ニュース速報

ビジネス

テンセント、第2四半期は初の減収 規制と新型コロナが響く

2022年08月17日(水)18時51分

8月17日、中国の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)が発表した第2・四半期決算は初の減収となった。写真は2021年7月、北京で開かれたカンファレンスに設置されたテンセントのブース(2022年 ロイター/Tingshu Wang)

[香港 17日 ロイター] - 中国の騰訊控股(テンセント・ホールディングス)が17日発表した第2・四半期決算は初の減収となった。

ゲームの承認が見送られたことやゲーム時間を制限する規制が響いたほか、新型コロナウイルス流行に伴うロックダウン(都市封鎖)と景気減速で広告収入が低迷した。

同社は2004年の上場以来、ほぼ毎四半期2桁成長を確保してきたが、中国政府が20年終盤から大手ハイテク企業の締め付けを強化したことを受けて、事業拡大にブレーキが掛かった。

第2・四半期の売上高は前年比3%減の1340億3400万元(197億8000万ドル)。市場予想は1346億元だった。

馬化騰・会長兼最高経営責任者(CEO)は「第2・四半期は積極的に非中核事業から撤退し、マーケテイング支出を抑制するとともに、営業経費を節減した。売上高の状況は厳しかったが、非IFRSベースの利益を前期比で増やすことができた」と述べた。

ロイター
Copyright (C) 2022 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

今、あなたにオススメ

ニュース速報

ワールド

アングル:「何もかも高い」、米国への旅行者がドル高

ワールド

アングル:コロナで豪ネットギャンブル大盛況、損失は

ワールド

ロシアの4州「併合」宣言をG7非難、ウクライナはN

ビジネス

中国、国有銀に不動産業界の支援を要請 840億ドル

MAGAZINE

特集:安倍晋三の正しい評価

2022年10月 4日号(9/27発売)

「闘う政治家」への反発で国葬をめぐる国論は二分 ── 世界では評価されるのに、なぜ国内で叩かれるのか?

メールマガジンのご登録はこちらから。

人気ランキング