ニュース速報

ビジネス

日銀、次回会合で景気判断維持へ 資金繰り支援策延長も視野

2021年06月11日(金)19時05分

和田崇彦、木原麗花

[東京 11日 ロイター] - 日銀は17―18日の金融政策決定会合で、景気の現状判断をおおむね維持し、大規模な金融緩和を継続する見通しだ。緊急事態宣言の延長で引き続き対面型サービス消費に下押し圧力が掛かる一方、輸出や生産は4月展望リポート時から若干上振れているとの見方が日銀では出ている。9月末に期限となる「新型コロナ対応資金繰り支援特別プログラム」の延長の是非も議論し、早ければ今回の会合で半年間の延長を決めるとみられる。

4月の展望リポートでは、景気の現状判断を「内外における新型コロナウイルス感染症の影響から引き続き厳しい状態にあるが、基調としては持ち直している」とした。4月の決定会合後に緊急事態宣言が延長され、対面型サービスは厳しい状況が続いている。しかし、海外経済の堅調推移で輸出は好調を持続。4月の鉱工業生産指数速報は前月比2.5%上昇し、2カ月連続のプラスとなった。

日銀では年後半の景気回復に期待する声がある。ワクチン接種の進展で、これまで抑えられてきた消費が復活するとみられているほか、半導体不足の自動車生産への影響も4─6月には一巡し、7月以降は生産が進むとの見方が出ている。

一方で、足元の素材価格上昇への警戒感が高まっている。10日発表の5月の国内企業物価指数は前年比プラス4.9%と、前年比の伸び率は2008年9月以来の大きさとなった。

素材価格上昇の背後には世界経済の回復があるが、原材料価格上昇分の製品価格への転嫁は進みづらいとの見方もあり、企業収益への悪影響が懸念されている。日銀では企業物価指数の上昇の持続性や、企業の価格転嫁の動きに注目している。

日銀は今回の決定会合で、コロナ対応オペとCP・社債の積極買い入れからなる資金繰り支援特別プログラムの延長の是非を議論する見通し。コロナを巡る不確実性はなお大きく、飲食・宿泊を中心に資金繰りが厳しい企業もあるため、日銀内では延長が必要だとの声が目立つ。延長の場合は半年間が軸になる見通し。

もっとも、昨年12月に日銀が同プログラムの期限延長を決めた時とは状況が異なっている。コロナワクチンの接種が進み、先行きの景気回復への期待感が浮上していることに加え、企業の資金繰りは全体として改善している。7月1日公表の日銀短観を見極め、資金繰り情勢の変化を受けたプログラムの微修正も検討すべきとの声もあり、来月の金融政策決定会合で延長を決める可能性もある。

ロイター
Copyright (C) 2021 トムソンロイター・ジャパン(株) 記事の無断転用を禁じます。

ニュース速報

ビジネス

米バズフィードがSPAC上場へ、評価額は15億ドル

ビジネス

雇用不足かインフレか、FRB当局者のリスク巡る見解

ビジネス

お知らせ-重複記事を削除します

ワールド

リンゴ日報廃刊、「メディアの自由にとり悲しい日」=

MAGAZINE

特集:ファクトチェック 韓国ナゾ判決

2021年6月29日号(6/22発売)

慰安婦と徴用工の裁判で正反対の判決が── 「大人」になった韓国世論と政治が司法を変えたのか?

人気ランキング

  • 1

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認されている

  • 2

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:シドニー

  • 3

    目先の利権を優先してきたインフラはもう限界...日本人が知らない大問題

  • 4

    イスラエルが航空機搭載のレーザー兵器でブレイクス…

  • 5

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    中国高官がアメリカに亡命の噂、ウイルス起源の証拠…

  • 8

    インド、新たな変異株「デルタプラス」確認 感染力さ…

  • 9

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 10

    ファストフード店の近くに住んでも大丈夫...米研究、…

  • 1

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで発見した人たち...その感動と特別さ

  • 2

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす栄養素を制限しているから

  • 3

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 4

    閲覧ご注意:ヘビを捕食するクモが世界中で確認され…

  • 5

    「ワイン離れに歯止めがかからない」 フランス人が代…

  • 6

    BTSだけじゃない! 中国を怒らせた「出禁」セレブたち

  • 7

    やっぱり危ない化粧品──米研究で半分以上に発がん性…

  • 8

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 9

    洪水でクモ大量出現、世界で最も危険な殺人グモも:…

  • 10

    「残業時間別」で見た日々の暮らしと仕事のリアル 10…

  • 1

    4000回の腕立て伏せを毎日、1年間続けた男...何を目指し、どうなったのか

  • 2

    脳が騙される! 白黒の映像が、目の錯覚でフルカラーに見える不思議な体験

  • 3

    国際交流で日本にきた中国人200人に「裏切り者」のレッテル

  • 4

    最愛の人の「生前の姿」をGoogleストリートビューで…

  • 5

    デーブ・スペクター「日本は不思議なことに、オウン…

  • 6

    閲覧ご注意:ネズミの波がオーストラリアの農地や町…

  • 7

    あなたがダイエットに失敗するのは内臓脂肪を燃やす…

  • 8

    オーストラリア、一面クモの巣で覆われる

  • 9

    東京オリンピックの前向きな中止を考えよ

  • 10

    武漢研究所は長年、危険なコロナウイルスの機能獲得…

PICTURE POWER

レンズがとらえた地球のひと・すがた・みらい

投資特集 2021年に始める資産形成 英会話特集 Newsweek 日本版を読みながらグローバルトレンドを学ぶ
日本再発見 シーズン2
CCCメディアハウス求人情報
定期購読
期間限定、アップルNewsstandで30日間の無料トライアル実施中!
Wonderful Story
メンバーシップ登録
CHALLENGING INNOVATOR
売り切れのないDigital版はこちら
World Voice

MOOK

ニューズウィーク日本版別冊

好評発売中