ニュース速報

ワールド

焦点:トランプ氏の訪欧に身構え、岐路に立つ欧米同盟関係

2018年07月10日(火)18時49分

7月8日、今週開催される北大西洋条約機構(NATO)首脳会議を控え、欧州首脳は、トランプ米大統領にもはや何の幻想も抱いていないと語る一方で、同大統領のアメリカ・ファースト主義が、誰のためにもならない「決定的瞬間」をもたらすことを懸念している。写真は7日、ブリュッセルでNATO首脳会議開催に抗議する人々(2018年 ロイター/Eric Vidal)

Robin Emmott and Lesley Wroughton

[ブリュッセル/ワシントン 8日 ロイター] - 今週開催される北大西洋条約機構(NATO)首脳会議を控え、欧州首脳は、トランプ米大統領にもはや何の幻想も抱いていないと語る一方で、同大統領のアメリカ・ファースト主義が、誰のためにもならない「決定的瞬間」をもたらすことを懸念している。

トランプ大統領の就任1年目には、米国の外交政策に安定と親和性を模索していた欧州の友好国だが、今では予測不能な政治的反乱分子としてトランプ氏を受け入れるに至った。とはいえ、自国の優先事案が台無しにされるのを目の当たりにすることが簡単になる訳ではない。

「古き信頼の柱が崩れつつある」──。ドイツのマース外相は、最近行った演説でそう語り、2015年のイラン核合意からの離脱を決め、欧州からの輸入鉄鋼製品に関税を課し、さらに輸入自動車への関税引き上げをちらつかせる米国を暗に批判した。

米国は、欧州に配備する米軍兵力を増強する一方で、他のNATO加盟国の防衛費負担を批判、2017年に行った対ロシア追加制裁では欧州との調整を怠るなど、NATOの古くからの敵対国であるロシアに対して相反するメッセージを送っている。

70年近い歴史を持つNATOにおいて事実上のリーダー役を担う米国大統領は、11─12日に行われるNATO首脳会談でどのようなメッセージを送るか、明白にしている。それは、他の加盟国は、国防費を大幅に増額し、輸入関税を引き下げろ、というものだ。

「NATOに対して、自身の負担費用を払い始めるよう告げる。米国は全ての世話はできない」と、トランプ大統領は先週の演説で語り、「貿易では、彼らにやっつけられている」と付け加えた。

米国が国防費の70%をNATOにつぎ込んでいると、米政府当局者や政治家は常々口にしているが、欧州側は全面的にこれを否定している。ある欧州政府高官は、実際は15%程度に過ぎないと指摘する。

加えて、米国からの輸入製品に対する欧州連合(EU)の関税は、大半がすでに低い水準にあると、欧州政府関係者は語る。

NATO首脳会談が決裂すれば、亀裂が表面化した6月の主要7カ国(G7)首脳会議よりもさらに外聞の悪い結果となる。ロシアのプーチン大統領と16日にヘルシンキで行われる米ロ首脳会談が、友好的な雰囲気で行われれば、なおさらだとNATO外交官らは語る。

ウェス・ミッチェル米国務次官補(欧州・ユーラシア担当)は、ブリュッセルで最近行ったスピーチで、トランプ大統領は、たとえ単独で行動することになろうとも、中東和平などの長年の課題に新たなアプローチを取っていると説明した。

「われわれの行動によって、世界でもっとも困難な問題に対応するための多国間における反応を引き出すことを願っている」と、ミッチェル氏は外交官やNATO当局者に語った。

これは、米国家安全保障会議のフィオナ・ヒル首席顧問(ロシア担当)がEU外交幹部に語った非公式発言と重なる。ヒル氏はトランプ氏の政策決定を矛盾のない全体像の中に位置づけようとしていたという。

「ショックだった。トランプ大統領は、過去に行われた米国とEUの協調政策には関心がないことに気づいた」と、その場にいた幹部外交官の1人は話す。「米国のリーダーシップなしには、物事は動かない」

<無視された>

ブリュッセルで6月行われた米国と欧州のパートナーシップ100周年を祝うレセプションで、アダム・シューブ駐EU米公使は、貿易やイランなどを巡る現状についても、米EUには共通の足場があると強調しようと試みた。だが出席したEU外交官からは、異論を唱えるつぶやきが漏れるばかりだった。

米国と欧州の緊張について質問されたNATOのストルテンベルグ事務総長は、意見の不一致を乗り越えた過去の例として、1956年のスエズ危機や、2003年のイラク戦争を上げた。

だがEU関係者は、トランプ氏は問題解決に関心がないように見えると言う。鉄鋼関税を回避し、米国をイラン核合意にとどめるため、今年行われたEU高官と米通商代表部や国務省担当者とのトップレベル協議を、トランプ大統領は無視したと彼らは訴える。

