密度の上昇…

  • 10

    インドネシア大統領ジョコ、米国の哨戒機給油要請を…

  • 1

    世界が騒いだ中国・三峡ダムが「決壊し得ない」理由

  • 2

    スリランカが日本支援のライトレール計画を中止したのは......

  • 3

    韓国ネット民、旭日旗めぐりなぜかフィリピンと対立し大炎上に

  • 4

    日本学術会議は最後に大きな仕事をした

  • 5

    金正恩「女子大生クラブ」主要メンバー6人を公開処刑

  • 6

    習近平、中国海兵隊に号令「戦争に備えよ」

  • 7

    その数333基、世界一のダム輸出国・中国の「無責任」

  • 8

    注意喚起、 猛毒を持つふさふさの毛虫が米バージニア…

  • 9

    決壊のほかにある、中国・三峡ダムの知られざる危険性

  • 10

    中国のネットから消された「千人計画」と日本学術会…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

英会話特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メールマガジン登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

絶賛発売中!