防衛については、欧州とカナダはトランプ氏の要求に応える姿勢を示している。NATOの欧州加盟国とカナダ、トルコの国防費は、2018年は4%近く増加する見通しで、2015年以降では累計900億ドル(約9.9兆円)近い増額が実現することになる。

だがそれでも、トランプ氏に再び要求を高めることを思いとどめさせるには不十分かもしれないと、米国防高官は最近指摘する。

「大統領が、再び彼ら(欧州諸国)が十分な負担をしていないと文句をつけたり、負担を増やさなければ撤退すると脅すなどして、NATO首脳会談を中断させる可能性は半々以上だ」と、この高官は語った。

トランプ大統領がプーチン大統領にアピールするために米軍演習を凍結したり、バルト諸国に展開している兵力の撤退を表明する「最悪のシナリオ」にも備えている、とNATO外交幹部2人はロイターに話った。

<問われる存在意義>

ある米国務省高官は、トランプ外交は共和党の考え方に沿ったものであり、米欧間の緊張は以前から続いていたものだと話す。

現状がぎくしゃくしているとはいえ、米政権は「(米欧)関係を深く評価している」と、この高官は語る。「われわれのもっとも緊密な同盟国であり、彼らの支持に非常に感謝している。この緊張状態は、ずっと続いてきたものだ。だが関係全体については、楽観的にみている」

トランプ大統領が5月8日にイラン核合意からの脱退を決めたことは、大きな後退として受け止められており、EU当局者の間では欧州外交の「存在が問われる瞬間」だとの議論も出ている。

フランスのマクロン大統領やドイツのメルケル首相による訪問も含め、ホワイトハウスとの関係を築こうとするEUの努力は、おおむね失敗に終わったと、EU当局者は話す。

これにより、イラン核合意に関連する資金がイラン政府に流れ続けるよう、日本との関係を緊密にし、ロシアと中国の協力を得るなど、EUは他の協力関係を求めることになる。

「かつてはトランプ大統領の政策にあきれていたが、今では常軌を逸していた部分が、より戦略的になりつつあるようだ」と、ヒル氏との会合に出席した別の外交官は言う。「われわれの目標推進のため、あらゆる種類のパートナーを求めざるを得ない」

(翻訳:山口香子、編集:下郡美紀)

ロイター
Copyright (C) 2018 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ワールド

アングル:原油が記録的供給過剰に、生産増とアジア景

ワールド

対イタリア制裁手続き勧告へ、欧州委が21日に=関係

ワールド

英産業界、メイ首相のEU離脱案を支持 「合意なし」

ワールド

アングル:土俵際のメイ英首相、後任候補の顔ぶれ

MAGAZINE

特集:ここまで来たAI医療

2018-11・20号(11/13発売)

病院での待ち時間や誤診、膨れ上がる医療費── 「切り札」人工知能が医療の難題を解決する日

人気ランキング

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    人肉食が予防した不治の病

  • 5

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    リー首相「アジアはもうすぐアメリカか中国を選ばな…

  • 8

    安倍首相は「三つの原則」と言っていなかった──日本…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 1

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになったおぞましい新事実

  • 2

    小説『ロリータ』のモデルとなった、実在した少女の悲劇

  • 3

    インドネシアの老呪術師が少女を15年間監禁 性的虐待の日々

  • 4

    あの〈抗日〉映画「軍艦島」が思わぬ失速 韓国で非…

  • 5

    「売春島」三重県にあった日本最後の「桃源郷」はい…

  • 6

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない…

  • 7

    人肉食が予防した不治の病

  • 8

    徴用工判決が突きつける「日韓国交正常化の闇」 韓…

  • 9

    「深圳すごい、日本負けた」の嘘──中国の日本人経営…

  • 10

    BTSはなぜ「原爆Tシャツ」を着たのか?原爆投下降伏…

  • 1

    ナメクジを食べた男性、脳を侵す寄生虫で8年後に死亡

  • 2

    「人肉は食べ飽きた」と自首した男と、とんでもない「仲間」たち

  • 3

    子どもの時に、自宅に紙の本が何冊あったかが一生を左右する:大規模調査

  • 4

    現代だからこそ! 5歳で迷子になった女性が13年経て…

  • 5

    安倍首相はよく耐えた!

  • 6

    29年前の「女子高校生コンクリート詰め殺人事件」の…

  • 7

    全否定の「囚人筋トレ」が普通の自重筋トレと違う3つ…

  • 8

    「人肉を食べ飽きた」呪術師らの公判で明らかになっ…

  • 9

    人肉食が予防した不治の病

  • 10

    アルコールとがんの関係が明らかに DNAを損傷、二度…

資産運用特集 グローバル人材を目指す Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
「ニューズウィーク日本版」編集記者を募集
デジタル/プリントメディア広告営業部員を募集
「♯レゴのすべて」投稿キャンペーン
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
メールマガジン登録
売り切れのないDigital版はこちら

MOOK

ニューズウィーク日本版

ニューズウィーク日本版特別編集 レゴのすべて

絶賛発売中!